ねば玉の戯言

九州の片隅で社会人してます。 ラルクを一生愛す。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
原作デスノートの感想です。
コミックスにそって1巻、8~13巻となっています。

8巻以降はジャンプでリアルタイムに読んでいた感想を含むため、
その後の展開から言って見当はずれっぷりが加速していることがあります。

DEATH NOTE デスノート(1)DEATH NOTE デスノート(1)
(2004/04/02)
大場 つぐみ小畑 健

商品詳細を見る

■デスノート 1巻
DEATH NOTE デスノート(1)DEATH NOTE デスノート(1)
(2004/04/02)
大場 つぐみ小畑 健

商品詳細を見る

page1 退屈
カラーの月きゅんがあんまりカッチリ制服を着てるので
もうちょっと脱げばいいのにと思わなくもないですが(…ちょっと?)
ストイックでいいですね。
死神界で贅沢にカラーを消費する心意気も素敵。

「この死神が人間界に落とした一冊のノートから
二人の選ばれし者の壮絶な戦いが始まる」

なんかゾクゾクしてきたよ…(早)
いいよねこの波乱万丈な(?)幕開け…!
一体何が起きるんだというわくわくさん!感!
しかしこの「二人の選ばれし者」は「Lと月」であると最後まで信じて疑わず、
そこにL復活の道を見出そうとしてた私はきっとつぐみの思うつぼ。

「夜神 月 17歳」
萌 え 単 発 見
じゅ…じゅうななさい…(*´Д`)ハァハァ
いやほんと12巻読んだあとに1巻読むとキュピーン☆ですよ。
高校生ですよ。ピチピチですよ。なんたって制服ですよ。
のちのマニアックな手錠プレイもなかなかですが、もうこの眩しさは
コンタクトなしでは見られないほどです。(※寝るとき以外装着している人間)
なんか可愛いよー。キラキラしてるよ。のちに違う意味でキラキラしますが…

そんな私は夜神月と同じ時代を生きてきたわけですが(85年生まれ・学年は同じ)、
17歳当時の私はオタオタしてました。(変わってない…)
世界を変えてやるなんて夢にも思ってなかったYO。

あと校庭に落ちてる黒いノートを拾って持って帰ろうなんて
たぶん思わなかったよ。

すごいよ!らいとくん。(まさr…)

「俺はお前に何もしない」
いろいろ飛ばして何故この台詞かというと、
ここだけ抜き出すとなんか違う感じに聞こえるからです☆焦らしぷれ
さてなんか教育ママ風味の幸子を交わし、
りゅーくんと出会った月きゅん。
明らかに驚いてるくせに「驚いてないもん!」とかって言うのが可愛いです。
(言ってません)
まさしく運命の出会いですね。
デスノートはKI・ZU・NAらしいです。
ちょっと照れますね。

「退屈だったから」
これも、人間夜神月と死神リュークを繋いでいた絆、と私は思っております。
むしろこれが繋がってノートを使うことになった、という…
退屈って恐ろしいですね。
なんかのデスノートコラだかで、最終回は夜神月が更生する感じのラストで、
「世界は退屈なんかじゃない」って空を見上げながら言う月、
ってのがあって、まぁドリームなんですけど、
うん…まぁ許されないですけどねーあんだけのことしてね、
言わせてあげたかったなぁとも思いました。
「日常に退屈する人間に捧ぐ」って帯のアオリも、いいですよね。
結局退屈しのぎにデスノート読んでるっちゃそうなんですが、
それでありあまるボリュームはあるし、あれなんか読者って退屈しのぎに
傍観する第三のリューク?ってもう何がなんだかわかりませんが
あの全ての始まりの動機が「退屈」なんて身近で簡単なもので
それが怖くもあり面白くもあったわけでしたマル。

「シブタク」
そういえば登場はここだけなんですねシブタク。
やたら強烈に覚えてたんですが。まぁ衝撃シーンですからね。
このとき月きゅんが立ち読みしてたジャンプの表紙に
「デスノートです」とかいう漫画が平気で書いてあって
チラリと見えた中身ではリュークっぽい死神くんが飛んでます。
その遊び心に乾杯☆完敗です。

「精神力…」
このガクブル震えてた月きゅんが今となってはほんとに遠いですね…
しかしこの5日で4キロ痩せた息子に気付いてやれ夜神家。
まぁキラ容疑が向いて「あの頃そういえばうちの子衰弱してたわ」なんて言ったら
黒々してきますけどね。

「新世界の神になる」
斬新な発想ですね。
「人間って…面白!」ていうかリュー君、
この境地に達する人間は夜神月くらいのもんだろうから、
君の目的からするとノート拾ったのが夜神月だったのは
適役だったんだと思うよ。

「この事件 いくら私でも警察の手を借りないわけにはいくまい」
なんかクールビューティーのカホリキター!!
と、心かき乱された乙女が数万人規模でいただろうと思う今日この頃。
のちに心どころか脳もかき乱され
「なんか…もういい食う!」と叫ぶことになるとも知らずに…(決め付けるな
いや13巻で正直に言うか知らないが明らかに別人だけれども
秘密のベールを脱いだ君にオチるまであと数話のカウントダウン(うざい
むしろその期待をごっそり奪いかつ何かとてつもない愛を植えつけていった
つぐみたちの手腕にノックダウンラブ(うざい
しっかしこの「デキル大人の男きゅぴーん」みたいなしぇくしーオーラも
捨てがたかったが…ここまでのめる愛を獲得できたかは謎ですね。
なんかそれを魅上んがのちに担当したような…
まぁあの人も相当なアレでしたが…
やっぱキャラも前代未聞でいいですね☆デスノートって☆
(何その明るいキャラ

な、なんなんだこの長さ…
page1だけ、しかもかなりはしょり、言いたかったことが言えたんだか
なんなんだかにも関わらずこの長さ…
やっぱ高校生月きゅんとかリューくんとの出会いやら
クールビューティーLの登場なんて見どころ満載だものね。

(※※巻数が飛びます。間の補完感想はアニメ感想でどうぞです。)

■デスノート 8巻
DEATH NOTE (8)DEATH NOTE (8)
(2005/09/02)
大場 つぐみ小畑 健

商品詳細を見る

※いまだに最愛の人はLたんで、あのこは生きてると信じてます(イタイ)

いやぁなんか2部はどうよとよく言われてるみたいで
ちょっと心配してたんですが…
普通に面白くね?
なんかもうどうすんだとゆう展開で結局朝4時まで熟読しました(笑)

表紙
フゥー!!!(笑)レイザーラモンばりのレザーにどっきどき☆★
チャックじゃなくてヒモだし挑発的な目で見上げてくるし!
HGよりタチ悪いなこのこは!!(笑)いや絶対ここ4年このこはろくなことしてないですよ。
ボスとはただならぬ関係ですよ。(黙れ)…すごいなー…ジャンプって…すごいなー…。

あらすじ
うわぁんLたんがいないよぅ!!!(泣)容赦ねー…(泣)
今までの対決を水に流したかのように消しましたね(号泣)
文中には出てくるけど「葬ることに成功」とか言い張るし!!
お前がそう出るならこっちだって…こっちだって…
…う…うぅ…なにもできない…
ごめんねLたん…いつかつぐみを懐柔して出してあげるから!!

本編
page.62 決断
「父さん…大丈夫か?」
「あ?ああ…」
「駄目じゃん?」

総一郎さん白髪増えてますね…可哀相に…

「ライトー 今日は終わり?」
ミサ、からだぷりぷり!!!(笑)しかも月、見もしねー!!(笑)
なにこの見事なアウトオブ眼中…
ミサが月をどうしてあんなに好きなのかよくわかりません。
いや私も月好きですが…あんなそっけなくされたら続かないですよ。
んーなんかうっかりミサ尊敬しそう(笑)

「………レムの方が生きてればよかったのにな…」
この死んだ目、この容赦ないお言葉、敬服いたします神よ!(笑)

「メロ おまえはいつも 感情的になりすぎて
大事な事をおろそかにしてしまうんだ…」

写真の持ち方がLたんのパクリっぽくてちょっと気に入りません。
でも写真を後生大事に持っている事、サイズ的に引き伸ばしてそうな事、
必要なだけ見せてさっとしまった事、「いつも」メロのことを見ていた事、
おろそかなメロが心配でならない事、
そんなところがかいまみえてなかなかお腹を満たしてくれました。

page.63 的
「ノートで殺されるなんて事よりも僕達が動いていると気づかれたら粧裕ちゃんが…」
松田…イイやつ…!!!(感涙)てか結構粧裕っちに本気??
まぁあのこかわいいからね…じゅる。(逃げて粧裕っち!)

「N?ふざけているのか?」
ふざけてますね。つかLたんもLが頭文字の名前なのかなやっぱ。
竜崎とか流河とかゆってたから「りゅう」がつくのかな。
あと…Lたんが出てきて嬉しいけど、この絵ただの背後霊ですよね。

「残された者はどれだけ辛い思いをするのかわかってるのか!!」
君はいったい何のドラマを見て育ったんだ?
何でそんなに芝居がかってるんだ?(芝居だから?)
うーんサムイ…でもそのサムさがKA・I・KA・N☆★
(死ね)←キラ様のお言葉

page.64 直角
「SE333便 SE333便 空路を外れているSE333便 SE333便 聞こえているか?」
「こちらSE333便 よく聞こえています空路は外れているのではなく 私が外しています」
「!? な 何を言っている!?どうした ふざけているのか?」
「こんな事 大真面目でなければできません」

なんかここすごい好き!この何かが起きてる感と無線連絡な感じと
どうにもふざけてるとしか言えない言葉の数々!!たまりません。
わーメロのやらかすことって派手だなー。
ハイジャックかー。
…………
「努力・友情・勝利」、そんな爽やかさ微塵もありません。
…まあある意味爽快かな。つか痛快?

「ミサは黙って僕に言われたことをしていろ」
うわぁ出たよヒステリー。キラ様とお呼び!!!
ひざまづいて靴を(以下自主規制)!!

