ねば玉の戯言

九州の片隅で社会人してます。 ラルクを一生愛す。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
デスノートの感想記事リンク集です。随時追加します。

■アニメ
第1話 「新生」 第2話 「対決」 第3話 「取引」 第4話 「追跡」 第5話 「駆引」 
第6話 「綻び」 第7話 「曇天」 第8話 「目線」 第9話 「接触」 第10話 「疑惑」
第11話 「突入」 第12話 「恋心」 特別編
第13話 「告白」 第14話 「友達」 第15話 「賭け」
第16話 「決断」 第17話 「執行」 第18話 「仲間」 第19話 「松田」 第20話 「姑息」
第21話 「活躍」 第22話 「誘導」 第23話 「狂騒」 第24話 「復活」 第25話 「沈黙」
第26話 「再生」 第27話 「誘拐」 第28話 「焦燥」 第29話 「父親」 第30話 「正義」 
第31話 「移譲」 第32話 「選択」 第33話 「嘲笑」 第34話 「虎視」 第35話 「殺意」
第36話 「1.28」 第37話 「新世界」
金曜ロードショー リライト・幻視する神
DEATH NOTE/Aアニメーション公式解析ガイド

■原作感想
page1 「退屈」
page62 「決断」~page70「身震」
page71 「接触」~page74 「熱演」
page75 「認知」 page76 「挨拶」 page77 「利用」 
page78 「予測」 page79 「白々」 page80 「掃除」 
page81 「通告」 page82 「自分」 page83 「削除」 
page84 「偶然」 page85 「当選」 page86 「日本」 
page87 「明日」 page88 「会話」 page89 「同心」 
page90 「予告」 page91 「停止」 page92  「夜」  
page93 「決定」 page94 「外」 page95 「納得」 
page96 「一方」 page99 「二人」 page103 「宣言」 
page104 「答」 page105 「無理」 page106 「殺意」 
page107 「幕」 page108 「完」 
レボリューション
デスノート 特別読切

■コミックス感想
デスノート 1巻
デスノート 8巻
デスノート 9巻 
デスノート 10巻
デスノート 11巻
デスノート 12巻
デスノート 13巻

■書籍
DEATH BOX(小畑健画集)
デスノート HOW TO READ (13巻)
アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件
DEATH NOTE/Aアニメーション公式解析ガイド
L change the WorLd(小説版)

■いろいろ
映画デスノート 感想まとめ 
螺旋の罠 攻略情報まとめ 
デスノートのネタ帳
小説置き場 (09.02.28)
スポンサーサイト
関連記事
前略、腐棚より。今までの感想はこちら→漫画感想 まとめ

本の送料無料のアマゾンの罠に負けて、世界の片隅で萌えをさけぶ。

今回は同人界ではゾロサンでおなじみ、
「ツンデレで強い受けがそそる作家2009」受賞(※表彰者、じぶん)
の夏目イサク氏。

■夏目イサク/フリーパンチ
フリーパンチ (ディアプラス・コミックス)フリーパンチ (ディアプラス・コミックス)
(2009/08/29)
夏目 イサク

商品詳細を見る

なんか知らんがそこらへんの本屋になくて…
ついにカートに放り込んでやった(^ω^)
なんか今回ついに、「ゾロサン!?(゚Д゚) 」と見まがいました。
表題作の主人公たちのキャラデザが。
山田…ゾロだろ…緑で塗りたかっただろ髪…

でもまぁキャラ的にはしっかりオリジナルでした。
先生、かわゆすな…(*´Д`*)  
前作タイトロープでも思ったが、
タイトロープ (ディアプラス・コミックス)タイトロープ (ディアプラス・コミックス)
(2008/12/27)
夏目 イサク

商品詳細を見る

強い受は好きである(*´Д`*)
そのうえ素直じゃないのがお得意そうなイサクさんですが、
しかし先生は珍しく素直系でしたね。
「お前がアトつけるからだろ!」てふとんにお籠もりしたのがめっさ可愛かったが(*´Д`*)

■同時収録「洛陽館ロードショウ」
桐野…可愛すぎだろ…(;´Д`)ハァハァ
なんだあのツンデレ…

この人にツンデレ描かせたらたまらんな…!!
ほとんど「ツン」なのに、「デレ」などほぼ皆無なのに、
つかツンデレというよりツンツンキャラなのだが、たまに
めっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっさ
可愛いよな…(;´Д`)ハァハァ