「復讐という動機は厄介だからな」
…いややっぱこのこなんか色々あったって。
痴情のもつれとか痴情のもつれとか痴情のもつれとか。
ストーカー被害とか遭いそうだな。
「僕を踏んで下さい!!」とか変なやつ寄ってきそう。(復讐関係ない)

「いざとなれば粧裕を…馬鹿なことを考えるなここで粧裕が死んだら キラは数人に絞られる」
えぇーーーーー!!!お兄ちゃん!問題はそこなの!!?
バレなきゃ殺したの!!?えぇーーーーー…もう思考が完全神だよ。
つかサタンだよママン。(なに)

「粧裕…父さん…」
この月ほっとしてる?よかったまだ人間の心あったんですねサタン。(サタンは訂正しない)

page.65 責任
「ミサイル…馬鹿な…」
(読者の声)

「できる できないではなく やるんです」
………
好きです!!!(ついに告白)
うわぁんニアーー!!やっちゃってーーー!!
…言葉攻めされたひ。(失笑)

「こいつの事 ライトには言えないな…」
…なんかこのリュークすんごい乙女に見えるんですけど!!(笑)
ホホ染めてハートのピアスしてるよ!?(笑)
なんか口うるさい飼い主に彼氏紹介できないペットみたいだよ!!

page.66 死亡
「おっ 何か凄いな」
「ええっ?」
「駄目じゃん」

なんか言葉の端々が頭弱そうで可愛いよシドウ(笑)。
死神ってもうあんま何も考えなくなってて頭弱ってんのかな。
レムがたいそう知的だったように思えてきました。
…まぁシドウが特別弱い感も否めませんが(笑)。

「こいつ…殺す」
「ははは いいざまだ…」

なんかもう神っつうかサタンっつうかそれじゃただのチンピラですよ月くん!(笑)

「優秀な子供が集められ 第二のL Lの跡継ぎになる者を育てる為の施設」
ドリームハウス!!!!!ナイスワタリ!!!
将来有望なこばっか集めて紫の上計画かよ!!
執事顔してようやるなあんたも!
媚薬の発明に余念が無かったんだろ!(きえろ)

「Lの後継者だと… 僕はまだLと戦って…」
月の中のLたんメモリアルは、指銜えて上目遣いなんだ!(笑)
誘ってんなー。かわいいなLたん。
まぁ月の欲情フィルターかかった回想だからしょうがないか☆★
(おまえはどうしようもない)

「ニア…メロ…
L…
何かゾクゾクしてきたよ」

キモっっっ。
(※月に対する最上級の褒め言葉)
確実に変態ですよその顔!!いいんすかジャンプ!!
でもなんか私もゾクゾクしたよ!むしろゾっとしたよ!もうなんでもいいよ!

page.67 釦
「松田さん 何を!?」カチャカチャ びくっ
…きゃー月くん襲われてるー☆

「松田桃太 捜査本部にいる私の部下だ しかし彼では全く役には立たない」
おお松田!!おお桃太!!なんかほんといいやつだなぁ君。
デスノに君がいてくれてよかったよマジで。本気で。
そのあとの熟年カップル、ネクター飲んだ後みたいでした。

「メロはいつも一番になりたがっていた…」
「メロは目的の為には手段を選ばない」

やっぱメロにメロメロなんだな、観察してたんだな。

page.68 発見
のっけからメロの電話風景がエロイです。
しもべにケータイ持たせて自分はペロペロ、ものっそい開脚。
エロでなくてなんだというんですかあなたは。(誰に訊いてる)

「ミサか…」
ケータイダッサっっ。つかそれ虫?(※月に対する最大級の賛辞)
しかもMISAて。何?もしや自分はKIRA?

「色っぽくして待ってる」
なんかミサ好きじゃなかったけどだんだん可愛く思えてきた。

「ライトー」
色っぽくって…コレ?(笑)なんか直球だなぁ。
尻のトーンに小畑氏のこだわりを感じる(笑)
しかもまた月無視!キラ顔!!ひでーなー…おもしろいなー…(笑)

「デスノートで世界を変えるのはキラだ 思い知るがいい」
完全に悪の枢軸がのたまう台詞なんですけど!
この人主人公なんですけど!
なんですかこれは勧悪懲善ですか。
いいやもう君は世界を牛耳るがいい!
でも最終的にはLたんの愛にほだされるがいい!(結局それか)

page.69 飛翔
「殺していいのか?」
この一言で隊長大好きです。

page.70 身震
「見っけ」「おっ シドウが始動したぞ」
小学生レベル。

「怖っ… 二級って一級の次だよな…」
なんか…それなんのヒントにもならないんですけど(笑)
そりゃニは一の次だろうね…

「! はい」
ついに敬語でお返事!(笑)可愛いよーいじめたいよー

「こいつ凄い…こいつについていこう…」
絶対アメあげたらついてくる、このこは(笑)。

「結婚してもいい だから引退してくれ」
「ここでミサを殺しておくべきか…」

愛って何。(真顔)

■デスノート 9巻
DEATH NOTE (9)DEATH NOTE (9)
(2005/12/02)
大場 つぐみ小畑 健

商品詳細を見る

表紙
やはりニア様でございましたね。
これがノーブラノーパンの女子だったら、だぼだぼのシャツ、
見えそうで見えないポーズ、上目遣い、とポイントを押さえ、
かなり悩ましいことになってたんでしょうが、
まあどっちにしろ私にはニア様そのままで
悩ましく脚色されているので心配無用です。

page71「接触」
表紙
み、みんな目が危ない…!
神の生首っぷり、ミサミサの過度なエロ勝負服、メロのわき&右手の行方、
スナイダーの人外っぷり等多々問題はありますが、一番の大問題はニア様ですね。
不細工すぎる。(笑)
しかもノーコンなんだから、そんな持ち方じゃ自分に刺すよダーツ。

「たまには外の陽にもあたらないと」
誘拐のショックで療養中の粧裕たん。びじん…。
パパは悲壮な覚悟をにじませるし、夜神家の皆様がいたたまれません。
(息子を除く)

「リューク やっぱりメロ達に憑いている死神を知ってるな?」
「あっ」
リュー君、シドウたんとの交際がご主人様にバレました。
キラ様、黙ってたおしおきとして打倒メロへの無条件協力をリュー君に課します。
さすが神、しつけは容赦ないです。

「これから僕がミサのノートの隠し場所になる」
隠し場所は服の中なので、神が脱いでくれました。
2コマ目と3コマ目の間、神技のような速さでしたね。(半端にうまいこと言った)
うわーい!神のヘソ初公開!!
神のヘソ、神のヘソーーーーー!!(IQ3)

「キラです」
ノート奪還のため手を組むという名目で、ついにキラ様(代役ミサミサ)、捜査本部に接触です。
しかし「キラです」って。直球過ぎてぷぷぷですね。

「3日後」
んで捜査本部に某神からノートとリュー君がデリバリーされます。
祝・リューくん初お目見え!
捜査本部の面々は驚きの表情で受け取り&出迎えますが、
約一名、悪人面(※褒め言葉)でにやりとしてる人がいるんですけど。
夜神パパ、今振り向けば息子がキラってわかりますよ。

「僕が目の取引をします」
まっつん、結構男気あるとこ見せてますが、
リュー君には「あんなさえない奴に憑くのかよ」と言われ済み、
伊出さんにはわりとあっさり「そうだな」と言われました。不憫です。

「いや目の取引は私がする」
夜神パパ、悲壮な覚悟の末名乗り出ました。
リュー君のウヒョ、も見所ですが、
神の「!なんだと」という思わずチンピラ化した衝撃の顔も見ものです。

page72「確認」
表紙
捜査本部の皆様、合体しました。月きゅんの乳あたりからミサイル出そうです。
伊出さんが軽く怖いです。

「父さんがノートに名前を書く様な展開になったら…その時は…」
13日ルール成立のために…!ということで、一巻の
「下手を打てばキラは…自分の家族を殺すことになる」という伏線消化の時が…!(泣)
でもさすがの月も、ためらいというか、苦悩の表情を見せたのでまだよかったです。
どうもまっつんだったらいいや、くらいの裏が見え隠れしてますが(汗)。

「そうなんですか?」
どうもちょいちょい気になってましたが、リュー君asキラ様のお使い、
敬・語・が・か・わ・い・い☆(うざい)

「同じ銘柄のチョコを大量に箱買いした裏も取れました」
「決まりだな」
メロのアジト、チョコで断定。(笑)
チョコへのこだわりは捨てなかったメロ。味はきっと大味だな!(さむい)
うーん、可愛いなー、アホだなー(笑)。

「何もするなよ OKなら口を閉じろ」
(むっ…)
なんか字にすると、リュー君がチューかましそうな雰囲気ですね。(微笑)
素直に口を閉じるシドウたん、
ちゅーしてやりたい可愛さです。
「L 死神の方はリュークと上手くいった様だ」、夜神パパの報告もばっちりです。
何も問題ありません。がばっといっちまったらいいよ。

「11月10日23時59分 突入」
夜神パパかっちょいーーーー!!
ってことで、
12月3日23時59分 投稿。(息切れ)
以下待て次回。(何様)

page73「背水」
こっからジャンプ本誌の立ち読みを始めました。むふ。

「やはりキラが絡んでいたか…」
しもべ達がほとんど星になったというのに、チョコを貪るのは忘れないメロ。女王っぷりは健在です。

「一体シドウは何を…」
シドウたん、突入する捜査本部メンバーを、
口閉じて黙って見てたーー!!(笑)
可愛い!!まだ口閉じてる!!リュー君の言いつけ守ってたー!!(笑)いいこいいこv

「L 二人は確保 ノートも無事奪還」
まっつんの活躍により(仮)、ノート奪還。つぐみ様のまっつんへの愛を感じます。

「後は俺だけか…」
追い詰められたメロたん、爆破行為に走りますた。
脱いではくれませんでしたね。残念。(意味不明)

「メロ… Mihael=Keehl 本名 ミハエル=ケール」
ミハイル…ミカエル!メロ、エンジェル!!  (カタコト)
夜神パパの目に映ったメロたんの姿は、エンジェル!!
「♪あのこは太陽のコマチ、エンジェール!やや乱れてYo!say,yeah,yeah!(B’z)」ですか!?
やや乱れてるの!?ねぇ!(言いがかり)
ってか妙に可愛い名前だし…。しかもやっぱ本名M綴りなんですな。
Lたんの本名「ルシファー」(神に叛旗を翻した堕天使)だったらどうしよう。恥ずっ(笑)。
まぁルシファーはRですけど。

「もう諦めるんだ メロ おとなしく捕まれば殺したりはしない」
夜神パパ、ノートに書き込めるというのに、説得です。あんた漢だね。
息子は「早くノートに書いて殺せ!」とか完全に悪役なこと言ってますけど。
ほんとに親子なんだろうかというほど真逆なふたりですね。

page75 「認知」 
「またニアか…しつこいな」
「この尋問の様な(質問)責め…
僕…Lに疑い(恋心)を持ち始めてる可能性があるな…」

(カッコ内脳内補完)
いやあニア月かー。基本L月なんだけどなー。
まあニアがそんなに月のこと好きなら愛人の座は許してあげてもいいけど(何様)、
月の本命はLたんだから。
そこんとこわきまえとくように。

「キラと捜査本部はグル」「キラは2代目L」
うわバレてるー。推理ってすごーい。
つか月がLを騙ってるのも微妙に許せないんだけどなー。
Lたんは唯一無二の神聖な生き物ですから
彼の存在域(なにそれ)には立ち入り禁止なんですー。

「7%くらいです」
…むかっ。
Lたんのまねするなばかー!
おまえなんかおまえなんか…ぽっと出のくせにー!
(どうしてもニアを上から見る)

「残りの93%をどう埋めるかです」
「捜査というのは 決めつけてかかり
間違っていたら「ごめんなさい」でいいんです」

…強引でちょっとかっこいいじゃないか。
…ちょっとだけだかんな!調子に乗るなよ!!

「できる…新世界!!」
キモイと評判の月のこのイタさ&サムさが好きです。
ほんとに“子供”だなあ。裕福かは置いといて。

「解散ですね チキン大統領のせいで…
いやチキンどころかウジ虫以下です」

…くそっ。なかなかバッサリ斬りやがるな…
言葉責めが得意か!得意なのかおまえ!!
ときめいたりなんかしてやらんからな!

「ふざけるな! キラを認めていい訳がない」
…うん。Lたんを殺したやつなんか認めないよね。
…もしかしてお前可愛いのか?(恋の予感)


そして今号のヤマ場。

「きっと キラもわかっているんだ
自分がやっている事が
悪だという事を」



松田ぁ!!月に言わせるなよこんなこと!!(泣)
月はどんな思いでこの言葉を口にしたのでしょう…
ああ後姿だけで表情描かないのもモノローグ入れないのも…ニクイ!!
ニクイ演出だなオイ!!!(泣)
新世界の神になるためにはやっぱり葛藤とか罪悪感とか
なんか色々危うい感情の中で
もう戻れない、これが正義になるんだからという思いが
月を支えてるんですね…

うわあ…「認知」って…
最も認めてはいけない禁じ手のようなことを認めましたね。
私的妄想としてはLたんが死んでるせいで私生児になった月の子供を
Lたんが現れて認知するのかなと思ってました。(色々ありえない)

つうか早く帰ってきて月を止めてあげてよLたん。
Lたんにしか月は止められないよ。
きっとほんとは月だって止めて欲しいんだよ。
なんか独りで色々画策してる月が可哀相だよ。

page76 「挨拶」
基本的に
・Lたんは生きている
・月はLたんのもの、相思相愛
という妄想が根底にあります。

うわのっけから出目川キター!(笑)
…どうでもいいがヤツを見ると
誰かを思い出しそうで思い出せない…。
…つかなんでまだあんた出てくんの、
こいつよりLたんを出して下さいつぐみ様!(切実)

「出目川が急に勢いづいちゃってるのは笑えますね」
「笑えん」
ほんとに笑顔でのたまう君の偉大さ、痛感☆
容赦ねー&間髪いれない突っ込み、素敵☆

「特に松田さんはLって事になっている…」
…私の知らないところでいったい何があったんだろう…
妄想で補えねーよわかんねーよどうしてそうなったんだよ
置いていかないでくれー(さめざめ)

「おまえ(中略)最近馴れ馴れしいぞ」
おぉ!私の知らない間に彼らの間になにかが芽生えたようですね!
どんどん仲良くなりたまえりんごはぐはぐさせたまえしまいにゃお手とかしつけるがいい
姿見えなくならないでくれー(もえもえ)

「メロは今 一人…仲間のいない状態と考えていいでしょう
しかし 彼が一番になることを諦めるとは思えない…」
お、なんか小さい頃のつながりを思い出させるフレーズ!
お前実はあれだろ、あの頃メロのこと気になってしょうがなかったんだろ。
素直に好きって言っちまえよ、
今こそつけこむチャンスだぜ!

「(前略)メロの言いなりになりましょう」
うわ言っちまったー!(笑)
そうか言いなりになりたかったのかお前、なかなか可愛いとこあるな、
まあメロ女王様だしな、
思い通りにならないとキレそうだしな、
いいよ言いなりになるがいいよ、
私がメロに頼んであげるから、
「ニアを下僕にしてあげて」って。

「メロの写真を私が持っている事(中略)
私は怖いので出ません」

↓中略部分の心中描写補ってみました。(補うってゆーか…)

「メロの写真を私が持っている事
肌身離さず持っている事
拡大して部屋に貼っている事
実用観賞用保存用に大量焼き増ししている事
メロに全部知らせてやるんです
それでメロがどう思うか…
………………
ストーカーと思われてもいいです
私の気持ちに気づいてください
私は好きなのでかまいません」

…中略のあとまで変えてんじゃん。

「私がLから受け継いだ資金を
いくら使っても構いません」
えぇー!
お前Lたんの金相続したのかよ!
しかも使い込んでんのかよ!
もーLたん叱ってあげてー!

「私の資金を流用した挙句
“いくら使っても構わない”とは!
そんなことでいいと思ってるんですか!
そんな子に育てた覚えはありません!」(天の声)

…いいかげん妄想も程々にしなよ。

「一か八かキラの指示(こえ)を世間に…」
「聞かせるんだ キラの思想・教えを…」
…キラ教…
私のパソも「キラ」一発変換するようになりましたしね、
「最高ですかー」「最高でーす」の世界も
そう遠くはないと思いますよ教祖様。(いいのか)

んでそんな教祖様もびっくり☆のシーン↓

「どうする?
バスルームで生活する?」

…おねぃさま…?
…ちち…?
…きょにゅう…?
…しゃわー…?
…めろ…?
…きず…?
…つばめ…?

(訳:おねぃさま惜しげもなく乳(でかい)さらして
シャワーシーンとは大サービスですねこれはヤンジャンですか?
メロ顔に激しく傷入ってますけどそれいいんですか?
つうか何君ここ一週間おねぃさまに飼われてたの?
確かに君ヒモとか似合うけどツバメっぽいけど
ジャンプでツバメっていいの?
ねぇいいの?
なんでもありなの?)

…衝撃のあまり単語しか浮かばなかったですよ。


んで今号のヤマ場。
「メロ ようこそ」
お、おお!!?
挨拶!?挨拶しちゃったね!?
「ついに再び巡り会った二人!!
運命の悪戯!!逃れられない宿命!!
めくるめく愛!!」
そんな世界へようこそ。
 
page77 「利用」
「かつて同じ道を歩み、今は異なる道を歩む…
二人、辿り着く時は来るか…!? 」
なかなかいいアオリだな。

「ノートは一度手にし 我々よりキラに近づいた事実に
敬意を表すべきであって銃を向けるなど失礼極まりありません」
…そうですか?
思いっきしひいき目に見てませんかそれ。
メロはアブナイやつだと思うよ、拘束くらいするべきだよ。
おしおきとかおあずけとかご褒美とかやったらいいよ。

「………………わかった……」
納得しちゃダメだって。

「メロがいろいろやってくれたおかげで大分キラが絞れました」
「メロがいろいろやってくれた」…ふうん。搾り取られたんだぁ。

「俺はおまえのパズルを解く為の道具じゃない」
道具…道具…道具…

「メロ 私を撃ちたければ撃ってください」
君のハートにズキュン☆★

ここから怒涛のメロドラマ的展開に。
「ニア 俺はお前が持っている俺の写真を取りに来ただけだ」
「はい」 (メロの写真を出す )
「写真はこれ一枚で複製等は決してありません
ここの監視カメラの映像にも残らない様になっています
ワイミーズハウス等の メロの過去を知っているものすべてへの対処もしてあります
100%とは言い切れませんがメロがノートで殺される事はありません」

そしてメロが写真の裏をめくると
“Dear Mello”
メロ「!」

…てかこれ普通に読んでも…
ニア、メロにメロメロじゃん!!
「対処」て何!!あんた何したのメロの為に!!!
ものっそ影から守ってんじゃん!!
姫か!メロは姫か!?ヒロインか!!
しかも「Dear」て…自分でそんなん書いて隠し持ってた君がこわいよ!(笑)
大量焼き増しして色々色々使ってるかと妄想してたけど
一枚しかない写真を大事に人の目に触れないように持っとくのも
なかなかいいよ。
100%、ニアはメロを愛してますね。
愛以外の何ものでもないよ。

「…………ニア 俺はおまえと手を組む気は全くない」
(どっちかというと膝枕がいい)
「わかってます」

「私は信じますよ
死神がいるなんて馬鹿な嘘をメロがついて何になるんですか
どうせつくならもう少しまともな…意味のある嘘をつく…よって死神はいます」
ただのひいき(笑)。
「よって」以下飛躍してますから。

「そこに書かれたルールの中に嘘がある
俺が教えてやれるのはそれくらいだ
どちらが先にキラに辿り着くか―」
「競争ですね……………」
「どうせ行き着くところは同じだ
そこで先に待っている…」




恥ずかしい…
なんか妙に青春くさいせりふ!!!
どうしようなんか恥ずかしいよ!(なんで)


「ここまできたら日本捜査本部の人間は殺しておくべきか…
……いや…それはまだ早い…… 」
「捜査本部の方は今のLがキラだと明かされない限り生かしておいて大丈夫だ
それより逆に本部の人間を餌にしてニアやメロに近づくんだ」
怖いよ、神。
つうかそれ完全に知能凶悪犯の考え方ですから…残念!(古い)

今週のどきどき☆★ワーズ
「キラ王国」
「あんなゲスな人間」

次号、「予測」!!
キラ王国がキラキラするんだと思う。
 
page78 「予測」 
「嘘のルールは13日以内に次の名前を書き込まないと死ぬルール」
あっさり見破られたー!!!!
WAO。さすがニア☆★


「!…?…まずい…」
「!…… ……」
ここの月悩ましくていい。じゅる。
追い詰めたい…ニアのその気持ち、わかるYO☆

「しかし 多少の尋問はできました」
尋問…言葉責めですか。
メロはプライド高そうだから屈服させがいがありますね。(何の話だ)

「捕まえられた状態から逃げるとは たいした男です」
このニアの顔、なにかデジャブをよびおこすなぁ。
キタロウかな?