■どうしようもないけれど
どうしようもないけれど 1 (ディアプラスコミックス)どうしようもないけれど 1 (ディアプラスコミックス)
(2007/02/28)
夏目 イサク

商品詳細を見る

夏目リーマン。
今回、これのドラマCDのアテレコレポ漫画が載っていた。
くそ…声優さんがた、ガチでBLやってんだな…
目隠しして現場に乗り込みたい…

11月、「タイトロープ」もドラマCD発売するらしいです。
…ちょっと ほしい…
てか、イサクさんのキャラって続編とかこういう展開しやすそうでいいよな…

「洛陽館ロードショウ」で一冊出してくれんだろうか。
ふたりっきりの寮生活のその後とか…(;´Д`)ハァハァ

そんなわけで、ツンデレ強気受けに悶絶するのが好きな方は
イサクさんをたしなむといいと思います!以上!
関連記事
前略、腐棚より。

世界の片隅で萌えをさけぶ第二回は、
「いっしょにパニックに巻き込まれてしまうBL作家2008」受賞(※表彰者、じぶん)の中村春菊氏。

■萌と胃液の狭間で
Hybrid Child (あすかコミックスCL-DX)Hybrid Child (あすかコミックスCL-DX)
(2008/08/01)
中村 春菊

商品詳細を見る

もうあらすじはとばします。
とりあえず、
ま さ か の 切 な さ
です。

も、どうしようかと思った。
こんなに身をよじってどうしようもなくやりきれなくなる作品はなかなかない。

切なすぎて胃液出るかと思った。つうか出た。
なんか吐き気を伴うほどやりきれんかった。

ギャグなんですよ。基本明るいんですよ漫画のテンションとしては。
でも設定と展開が悲しすぎるんです。

かといって展開が強引なわけじゃなくて、
理不尽かもだけど、そうならざるを得ないんだなぁってのがもう
はらわたがちょちょ切れる想いです。

なんとか幸せにしてあげてくて捏造ハッピーエンド同人を出したくなる一品です。(知らんがな

■社会人萌え
世界一初恋    ~小野寺律の場合~ (あすかコミックスCL-DX)世界一初恋 ~小野寺律の場合~ (あすかコミックスCL-DX)
(2008/07/01)
中村 春菊

商品詳細を見る

きましたよ春菊リーマンが。
この絵でリーマンは、なんかもう
ある意味卑怯ですね。(めっさ笑顔)

しかも10年ごしとかがたちわるいです。
「昔っからお前のそーゆーとこ好きだし」
だめだよ。
これ言われたらもうフォーリラーするのはりんごが地面に落ちるのと同じ原理だよ。(混乱)
そりゃーもう初恋どころかセカンドラブですよ。ラブアゲインですよ。

かきおろしもたちわるいです。
あんなじぶん好きすぎてどぎまぎしよる後輩が家についてきたらそりゃおいしく食いつくとも。

■腐女子のニューバイブル
純情ロマンチカ 第11巻 (あすかコミックスCL-DX)純情ロマンチカ 第11巻 (あすかコミックスCL-DX)
(2008/12/01)
中村 春菊

商品詳細を見る

まさかのアニメ化、おなじみロマンチカ。
腐女子の間でさえ「これ地上波ってどーなの」との噂が流れたとかそうでないとか。

うっかりDVDを限定盤で買っといていうのもなんですが、
純情ロマンチカ 限定版1 [DVD]純情ロマンチカ 限定版1 [DVD]
(2008/07/25)
櫻井孝宏花田光

商品詳細を見る

これは腐史に残る問題作であると思う。
(いい意味で)(いい意味か?)(なんだよ腐史って)

いやー、すがすがしいまでのホモ集団だな!(さわやかに)
あんだけいろいろ集って動画にまでなればもうこわいもんなしです。
腐は今後の日本経済を支えると思う。がんばれニッポン。(なんか話それとる