「………嘘がある?」
月きゅんの口のアップというサービスカット。
ありがとうございます。ごちそうさまです。(死ね)

「死神 ノートに書いてあったルールの中に 嘘は あるのか?」
「…………いえ ありません」
リューくん、敬語ー!!よくできましたー!!
あとで月くんがリップサービスしてくれるからね☆

「(前略)それで間違いありませんね」
「……… ……… そうです」
うわぁ愉しいなぁーーーーー!!!
あのキラ様こと夜神月を追い詰めるの、
愉しいなぁーーーーー!!!
君はあれだね、追い詰められると色っぽいね!!(欲望にくすんだ目線)

「初代Lの顔を見ましたか?」
「やられた… 思っていたより読んでいる」
つうかあれですか、今回「夜神月の顔を気合入れて描こう」キャンペーン、
実施中なんですか?
妙に誘ってきますね。
ヲトメのハート狙い撃ち☆作戦ですか?
…そんな作戦にハマるような私ではn…(ずきゅーん)

「ふーん 見たんだ」
そっかぁ、ふーん。
Lとラブラブだったのかぁ、ふーん。(みじんも言ってない)

「私は死神よりメロを信じます」
メロにメロメロですから。(だまれ)
愛だね、愛。

「…………Lの後継者か…Lより酷い… 」
やーん本命はLたんなのに!!
酷いことされちゃった☆★
(もうお前は本当にいっぺん死んだ方がいいと思う。)

「私が メロの名前をノートに書く」
えぇーーーーー!!!
え、やっぱどうせなら私の手で殺したい、て例のアレですか!??
なんかメロへの執着半端ないよね!

「私が身を持ってやらせてもらいます」
ニア…かっこいいよね。何気に男前だよねっ。


次号、「白々」!!
「月、メロから狙う!! 」
「メロの模木への要求は!?」
神:「メロは僕のものだ!」
メロ:「キラをよこせ!!」
そういうラブバトルが白々しく繰り広げられるんだよ。

page79 「白々」 
「お前ら、NYへ行きたいかー!!!」
「おおーーーー!!!」
そんなこんなで、感想いきます。


「模木か?」
『やった!かかった!』
いきなりの模木さんのアップにもびっくりですが、
月くんの完全な怪談顔にもびっくりです。

「(前略)俺に会いにNYに来ないか?」
俺んとこ来ないか。あ、ほーぅ!!
ワンナイトカーニバール!!!!
そしてまたそんな上目遣いのエロ顔で!!!
おかあさん、そんな子に育てた覚えありませんよ!!

「(中略)いきなりこんなストレートな誘い方を…… 」
大丈夫、君も十分誘ってるから☆★
追い詰められた君は悩ましくて色っぽいよ。
そんなに流し目とかチラリズムとか駆使しないでくれよ、身が持たないよ。

「今度は俺がおまえを使う番だ
中に入れ聞きたい事を聞き出せ
しかしそいつの携帯は切らずにそれを通して会話を俺にも聞かせるんだ」
なんかエロ実況みたいですよね。
「お前を使う」とか
「中に入れ」とか
「俺にも聞かせろ」とか。
誘い受けで、音で盛りあがっちゃう感じかな?
(君、死ねば?)

てかこのメロ、可愛いなぁ。
そんな裏路地(?)に立ってたら危ないよ。

で、君いくら?(帰れ)


「……!くそっ…そうか
(中略)メロがニアに代わっただけだ… やってしまえ」
この悪鬼のような顔。
しかもス○ッピング(?)宣言。
君は確実に、ジャンプの主人公失格だよ。

「協力してくれませんか?」
するとも。ああ協力するとも!!!
このニア、普通に可愛くないですか。
うぅんかーわーいーいー(悶絶)
協力するからさ、おねぃさんについておいで?(犯罪者)
可愛い…可愛いよぅ…
拡大コピーして枕元に貼って見つめながら眠りにつきたいよぅ…(病気)

「見よ この民衆の力!正義の力!!」
「出てこいーーーー」
「ドアをぶち壊せー」
滑稽過ぎて涙が止まらない!(マジで・泣)

今夜世界は僕たちのためにある
前途洋洋な明るい明日が見える

やんややんやとTシャツで飛び出した
でもやんややんやと窓の外はどしゃぶり…

(GLAYのI'm yours歌いながらフェードアウト)

なんか由貴香織里の「天使禁猟区」の最後の方を思い出す。
展開も絵も。

この大勢のキラ信者から逃れる道は!?
次号、「掃除」!!
そうじ…大事だよね掃除は。

■デスノート 10巻
DEATH NOTE (10)DEATH NOTE (10)
(2006/02/03)
大場 つぐみ小畑 健

商品詳細を見る

表紙
さすがに照は出ませんでしたね。あいつ(友達か)もう出ずっぱりなのに。
帯をちょっと上にあげると、ニアメロに目隠しができます。(心底どうでもいい情報)
んでまた帯の裏に画集の注文書つけて!使いにくい!
まぁジャンプよりコピーしやすくなったからいいですけど。

本編
神の女ったらしぶり、魅上のイタイ下僕電車男っぷり、ニアの罵詈雑言、
回想Lたんの可愛さ、マトメロの仲良しっぷり、模木さんのかっこよさ、
伊出さんの恋愛観(?)、松田のばか、リュークのペット模様、
出目川のSAIGO(なぜローマ字)、高田の女王気取り、
ミサミサのむっちりバデー、などなど見どころ満載です!
今ならもれなく画集詳細の載ったチラシ付き!
今が買いだよお客さん!(なんの回し者だ)

page80 「掃除」
「キラを支援する同士諸君 (中略)
キラの代弁者であるこの出目川の指示に従い
じわじわと確実に追いつめ奴等をカメラの前へ曝け出しキラに捧げるのです」
…何故またのっけから出目川の会心の笑みを見らなばならんのか。
楽しそうやなぁあんさん。

「ニア とにかく今はそこから逃げる事を」
「よく言いますね キラのくせに」
うわ言っちゃった!!(笑)
「キラのくせに」とか言っちゃった!!
天下のキラ様に!!
しかもそのスズメみたいな口で!!(笑)
すがすがしいなぁー!!

ゆってやれ!もっとゆってやれ!
Vネックのくせに、とか、
カツラのくせに、とか
変なポーズとるくせに、とか
ホモのくせに、とか
ガンガンゆってやれニア!!
(うるさい)

「…………も…もし本当に今のL 月くんがキラだとしたら…(以下略)」
Lたん
久しぶりにLたんがいるよ☆
相沢、顔でかいよ☆
モノローグ、多いよ☆
てか、どけよ☆
もっと大々的に思い出せよ!!(逆ギレ)
(そろそろLたん禁断症状が…)

「全く馬鹿な人達だ ……………」
「さらに どうしようもない人間です」
「この騒動を楽しんでいる馬鹿 この馬鹿の中には」
「下で暴れているのは自分が楽しければいい自己中です」
あくまでも敬語なのに
こんだけこきおろせるニアがたまりません(笑)。
「このゲスが」とか見下げられたい…(病)

「金だ!!」
「金だーっ!!」
「うわーーっ
だーーっ!!」
(!? 金? ……)
なにこれ!
これ私が2か月にいっぺんくらいの割合で夢見てた光景じゃないですか!!
(私は空から金が降り注がんやろかと年に6回ほどのたまう人間です)

「パ パイロット
あの金の出ている階の方へ行けーーーっ」
なんか、お前好きだ。(笑)
たった今好きになった。
そこまでまっすぐ腐った人間、なかなかいないよ!!

「ったく人間って面白いな…
まぁあれがリンゴに替えられるんだからわかる気もするけど…」
うわぁ。
リュー君の中では「リンゴ>金」なんだね!!(笑)
かわいいなぁ。

「………… そうですね… 模木さんが助かればそれで…」
(ちくしょう!! ……)
「一千万ドルくらいかな~」
「リンゴ何個?」
全てがバラバラ。(笑)。
1コマでよくもここまで…

「松田は 何も考えていない…」
ついに言われた!!(笑)
いや今回みんなが毒舌で楽しいよ!!

「あれだけの事を私が言い これだけの事が起こり
誰一人 二代目Lを疑わないはずがありません
それでは幼稚園児以下です 」

ニアにこきおろされたところで、今回はお開き。
また来週のお楽しみです。

次号、「通告」!!
「夜神月は、イボヂである!」(それは痛告)

page81 「通告」 
なんかもう全てが、
ホモくさい。

伊出さんは相沢にメロメロ。
月は美形を愛人候補に選出。
ニアは電話をおつきの男に持たせる。

ホモじゃなくてなんだというんですか。

ジャンプ開いたらあの美形が火つけてる場面にいきなりあたり、
ぶほっと吹きましたがね。(本当)
キタ!なんかジャストミートなのキタ!とね。
小畑神の絵であんなん描かれたらイチコロですよ。
月もイチコロだな。
でもまぁ愛人どまりですね。
月の本命はLたんですしね。




…腐女子ですが、何か?

■追記
魅上照妄想
いややっぱ腐女子としてこの人に食いつかないわけにいかないでしょう?(訊かれても)
ってことでWJ44号から妄想してみます。
ヤツが本格始動する前に!

■私に与えられたおかず
魅上 照データ
・神に選ばれし者
・27歳
・男
・検事
・京都出身
・京大法学部卒
・尊敬する人:チャーチル(フルネームで書くほど)
・キラは神
・高層マンションにお住まい
・たばこ
・小指
・神からの文書(推定)を燃やす
・デスノートを手にする
・黒髪美形

■ごはん
もぐもぐもぐm(味わい)………ガツガツガツ!(修羅のごとき勢い)

…ハァハァ。なんておいしいおかずなんだ!
ごはん何杯でもいけますね!

ジャンプ開いたとたん、彼と目が合いました。
キタ!と思いました。
吹きました。
運命の出会いかと思いました。
誘惑されました。

いやぁ。
神、明らかに顔で選びましたね。
愛人候補だね。本命はLたんだから。(しつこい)
黒髪好きなんだね☆

しかも「言いなりにならなければ殺す」
熱烈ラブレターを送りつけましたね。
キラ様、襲い受け?(黙れ)

27歳×23歳かぁ。
ぜひスーツで!
ぜひスーツで絡んでください!