オイラはテロリストが好きです。
教授も好きなんだが、野分がもっさりでややもっさりなのでもっさりです。(イミフ
美咲はふつうにガンガンしていてほしい。くまプレイ。

11巻でいきなり3年たったときはビビったが、
これからも清清しく、かつマンネリにならずにホモホモドキドキしてくれればいいと思う。

そんなわけで、ギャグと切なさの狭間で悶絶するのが好きな方は
春菊さんをたしなむといいと思います!以上!
関連記事
前略、腐棚より。

世界の片隅で萌えをさけぶ第3回は、
「いつかハッピーエンドが見たいBL作家2008」受賞(※表彰者、じぶん)の水城せとな氏。

■ノンケ萌え
窮鼠はチーズの夢を見る    ジュディーコミックス窮鼠はチーズの夢を見る ジュディーコミックス
(2006/01/26)
水城 せとな

商品詳細を見る

平たく言うと「ノンケがガチホモに食われるまで」な話なんですが(平たすぎる)、
窮鼠がね、見た夢がチーズなんですよ。
食われてるはずが、脳内チーズ、みたいな。

もうそれならそれでいいんじゃない、堕ちちゃいなよ(^ω^) と
めっさ笑顔でのたまいたくなる一品でございましたよ。

ぶっちゃけ猫がなにげに「くぁあ!!!」でした。
「あの人は本当は月みたいに遠い人なんだ」、期待すんな俺、
とか意外にナイーブに気にしてるとこがたまらんでした。
ふだんガンガンなくせにもうなんか好きすぎてわけわからんとこ臆病で。

あとめっさ雨が降り続けばいい。
どこにも行かずに雨に閉じ込められてればいいよもう。
今夜はチーズフォンデュね☆(^ω^)

■ガチホモ上海萌え
1999年七の月-上海(上)1999年七の月-上海(上)
(2006/09/29)
水城 せとな

商品詳細を見る

オイラが持ってるのは古い4巻本のほうですが、上下巻で出てたので載せてみた。

平たく言うと「上海マフィアホモの痴情のもつれ抗争」ですが(平たすぎる)、なんつーか
あぁああああああああ!!です。

いや、生きてる、きっと生きてる、
でもそんなご都合展開を認めるのもああああああ!!!!
いややっぱ生きててどっかにいて、
真昼の街を二人で歩くのはあれきりだったかもだけど
あの不夜城で、どっかにきっとふたりはいるんだよぉおおおおお!!!!!!

…みたいな。
ラストまでのすれ違いっぷりが秀逸でございます。
でもラスト、すれ違ったままのようでやっとちょっと救いがあるような、
でもその救いなんか見せないせとな氏がニクイです。

「二人で行こうか 天国経由で 地獄まで」
このせりふがいまだに忘れられん。もう10年以上前の漫画なのにな。

■ホモホモぱらだいす
同棲愛 (1) (Be×boy comics)同棲愛 (1) (Be×boy comics)
(1996/07)
水城 せとな

商品詳細を見る

あ、ビブロスが倒産したいま、もしや絶版なのだろうか…
たぶんそのうちリブレから再販されるとは思いますが。

せとなのすれ違いシリーズ集大成。
とっかえひっかえ同棲でありがとうございますです。
決して読者の思うとおりにはひっつけない、せとな氏のSっぷりに感服する。

そんなわけで、ハッピーエンドギリギリな展開に悶絶するのが好きな方は
せとなさんをたしなむといいと思います!以上!
関連記事
前略、腐棚より。
なんだか突発的に腐漫画レビューをざっくりはじめるよ!(^ω^)

ツボった作家さんの作品をいくつかご紹介的な感じで行こうと思います。
まぁ本棚にいろいろ揃ってるものからネタを探す試みですね。ビバ作家買い。

世界の片隅で萌えをさけぶ第一回は、
「出会ってよかったBL作家2008」受賞(※表彰者、じぶん)の桜賀めいさん。

■泣き顔萌え
遊びじゃないの (花音コミックス)遊びじゃないの (花音コミックス)
(2007/06/29)
桜賀 めい

商品詳細を見る

あらすじやらはアマゾンに丸投げしますが、
なんつーかね、もうこの人の描く受け子の
「う、うぁあ」てテンパってるときの顔、および
ふんごぁああ!ってかぁあああああ!ってなってる(どうなってんの)ときの顔がね、
大好物でーす(^ω^)

可愛ぇえなー。泣かしたいね。
この人の描く泣いたときの顔がめっさ可愛いね!!