検事。高層マンション。京言葉。
新境地のプレイがくりひろげられることうけあい!受け愛!(病気)

たばこ。小指。燃やす。
たぶんヤツはネチこい鬼畜だよ!
月きゅんピーンチ!
Lたん、早く助けに来ないと4年間ギリで無事だった月きゅんの貞操が!

…とかゆうのを差し引いても、彼の登場が
Lたん復活の伏線になるような気がしてならないんですが。

てか初期Lかと思ったんですよ。見た瞬間。
しかもイギリスのかほりがするし。

Lたん側の人間じゃないかなぁ。
んでいろいろかきまわして盛り上げて
「よくやってくれました照」(でも月くんは渡しません)とか言って
Lたんが帰ってくるための道を作ってくれるんじゃないかと。
むしろ作れと。
照りん、ガンバ☆

…自分が大概キモイです。

page82 「自分」 
「………… 夜神月がキラ…(以下略)」
LたんおっきいLたんがいるよ
相沢さん、邪魔だYO☆
月とLたんの間に入るんじゃありませんよ!

「膨らむ疑惑…!! (アオリ)」
「膨らむ股間…!!」とか妄想アオリに変換して爆笑ですよ。
(親は泣くよ)

「SPKのジェバンニです」
前から気になっていましたが、彼はニアに惚れてますよね。(断定)
しかもたぶんニアに進んでいじめられたいとか思ってますよね。(決め付け)

「入れて下さい」
なんかニアがどきどきワーズを発しました。
…君は攻かと思っていたよ。勘違いか。ごめんね。
(他の事に全力で謝れ)


そしてこのあとニアが、ニアが待望のお言葉を!!

「私やメロにとってLは憧れでもあり 尊敬に値する唯一の人間
Lはワイミーズハウスの者全ての目標だった
その尊敬し目標とするLが キラに殺されたのは明らか…
どんな手を使ってでも捕まえたい…
当たり前の感情だと思いませんか?」
嗚呼…
なんかもうどこをとっていいかわからず全部載せてしまうほど
一言一言が感慨深いよ。
…はぁ。Lはやっぱ、偉大だなぁ。
ニアにこんだけ言わせる人間なんか、世界中にひとりしかいないよ。
…早く帰ってきて…(泣)

「あのLが監禁した時点で決まりですけどね…」
ニアLかと言うくらい、今回やたらその愛を語りますねニア。
鼻血ふくからやめてくれ。

「聞くだけ聞いて『もう帰れ』か?…………」
「だから 貴重な話ありがとうございましたと言ってるじゃないですか 」
このニアのひとでなしっぷりが大好きです(笑)。


んでラスト。
「今私がキラだと思っているのは 夜 神 月
こいつなら日本捜査本部に協力し
今 Lになっている事も不自然じゃない
決まりです」
「こいつ」呼ばわり!!(笑)
いや「こいつぅ!」(おでこコツン☆)とか楽しい妄想が浮かびますね…
って、それはまぁいいとして。
ついにバレたーーー!!
あっはっはっは。
追い詰められた月きゅん、ニア様の攻めに陥落寸前!!
わーどうしよ、愉しいなぁ!
最近月を追い詰めるの愉しいんだよなぁ!
だって追い詰められた月って色っぽ(略)
でもキラ顔全開で「計画通り」とかぶっさいくな顔する月も見たい。
さぁどうなるでしょうねー。


次号、作者取材の為、休載。
思わぬ放置プレイ。
つぐみ、焦らし上手だわ!
恐ろしい子!

次回、「削除」!!
んと、何かを消すんだとおもう!
(ばかっぽい予想)

page83 「削除」
「ガロッ」
メロの車が止まる音、おかしくないですか。

「ハルが俺に あの二人を放す場所等を教えてきた事を(以下略)」
メロ…自分で運転してる!(驚)
女王だから(言い切り)後ろで扇子パタパタしてるかと思ってた。

「その後も月くんのほうは監視し続けるつもりだ 」
「私も交代で月くんを見張ります」
THE☆監視好き・捜査本部。
月きゅんの監視ビデオは高く売れそうですしね!(何の話だ)

「ブーッ」
このブザー、乳首みたいですね。

「ライト キラ捜査で全然帰ってこないから暇で暇で」
月もいないのに君はいったい何を目的としてそんな服を…って、
「この格好でノートを身に付けているという事はないな・・いや 不可能だ・・」
そう思わせるためですか?
…知能犯?

「マットここは頼む 俺はあいつの方を」
っていうか、マットって誰。
わからん。出てきましたか今まで。
何でいきなりメロとビジュアル系をはじめたんですか。
凍えるメロ→俺んとこ来ないか→ワンナイトカーニバル(乗り物はバイクだけじゃないんだぜ)、
ってことですかね。

「完成予想図」
痛 々 し い。

「酷い・・」
照りんがしゃべった!
おお、ちょっと低めのセクシーボイスだね!(※妄想)
しかもリュー君従えてる…可愛い…(リュー君が)

「キラが私にノートを託したのはそれなりにわけが・・・・・・・
ここしばらく キラは自分で悪の裁きはしていない・・
それは裁けない状況下にあるという事か?
なんか思考の展開がLたんそっくり…
しかも一人称が「私」… そのうえ「てる」と「える」…
これはまさにLたん復活の道!!!(何もかもをこじつける)

「・・・・・・キラの胸中・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ほら、「が…ま…」の回のタイトル、「胸中」だったじゃない!
それがここにリンクして、さらにLたん復活にリンクするんですよ!

「死神」
「?・・・・・はい」
ここから読み取れること
・照りんはリュー君を「死神」と呼ぶ。(そのまんま)
・リュー君は可愛い。

「いい目を貰った 名前のわからぬ奴 偽名の奴も確実に裁ける」
予想される展開
・照りんは死神と取引したらしい。
・老い先短い 。
・月はやたら接触したがるが、愛人生活時間は限られる。
・Lたんが戻ってこないと月の相手がいなくなる。
・Lたん復活。
・第三部「Lキラハネムーン編」スタート。


「・・・しかし・・僕の指示なしに こいつらを殺す行動を選択できるという度量は・・」
うぅん。髪型も月きゅんっぽい気がしてきたし、
これはもしや、魅上VS月の
「ナルシスト対決」もとい
「Lたんの愛争奪戦」もとい
「新世界の神の座争奪戦」に発展するかもしれませんね。
てかいっそ全部盛り込んでくれたら狂喜ですつぐみ様。

魅上は月の手助けとなるか!?それとも・・!?
次号、「偶然」!!
予想
・大量のリンゴを紙袋に入れスーパーから帰る月。
・坂道で紙袋が破れ、大量のリンゴが転がる。
・リンゴを拾おうとする月の手に、誰かの手が重なる。
・「拾うの、手伝いますよ。」
・髪をゆらして微笑みかける照りん。
・ラブストーリーは突然に。

あの日あの時あの場所で君に会えなかったら~

偶然から始まる恋。そんな恋もあっていい、と。
(もはや何の話だ)
 
page84 「偶然」 
すみません、
爆笑しますた。
ああキタ!変態キタ!思い込み激しいヤツキタ!!(笑)
うわぁ照りん最悪だなぁ。おもしろいな、なんだこの人間…ぷふー!!
あっはっはっは。(涙目)
そんな感じで、感想いきまーーすv

新たなるノート所有者の少年時代とは…!?
「魅上照は平均的な日本人の大人達から見て (以下略)」
しかもほら、ショタから狙ってくる。
メガネとかマニア向けアイテム装備させてさ、ほんとこの漫画はタチ悪いよね。
(お前がタチ悪い)

彼は如何にして――――、
この悪の領域に辿り着いたのか――――。
おお。照りんホストみたい。今度は大人の色気で迫ってきますか。
ほんとこの漫画(以下略)
さっそく一巻引き寄せて月きゅんと比較してみましたけど
照りんの方が3センチくらい高いのかな?
Lたんはどんくらいなんかな。あのこ猫背だからようわからんな。
んでそれはまぁ胸に秘めといて、ジャンプのアオリ、
完全に「悪」って言い切りますよねいつも。いや実際そうなんですけど。

「正義感が強く 成績も優秀だった照は 小学校・中学校と常に学級委員を務める 」
ベッタベタ!(笑)
今回のこの説明口調がなんだか面白くて仕方ありません!(笑)ぷふー!

「どんな目に遭おうと 喜びさえ感じていたのだ 」
M疑惑発生。
私、照りんはネチっこい鬼畜エロだと思ってたんですが、
もしや下かもしれません。(何の話だ)

「照(中略)への暴行を強要」
エロ餌食にされちゃった!わぁやっぱ君、下で!

「時には木に吊るされ 時には裸にされ 皆の嘲笑の的とされた」
何だコレ(笑)。
ここまで描写する必要あるんですか?
いや私には必要ですけどね。
てか木に吊るされたんだ…剥かれたんだ…しかも高笑いされたんだ…!
いったいどんなプレイをォ!緊縛Sえ(以下略)←ほぼ言ってるから

「優秀な成績で 高校・大学と進学していく照」
なんか電車男みたいなんですけどこの人!(笑)
んでキラ様がエルメスか。
「めしどこかたのむ」…あ、言いそう、照りん(笑)。似合う似合う。

「神が舞い降りた 」
あなたは太陽のコマチ、エーンジェール!
くらいの輝き、照りん(笑)。恋に落ちました。

「神は認めるだけにとどまらず 神の力を分け与えてくれた 」
ノートをかかげ、ひざまづいて喜ぶ照りん。
君、たぶんアホだね(笑)。

「ならば 神は今 手休めをしている様だ
代わって私が死の裁きをくださなくてはならない 削除 削除」
たぶん、普段から独り言多いね。
目があぶねー…このあまりのイタさに、
何か…ゾクゾクしてきたよ。(笑)
歪んでしまった男…!!
魅上の裁きが続く中、それぞれの思惑は!?
次号、「当選」!!
照りんはさ、きっと必死に観覧希望のハガキ書いてさ、
当選したら通知持ってひざまずいて喜んでたよね。イタイ子!(笑)

page85 「当選」
「モッチーまだぁ~~?」
「はい ただいま」
モッチー、料理できすぎやろ。

「この天然の馬鹿女が」
メロ、容赦ないですね。可愛いくせに。(?)

メロ「マット そっちはどうだ?」
マット「どうもこうもない」(中略)
「だったら代わってくれよ そっちの方が可愛い女の声を盗み聞きできるだけまだマシだ」
マットが気になって夜も眠れません。
いや寝てますけど。…隈ができてます。…Lたんとおそろいv
いやレポート仕上げてたせいで、マット関係ないんですが。
寝る前にデスノ2巻とかむりやり読んでLたん堪能してたのもあるんで
どっちかというとLたんのために隈が悪化したかな本望かなみたいな?
まぁそれはいいとして、マット、おいしいですね。
あの可愛いこ(メロ)と親しげで。親密で。密着で。情事で。(飛躍)

「黒と黒は混ざっても黒。しかし、確実に密度は増している」
照と月は交わってもエロ。しかし、確実に蜜度は増している。(跳躍)

「夜神月は2000年、2002年と二度事件解決へ導く
助言をしたとして警察から感謝状を貰っている」
えと、15歳と17歳のとき?(ちなみに私は月きゅんと同い年。むふふふ)
え、可愛いよね。あのころ、きっと可愛かったよね。(だからなんだ)
ぷふ、感謝状!しかもテニスやめた頃?わぁなんか過去が垣間見えた! 

「夜神月は入学試験をトップで通っているがもう一人(中略)
夜神月としばしば行動を共にしていた」
ふたりのなれそめを聞かされるニア様。
大学時代を懐古し夢を馳せる俺様。

「その流河早樹の写真はどこにも残されていない」
Lたんを写真に収めたらかなりレアですよね。
写真集出したら売れるのにね!買うのにね!(やばい)
 
「弥海砂はともかく夜神月はキラだ」
ニアの月きゅんへの執着(愛)はともかく、
ひどいよね、その人形。

「13日の嘘ルールで二人は潔白と判断せざるを得ないとLにさえ思わせ・・
それに乗じてLを・・
夜神月・・キラはLの上を行き負かした・・その現実を認めなければ殺られる・・・ 」
ニアの、唯一Lを尊敬してる感じが大好きです。
ワイミーズハウス時代のニアメロとLの話、読みたいなぁ。

「陰でのLの支援者も減っているのもたしかです・・ 
悔しいがどんどん世界はキラの思い通りに動いていると認めざるを得ない」
女優だな君。(・・・・・)

「私は月くんが自分がキラだということを(以下略)」
上目づかいのLたんvLたん回想には食いつくぜ。
アフロ、よくLたんを思い出すから好きだ。
このページ、なにげにLたんとニアと月きゅんと照りんが一緒にいますね。
…むふふっv

ちょっと疲れたんで、以下ピンポイントで。
照りん。
イタっ。
清楚高田。
別にいらない☆

次号、「日本」!!
………Lたんを観光案内☆編!
…苦しい…
 
page86 「日本」 
高田「キラはどんな小さな犯罪も許しません(以下略)」
なんでそんなムチムチな服を…
月きゅんに関わる人間はなんか服がツッコみたくなる感じです。

「何度か事件を通して会い 意気投合し個人的に話もしたが 」
髪型ぺっしょり&イタイ子同盟が組まれた模様。

「キラを倒す・・・その為だけに生存する者。戻ろうとは思わない。 」
メロ
君はおしゃれさんだねv
相変わらずものっそ貞操観念しっかりした、ガードのカタイ服だねっ。
エロイエロイ☆ エライエライ☆
 
「彼女を調べていけば 僕との関係に辿り着くだろう
いや 過去 竜崎が大学に来たり ミサを調べてたくらいだ 」
やっぱこう、Lたんも月きゅんにむらがる人間は気になってたようですね。

相沢「月くん ちょっと摸木と買出しに行ってくる 何か欲しい物は?」
「Lたんをお持ち帰りで」。

「今 動くなら こんな女を相手にするより L・・・夜神月の方・・・」
メロにまで狙われる月きゅん。
ってか、ほんといろいろミサに対する扱いひどいよ君ら。
まぁいいけど。(オイ)

ピピピ
メロ「どうした マット」
鳴ってから電話とるなり「マット」という認識。
これは運命の赤い糸電話かもしれない。(何それ)

メロ「……わかった とにかく目を離すな」
「……わかった とにかく俺から目を離すな」 。
いっきにメロドラマ。
(半端にシャレまじり)

「あのNHNの高田は当時弥以外に月くんの彼女とされていた女性です」
最低だね。
「高田清美というアナウンサーは僕の大学の同期でかなり親しくしていた仲なんです」
うすらサムイ。
「僕が会って欲しいと言えば 必ず会ってくれます」
黙れナルシスト。
(※全て神に対する最大級の賛辞です)

「キラの代弁者が かつて夜神月と親しくしていた者・・・(以下略)」
アヒル
ニア可愛いななんか。遊んであげたい☆★(いらん)   

「ただの馬鹿って事ですね」
ニア様健在★
最近ニア様の吐き捨てる様子がたまりません。

「夜神くん?」
ホホ染めんな清楚高田ぁ~。
だまされんな清楚高田ぁ~。
あいつはLたんと24時間耐久手錠プレイをした男だぞ。
(問題はそこか)

「ふっ 女なんて簡単なもんだ」
うわぁ!最低だ!この男、清々しいほど最低だ!
いかん。このイタさが面白すぎる(笑)。

月、魅上を求め(中略)接近!!
次号、「明日」!!
明日は、二人の愛が生まれた日、と。
その時に運命は始まるの、と。

page87 「明日」 
「突然電話して頼みごとなんて不躾だ 謝るよ…」
てかまずそのアホ顔、読者に謝りなよ。
思わずコンビニで吹いたじゃないすか。
不躾だよ!(笑)

「高田は自尊心が高い そこをくすぐれば簡単だ」
なんか流し目でのたまっておられますが…
そうそううまくいくんですか?
…いってますねorz

「組み立てては分解する。それが玩具。そして、知性の根源。」
ダボダボのシャツを着たニア様が上目遣いで扉に!
しかもこれ、確実にノーパンですよね。
いいんですか?シャツで見えるか見えないかのチラリズムを、少年誌で提供していいんですか?
そのサービス精神に、私の脳はピンク一色です。

「僕なんかが二人きりで話したいと申し出てもやはり無理かな?」
「そこに運命を感じずにいられない」
黙ればか。
「僕なんか」とか微塵も思ってないくせに!
「運命」とか使い回しのくせに!
…しかもリュー君にまでツッコまれてるし!(笑)

「何やってるマット 模木がLAの空港にいるぞ」
「くそっやられた!」
ウカツな男、マット。(笑)
あっさりモッチーにまかれてやんの!
やーいヘタレポンチー!(ひどい言い草)
ってかモッチー、すごい(笑)。さりげにつぐみに愛されてますな。

「(前略)おまえも後から来い」
「えっ(中略)本気かよ…」(照)
おお。亭主関白なメロ!
やっぱこう、いつもニアに振り回されてることへの悶々を解消したいのかな。
「メロ×マット」か…新境地だな…(お前の脳は芯狂地)

「魅上…信じられない程のペースで裁きを…よくやっている…」
照りん、イタさに拍車かかってるみたいですね。
悪意なしに犯罪を犯してしまった人へも範囲を広げたようで、神に気がかりを覚えさせる照りん。
こわー…。ヤツの動向から目が離せませんね。
今後は怠け者をも裁くらしいし…うっ(心臓麻痺)

「はい高田様」
護衛に囲まれ高飛車女王気取りの高田女史。
あなたもイタさでは月きゅんと立派に張りますね。


「高田さん逢いたかった」
お前は城崎仁(※)か。
※年収一億円超のカリスマホスト。現在は芸能界に転身。金曜「Dのゲキジョー」にてその手練手管で様々な層の女を陥落させている。クサイせりふ、目からビーム、キザなポージングを得意とする。
夜景のキレイなスイートルームだしさ。
あー…高田女史、目ぇキラキラしてるよ(笑)。
ほんとになんなんだこの漫画…!(笑)
せめて伊出さんはそのままでいなよ(笑)。

「高田が身も心も僕に落ちるのは時間の問題」
…別に身は落とさなくてもいいんじゃないですか?(笑)
さらっと問題発言するなこいつは…(笑)

「月の手練手管に高田陥落寸前!!」
「月の助言を受けた高田がテレビで!?次号、『会話』!!」
…高田女史、脱ぐんじゃ…!(笑)
しかもテレビで!(笑)(なんで)
「会話」か…ついに月きゅんが照りんとTV越しに話すのかな?(いきなりまともな予想)

page88 「会話」
「魅上(おまえ)のやり方は 罪を許さない ただそれだけ…」
「魅上」と書いて「おまえ」と読む。会話前から下僕扱い。さすが神!

「この馬鹿女…」
ニア様、相変わらず直球です。すてき。

「バッ」
高田女史に抱き付く神。まんざらでもない高田女史。うろたえる伊出さん。
伊出さん、すてき。

はい。では今回のメインイベント。
「あなたが神か?」
「はい」

つ、ついに照月のきゃいわ!!(言えてない)
しかも照りん、イタ過ぎる第一声!!(笑)
君のイタさは天下一品だよ!!(褒め言葉)
んでキラ様、「はい」って(笑)。
や、まあそう言うしかないのかな、うん。
照りんもほとばしる感動のあまり「キラ!!神!!」とかカタコトになってるし!(笑)
神だと確信できるやいなや、やっばい形相で立ち上がるし!(笑)
あげくの果てに
「神の召すままに」とか言い出すし!!(爆笑)
神のお言葉は直立して胸に手を当てながら聞いてるし!(笑)
この下僕っぷりから察するに、
照りん、神が「脱げ」って言ったら脱ぎますよね…
神、ここは試しに言ってみるべきじゃないですか?(なんで)

「いいかい清美 僕がキラなんだ」
もう清美呼ばわり(笑)。
清楚高田、抱き締められたり名前呼ばれたり秘密ばらされたりで神に完全KOされますた。

「僕はその新世界の神に 君は女神になるんだ」
相変わらず調子のいい、もはやホストですら言わないよというセリフを吐き出す神ですが、問題は清美です。
(もう清美呼ばわりか・笑)
この女、さりげにちらりと脱いでますぜ、ダンナ。(誰)
やった先週の予想的中!!(笑)
(「照月の会話」「高田が脱ぐ」との予想・笑)
やー、まあ、コートをはらりとしただけなんですが、下に着てんのノースリーブだったし。
ってか「神はVネック、高田はノースリーブ、照りんはイタイ」っていう設定なのかな?
(照りんだけ焦点が違うんですけど)


そんなわけで。
次号、「同心」。
そしてなんと!
連載2周年記念、巻頭カラー!!!
キター!!(゜∀゜)
ジャンプ買い始めて4か月!やっと!やっとキタよデスノ巻頭!!
長かったよー(ノ∀`)・゜・。
しかもタイトル「同心」てことは、カラーに描かれるのは!!
照月!?照×月!?照りん&月きゅん!?神&下僕!?(うるさい)
そんなハレンチな!!(?)
袋とじにする気ですか!?(なんで)
ど、どうするんですか!に、2冊買うべきですか!?
ってかみんなも買ったらいいよ!むしろ買いなよ!!