つーかあんまむやみに泣くのもイラっとするんだが、
この人のはもう「泣くがいいさ!お前が泣かさないなら俺が泣かす!」みたいに
本を握り締める手に力が入るよね。

残念ながら次元の壁に挟まれてじぶんで泣かすことはできませんが、
これからもガンガン泣かしてほしいものです。

■「わるい子」萌え
続刊してるんですが、
悪いコでもイイ? (花音コミックス)悪いコでもイイ? (花音コミックス)
(2007/11/29)
桜賀 めい

商品詳細を見る

これがまた
たちがわるいよね!(^ω^) (いい意味で)(いい意味か?)
あたまわるくて可愛すぎるとかたちわるいです。
でもじっさいわるいのは腹黒生徒会長の方というベタなオチも最高です。
副会長のツンデレっぷりもたまりません。泣かしたry(もういい

■黒髪萌え
この人の描く攻め子には黒髪鬼畜が多いので、
ぜひともイルレな同人を描いて欲しいとこっそり思っている。
化学室の王子 (花音コミックス)化学室の王子 (花音コミックス)
(2005/11/29)
桜賀 めい

商品詳細を見る

これに出てきた、「黒髪鬼畜がシャワー室でガンガン」については
脳内でイルレに変換させていただきました。
本当にありがとうございます。

しかしアキラァ描くと可愛くなりすぎるから、
目隠しなどの対策が必要かもしれません。(なんの危惧?

そんなわけで、「黒髪鬼畜×泣き顔可愛い(わるい)こ」が好物な方は
たしなむといいと思います!以上!
関連記事
ジャンプちら見してなんかすごいことなってそうだな、と思ってたら、実際なってました。

では早速ですが感想を。

家庭教師ヒットマンREBORN! 16 (16) (ジャンプコミックス) 家庭教師ヒットマンREBORN! 16 (16) (ジャンプコミックス)
天野 明 (2007/08/03)
集英社

この商品の詳細を見る


■ランチアの助太刀
ランチアさーん!!
義理堅い!なんと義理堅い!
かっこよいの~
「復讐者に連れてかれたはずじゃ?」とか
「骸はがんじがらめに幽閉されてんのになぜ動けるのか」という疑問もあっさり流し、
イタリアへ帰るクールなあなたにぞっこんLOVE。(きもい
でも家族への謝罪の旅って…どう考えても罵られるに違いないのに
心ならずも自分がやってしまったことへ真摯に向き合う姿に全俺が泣いた。

■チェルベッロ機関
ザンザスの味方ではなかったのか?
いったい誰の指図なんだろう。
9代目にしては自分も瀕死の重傷だし。
ザンザスの果たした「役割」といえば、結果的に
「ツナが正当後継者である」という証明であったのですが…
まさか門外顧問様のしわざではあるまいな。(ひどい
まぁまだマフィアにはバックに色々いらっしゃるってことでしょうね。

■ザンザス
ビジュアル系越してメタルなお方。
スクアーロとの激痛コンボがたまらない。
性格はひど過ぎるが。
処分は話し合いで決めるそうですが、
まさかザンザスが味方になって帰ってくるフラグはあるんですかね~。
てかもともと同じファミリーなんだから味方であるべきなんだが、
反乱分子を抱え込み続けるのは危険ですしね。
しかし骸の手も借りた、
意外に肝と懐のでかい10代目ならありうるだろうか。

■ザンザス編終幕
骸編の時も思ったけど、すっきりしない終わり方だなぁ。
どうとでもとれるようにうやむやにされた感がある。
あえて「終わりから始まる」という伏線の貼り方なんだろうけど。
バジルは結局何。

■未来編開幕
これは雷のリング戦で20年後のランボがツナ見て
「これは懐かしい…」「泣きそうだが」と言ってた世界の話かな。
いつもの10年後はパラレルらしいしね。
ランボはリング争奪戦の記憶がないし
イーピンは呑気にラーメン運んでたし。

■10年後のツナ
「X」銘入り棺桶にいた模様。
中にしきつめられた花がしおれてなさげなのを見ると
比較的最近棺桶に入ったのね。
10年前の世界に死体が行ってたらとか想像してぞっとしてました。(いらん想像
しかしアジト建設させたり、なかなかボスとしてうまくやってたようですね。
しかしツナの10年後の姿見たいな~。
意外に背が伸びて見違えるほどかっこよくなってそう。
つか零地点突破の時の目は今でもじゅうぶんハートビートです。