■デスノート 11巻
DEATH NOTE (11)DEATH NOTE (11)
(2006/05/02)
大場 つぐみ小畑 健

商品詳細を見る


page89 「同心」
表紙&巻頭カラー…!!!
嗚呼本望です…殉職です…(?)
これはじゃんじゃんいじりまくらねばな!!ふはははは!!
やったよパソくん復活後初の感想が巻頭カラーだよ☆
これは運命ですよ、逃れられないデスティニーですよ!!
私にこんなにふんだんに妄想素材を与えたことを後悔するがいいさぁ!!


…うっ(心臓に異変)


い、いかん神の裁きが下る前に書ききろう…


表紙
神がリーマンスタイルで誘惑してきます。
やっぱこう、高みから見下したいからか、鼻の穴見える構図が多いですね神。
そんなにかっちり着なくていいのになー。
ネクタイ緩めつつはらりとすればいいのになー。
Vネックかかっちりかなんでしょうか神。
あとメロの腕が気になります。
二の腕に触りたいです。ほっそいけど詰まってそうでいいですね。

年賀状
もちを食べるLたん…!!!と月きゅん…!!(←つけたし・笑)
あああああああああああ!!(落ち着け)
か、可愛い……!!なんか一生懸命食いついてる…!!(笑)
ああ一緒にお正月!!一緒にお正月!!(なぜ繰り返す)
よし、そういう方向で脳内設定修正しとくね☆(イタすぎる)

本編

ニア「ここまでくれば 私も日本か・・・」   
YOU、日本に行きたくてしょうがないって言っちゃいなよ☆
メロと月きゅんに会いたくてしょうがないって言っちゃいなよ☆
東京タワーとなんちゃってゴジラで遊んでないでさ☆
しかし遊んでるコマのニアは可愛いな。

んで見開きカラー。
誰も脱いでない…!!(妙な期待あえなく玉砕)
ちぇ、袋とじなみのグラビアかと思ってたのに…(ありえない)
っていう冗談はさておき(冗談です、冗談ですとも)、
照りん、神のお隣をゲット!!
よかったネ!でもやっぱ服はかっちり着るんだね!!
んで特製しおりセットぷれぜんと!
裏には各キャラの名台詞入りらしいよ!!
んー、予想としては
 神:またテニスしたいね
 Lたん:月くんは私の初めての友達ですから
 メロ:復讐という動機は厄介だからな
 ニア:メロの言いなりになりましょう
でしょうかね。うーん名場面ばかりですね。

ニア「私は一人で飛行機に乗る手続き等をした事が ありません
一度 戻ってもらい 一緒に日本へ」
レスター「・・・・・・・・・ わかった・・・」
世話の焼ける子…!!(笑)
ってかレスターさん、ポストワタリなキャラなんですね。(微笑)
Lたんもワタリがいないと生活できない子だったのかなー。
「ワタリ、ケーキがありません」とかいちいち…!くぅ!可愛い!(結局それか)
ワイミーズハウスの教育方針、何かがかっぽり抜けてそうです(笑)。

『弥海砂!! NHN紅白で復帰 司会は高田アナに決定!!』
ん、このタイミングで復帰。普通にあやしいだろ。歌手じゃないですよね。
まぁ夜神月をめぐる痴情のもつれくらい、バレバレでも問題ないかな!
ってかこえーよ神。この二人を同じ舞台に立たすのかよ。

ニア「私は キラを捕まえるべく 今 日本に居ます」
早っ!
てか連れてきてもらったくせに(笑)。

ニア「上等だ…L…夜神月 いや キラ・・・」
月「わかるか ニア… 『夜神月がキラ』おまえがいくらそうほざいた所で」
ガラ悪っ。(笑)
まぁ腹黒いからねー。あはは。こんな黒くていいんですかジャンプ。

「捜査員をわざと教え かかってこいと…僕と全く同じ事を…」   
ニアと月、どちらも使える駒を教えた上での腹の探りあい…というか腹もわかってる上で押さえにかかるようです。
ははーん。ははーん。おもしろいのぅ。

ニア「その時 キラとの決着を 必ず」
月 「そうですね」
またぶっさいくなキラ顔してますよ、神(笑)。
この顔おさえればキラ逮捕ですよ。

ニア「もう世界はキラと今存在しているノートを始末する事でしか元に戻れないでしょう
   キラとノートをこの世から消せば我々の勝ち 私達が死ねばキラの勝ちです」
うーん。うん。佳境な感じがするよ。

ニア「この戦いはもはや・・・いや最初から逮捕などは決着とは関係なく
   世の中の法というものさしでは計れない・・・
   1対1の・・・どちらが上かを証明するだけの戦いだったんです」

ここはひっかかるかなぁ。「上」とかいう問題かなぁ。
命がけでキラの存在について追求して下さいよ。
まぁそういう意味かもしんないけど、「上」という表現が気になるなぁ。
なんかエゴみたいで。「正義」の方がよかったな。

月「考えてみれば あの時からこれはLとの1対1の戦い・・・
  そしてLがLの息のかかった者に成り代わっただけ・・・ 」

ああLたん可愛い!!
…はまぁ置いといて、『DEATH NOTE』は、
「二人の選ばれし者の壮絶な戦い」(第一話参照)なんでしょう?
「二人の選ばれし者」って「Lと月」でしょう?
それに成り代わるってのが納得いかないんで、早くLたん出して下さい。
ぜひ。ぜひ。っつかもう、そこにかけるしかないんだよな、Lたん復活…うぅ。
今回年賀状とこのコマで大盤振る舞いでいいですが、
これがLたん復活への伏線にならないものかといまだ言い続けております。
うぅ…Lたん…!あきらめてたまるかぁー!


はい。Lたんへの愛を再確認して、次回予告。
「二人、出会う時が決着の時・・・!!物語は其処へ 進んでいく・・・!!
ニア・・・月・・・それぞれが目指すのは・・・!?」 
次号、「予告」!!

えぇーーーー!
予告が「予告」!!むずかしい!(馬鹿だろお前)
んーと、きっと「竜崎復活編」の予告ですよ!お楽しみに!!

…うぅっ(心臓麻痺)(もとい息切れ)

page90 「予告」
今回はピンポイント感想で。

・1pの神のブサイクさがたまらない。

・っていうかニアぁあぁあああああ!!
お前今回えらく可愛いな!「Lが次の者に 託した意味がない」
ってもう、ニアぁあぁあああああ!!
ニア、なんかけなげだな…うぅ。う、うぅ。早くLたん…!(泣)
くそ、あとニアのへばったポーズがたまらん!

・回想のLたんが眼光鋭くてうっかりかっこいい…ぽっ。

・清美とホスト夜神の乳繰り合いはもういいです。

・魅上さんのイタさ健在でうれしいかぎりですが、自室でそんな黒いテロテロのシャツって…。

・次回休載。いじめ。悶絶。

・しかも4・5合併号で「停止」。なんか不吉な…。連載やめないでね?

page91 「停止」 
「今日の高田様」
さくらTVのヤケ番組。
キラ王国の後番らしい。相変わらずイタイセンス☆
んでリドナーが高様の護衛につくらしい。…護衛のほうがびじん…。

「ニアの様に同時に幾つもの映像と音声を観る」
すごいニア…やっぱ人間離れ…!

「まああなた達の意見を聞いたところで参考程度ですので」
こいつ自分で訊いといて…(笑)
レスターしゃんも大変だね!でもこんだけ痛烈だとかえってたまんないね!

「なんでミサがトリじゃないのよ」
さすがに紅白のトリは無理だろ。
もっちーの「大御所というものが…」という説得はリアルで面白かった(笑)。

「フッ…」
高様、ミサミサを鼻で笑いました。
この女、滑稽ですね☆ってか君、ふっつーにキライ☆
たてついたミサミサを護衛のリドナーがしとめたシーンは、なかなかおいしかったです。
ミサミサのむちむちバデーとリドナーの冷たい目がたまりません。(変態目線)

「馬鹿まる出し」
高田にはやたら毒を吐くニア様(笑)。

「魅上照…」
ニア様、もうキラのしもべが誰なのか気づきました。
このニア様、やたら童顔でもはやショタにはたまらないレベルかと思うんですけど、大丈夫でしょうか。
変態の心をかきみだしたりしていないでしょうか。心配です。
なんかシャツだけ着てるっぽく見えてチラリズムだし。心配です。

page92  「夜」 
高田のSP・リドナー大人気!
いやぁあの乳と顔ならねぇ…げへへへ(きもい)
金髪巨乳バンザイ!!

ミサミサと高田女史(リドナーつき)が密会!!
何その展開!(笑)
あのアホ顔の神(※褒めています、愛です)をめぐって静かな(?)火花が…
「彼が甘えん坊」とのミサミサのとんでもない発言がありましたが…
や、まぁ高田に対抗して言ってみただけなんですが。
うぅん。夜神月が甘えん坊…!ぷ!似合わない感いっぱい☆
でも高校生の頃のキラキラ感で(…キラ・キラ感…)
「コンソメ…」とか甘えられたら(絶対に無い)、店のポテチ全部買い占めて餌付けしたいです。

照りんに尾行が付いたっ
Xキラとしてニアたんにマークされてるあのイタイ子は、ちゃんと検事の仕事もしてるようです。
んで尾行に気付かず暮らしてるイタ子(イタコ…)、電車でおっさんに絡まれる女の子を発見。
正義を突っ走る男魅上照、すかさずデスノートを取り出し、
おっさん「削除」しやがったーーーー!!
ばっちり尾行ついたまま!!ニアに筒抜けー!!
ばかだろお前!!
「大胆な行動」どころか、完全にアホじゃないですか!
そんくらい普通に助けろばか!
しかもまたこんなとこで終わるしー!きぃ!