■10年後の獄寺
ウホッ いい男。
15歳のツナにでさえすみませんと眉間に切なく寄せたしわがせくしーぃ!
あと頭いいわりに「G文字」とかいうアホっぷりがたまらん(笑)。
自分しか読めない暗号を25歳になってまで使ってる獄寺もゆる。

■ラル・ミルチ
可愛いのぅ。
あんまり女の子が「俺」って使うの好きじゃないけど、この子なら許せるかな。
マモンも確か顔にアザみたいのあったし、
アルコバレーノのプロトタイプなのかなぁ。
正直アルコバレーノの頭の大きさが普通に怖いので
、大きくなってくれた方が自分的にはいいんですが。(設定全否定
水浴びサービスありがとうございます。
ジャンプ禁断の〇首がぼんやりながら横乳に描かれていたときには
天野さんグッジョブ!と思いました。
あと「いいものが!」とかいう獄寺の厨っぷりに吹いた(笑)。
中学生としてもっともな反応だと思います。

■10年後の山本
リーマンっぽい。
けどあごに傷あるし野球もやらずにマフィアどっぷりなんだろうか。
スクアーロの技受け継いだのはやっぱザンザス派も掌握したってことだろうか。
あと君は初期設定とキャラだいぶ変わったね。

■10年後のハル&京子ちゃん
ハルは普通すぎる。15歳のが可愛いなー。
京子ちゃんはうまく育ったと思う。
ツっ君が幼いとか呑気に言ってたしふたりは
今のツナが棺桶行きだって知らないのかな。

■入江正一
ここでまさかの入江正一フラグです。
サブタイもらっておきながらストーリーに絡んでこないのは気になってましたが、
人気なくて再登場できないんだと片付けてたんですが。(ひどい)
大きくなるとオリラジの慎吾を陰気にした感じだね正ちゃん。(ひどい)
白蘭の俺様ナルシストっぷりに正ちゃんがどう絡むのか興味津々です。

■白蘭
「白いアネモネをね」
クレイジー系ナルシストキター!
顔はぶっちゃけディーノに見えますが、
ディーノに足りなかった危ない色気を身につけておいでで何よりです。

■ヒバード(笑)
ヒバリたんかわええのー。
鳥好きに悪い人いないよね☆彡

■リボーン
今回はリボーンの説明口調がなくてよかった。

以上。異常に長い。
そして感想部分はすべてケータイで打った自分。
労力の使い方間違ってますネ☆


銀魂18・リボーン15・ワンピース45巻
感想リスト
関連記事
さりげにカテゴリごとに主要記事をまとめた記事を置いているので
まとめてさらしておこうと思います。
カテゴリページをひらくと最新にまとめ記事がくる仕様にしてます。(「※」以外)
感想記事をうpしていくカテゴリでそういう仕様にしています。

■デスノート感想
├ 目次・ジャンプ    デスノート感想目次
├ コミックス・13巻  (↑デスノート感想目次 に まとめ)
├ アニメ        (↑デスノート感想目次 に まとめ)
├ 映画         映画デスノート感想まとめ
└ ネタ倉庫       小説置き場(※)
■ラルクアンシエル
├ アルバム感想   ラルク アルバムベスト10
└ 萌え
■感想
├ ラルΩグラド   ラルΩグラド  1巻
├ 漫画       漫画感想一覧 
├ 音楽       音楽感想一覧
└ ゲーム      プレイしたゲームリスト
■カオス
├ バトン集    バトン集(テイクフリー)
├ 就活
├ にゃーメモリー
└ 妄想日記     リンクのページ(※)

■その他のまとめ記事
デスノート感想目次の追記部分…全ての感想まとめ。
・サイドメニューの「全記事一覧」…日付順およびカテゴリ別全記事一覧。
・サイドメニューの「過去ログ」…2007年04月など月別に記事一覧が出ます。

なぜこんなにまとめ記事があるのかというと、gooブログ時代の名残です。
gooたんは流れた過去ログが読みにくい仕様だったので
感想振り返るとき目次があった方がいいかな~と思って書いてたわけでございますが、
まぁいまや単に記事の使いまわしが好き、とかそんなんです。

更新してないカテゴリもありますが、「あらまぁそんなのも書いてたのね」と
内心ほくそ笑んでくださると幸いです。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。