次回、「決定」!!
あれ「逮捕ケッテーイ☆」な気がするんですけど、あのおばかでイタイ子は大丈夫なんでしょうか…
せっかく月きゅんの愛人の座をゲットしたのに、もったいない!!
っていうかいっそ「Lたん降臨、ケッテイ☆☆」ならいいんですけどネ!

page93 「決定」
・ニアが「魅上」って漢字で書けてた。
日本に行くのもレスターさんに連れてってもらったのに、漢字練習はしたんだね☆
・ウスラ寒い新婚(風)風景
あのアホ(※愛ある呼び方)は、順調に高田女史をたぶらかしています。
まっつんと大恋愛したこと無い人(名前忘れた)が騒いででおもしろかったです。
・「あの死神、ノートを渡したきり現われやしない…」
電車男魅上、独り言で爆弾発言!!
この男、実はアホなのだろうか…
これでリュークは照んとこにはいないとニアたんにバレました。
・次号、「外」!!
…映画の、ロケ模様とか…?…早いかさすがに。
また魅上がなんかやらかすんかなぁ…

page94 「外」  
・月×高田の筆談が髭(※)にバレる。(※…アフロから降格)
あのムサイ見た目の割りに、ダンナの浮気を探る妻のようなやり方で暴きましたね相沢さん(笑)。
・ニア様、捜査本部を蝿呼ばわり。
キラはLを継ぐものしか相手にしていない、自分しか彼を負かすことはできない、
お前らは蚊帳の外だと、そんなことをおっしゃっていたようです。
相変わらず容赦なくSな発言でステキですが、ついに呼ばわりですもんね。さすがにひどいですね。
「蚊帳の外」って、日本かぶれな表現ですが、英語だと「out of picture」らしいです。(トリビア)
でもちゃんと、捜査本部のフィギュアもありましたね。しかも似てた(笑)。
・次号、「納得」!!
んー、納得なんて程遠い漫画ですねv(微笑)

page95 「納得」 
・旱樹、大河ドラマを張るポジションに。
↑「流河」とは書かない乙女心。
こいつ、滝沢〇明のようなもんでしょうか。

・ミサミサ、ニアに拉致られ紅白ドタキャン。(死語?)
モッチーがニア側に付いたのと、紅白司会の高田への嫌がらせで拉致に従うミサ子。
かつての第二のキラとして「念の為に」押さえとくらしい。(ニア談)
しかし、ワイミーズハウスの子供たちは盗聴・監禁・手錠プレイ・
ハイジャック・爆破・拉致と、犯罪のオンパレードでございますね。(微笑)
ワタリ、あの仏のごとき笑みでいったいどんな教育を…

・次号、「一方」
「一方、メロは」ですかね。
日本入りはしてるはずですが、そういや何してんでしょうね。
マットとおこたで餅食ってるのかな。(適当言うな)

page96 「一方」 
・扉
美人な月きゅん。彼が画集で脱ぐに一票。(しつこい)
・ジェバンニ、照っち(誰)のストーカーに励む
魅上ん、イタイ子なのにジム通ってるらしいです。似合わねー。
でも律儀に毎週欠かさず行くのはテル子(誰)らしいですね。
ジェバンニ、後追いでジムの会員になって、ストーキング開始☆
照子(誰)のロッカーで衣服を盗…もとい、デスノートをさする。(それも変態くさい)
死神が見えないとニア子(誰)に報告。ニア子悦。
これは、照子のノートがフェイクだと確かめるためなんでしょうか。
しかし、あんなにジェバンニの鼻アングル多用されても…
・次号、「色々」!
ざっくりすぎてわかんねー!(笑)
色々…色々。(なに)ほんとメロ子(誰)とマト子(誰)は何してるんでしょうね。

page97 「色々」
成人式に粧裕たんっぽい人が…?
ニアの餅が可愛い…なんか重ねすぎてうん(ry)っぽくなってますが(笑)。

page98 「全員」
メロ、「高田様乗って下さい」って日本語ですよね。
…いかん。ここだけ抜粋すると変な響きに…;;
そういや対月のニアも日本語か。語学堪能ワイミーズ。

■デスノート 12巻
DEATH NOTE (12)DEATH NOTE (12)
(2006/07/04)
大場 つぐみ小畑 健

商品詳細を見る

①表紙
・Lたんをありがとうございます!ありがとうございます!!(二回)
・特殊印刷文字を記念に(?)撫でさすってたらちょうど神の乳あたりでセクハラになってしまいました。すみません神
・メロの二の腕(*´Д`)ハァハァ
・最終回でよくある主要キャラ勢ぞろいは大概無理やり感漂う構図になるものですが、やっぱ小畑画伯は神ですね
・各キャラが今までの表紙と同じポーズor服っぽくて、今までの総まとめ感が
・カバー色が二巻に似ているのはLたんへの愛(決め付け

・帯「物語は、終わる。」終わりじゃないもんー。・゚・(ノД`)ヽ
僕らの胸の中に永遠に行き続けるんだーー(まだ言う
・その裏の集英社の商魂について(略)
・カバー見返しの小畑神のお言葉は今後の展開を期待していいですか
(しかし常に期待を裏切る君たちにゾッコンLOVE)

②本編

page99 「二人」
マットの顔出しにきゅんとしたのもつかの間、
高田の護衛に囲まれたマットは、…。

やっと目立ちどころな役回りがきたのに、
キラの手によるものですらない、あっさり過ぎる最期でした。
タバコ咥えたまま、てのがマットらしくて、そこだけはよかったなと思いました。

ああそうだ、高田が脱ぐって前予想してたんですが、ついに当たりました。

ニアの、「メロを止めて下さい」ってセリフが、二回目読んで効いてきました。
ほんと、誰か、ていうかニアが、止めてあげてたらこうなりはしなかったのかなぁ。
…でもニアに止められたら、メロはますますムキになりそうですね。

メロ、最期は教会で、いつもはめてたロザリオが描かれてるのが、すごく切なかったです。
これはあれかなぁ、もう今の“神”はキラなんだから、キリストなんて…っていう暗示なんでしょうか。

メロが、高田の手によって、ってのも納得いきません。
そういえば、Lの時もレムが書いたんだから、月が直接裁きを下したわけじゃないんですよね。
ニアとは直接会うようなので、対決の結末がどうであれ、今度こそ月には自分でリスクを背負って欲しいです。

高田、好きじゃなかったけど、証拠もろとも焼身自殺させるなんて、
やっぱひどいです。

今回の急展開、メロとマット、高田の存在意義というのがあまりに扱いがひどくて正直納得いかないです。
page100で一気にカタつけたくてこんな展開にしたような気がしてならないんですが…

これは月(キラ)の行動に読者が反感を持つようにやったことだと思いたいです。
月の“正義”は間違っている、と、最終的なLMN側の逆転のための伏線だと思いたいです。

Lとメロたちのやったことが、ニアの行動に残って、
月の間違いを正すことができますように。
次回、ニアががんばってくれることを願います。

page100 「対面」
「ジェバンニ 間に合いますか?」
このときジェバンニは必死で内職をしてたんですね。
あえてLフィギュアを持ってくるニアが可愛いのか作者がニクイのか…
ホテルにいるミサはどうなったんだほんとに

「これから先もお前だけは目として残してやる」
これと顔で選んだ点を考えるとキラ様相当魅上ん寵愛してますね

「対面」というか「VS面」

page101 「誘導」
「ニア お前はLにはるかに劣る…おまえにLの面を着ける資格は無い」
もうなんか神どんだけLたん大好きなんだって感じですね。独・占・欲☆
そんな腐った視点を除いてもあのピュア月くんのLへの憧れってまだ残ってるんじゃないかなと思いました。
ニアも大好きだしいまだLの存在感が大きくて嬉しい限りです。
たぶん月にとってもニアメロにとってもいつまでも別格なんでしょうね。
最後の魅上んの変質者っぷりはさすがにうっすら引きました。
でも神見つけて喜ぶのがアホで可愛い(笑)。魅上ん27歳・神23歳ですよね。
うーんおいしい。
あとなんとなく寿命が数字が大きいほど早く死にそうな気が…

page102 「我慢」
ここで神が考えるニアの敗因がのちに勝因に変わりますね。


page103 「宣言」
「ニア 僕の勝ちだ」
思えばここから今回の夜神月は道を踏み外してますね。
自分はキラだ、と言わんばかりの発言です。
なぜこの段階で口走ったのか…まぁこのあと全滅するという自信があったんでしょうけど。

「か…神…わ…私は 仰せの通りに…」
こんの馬鹿犬!(※愛ある表現)
忠犬テル公はよかれと思って神に訴えますが、追い討ちです。
案の定神にものっそ舌打ちせんばかりの顔で見られてます。
その駄目っぷりにちょっと愛がはみ出ました。(ハミ?)
そして捕まるハチ…もといテル公。ついにキラ陣営が…!!

「罠だ これは罠だ」
取り乱す夜神月。今回デスノ史上最も人間らしい夜神月が見れたと思いました。

「僕は そんな奴は知らない」
取り乱しついでに照りんも否定する神。
うなだれてがっくりする魅上んに愛が芽生えた日。(日?)

「や…止め…」
これだけ書くとなんか色っぽいですが(腐りすぎ)、
ここまで取り乱す夜神月が見れるとは思わなかった…

「ジェバンニが一晩でやってくれました」
ここだけ書くとすごく色っぽいですが(腐敗済み)、
ここまで引っ張るキャラだとは思わなかったよジェバンニ…
っていうかノートまるごと模造って…すごくね?
てか普通に無理じゃね?そこだけ漫画的展開?
まぁこんだけ「論理」なのに根本「死神」ですからね。

「死神さん はじめまして ニアです」
「くく はじめまして リュークです」
「リューク…私は今日まで死神というのは顔がドクロで鎌を持っていると信じていましたよ」

ニアとリュークたんごたいめーん!…って、
か、可愛いvv
死神“さん”…!!リューク“です”…!!“信じていましたよ”…きゅんv
意外な組み合わせで萌えてしまった…くそ可愛いなおまーたちぃいー

「切り離したページに名前を書いても死ぬんですか?」
「ああ 死ぬな」

あっさり認めたーーーー!!
こんな一コマで認めていいことなのかいリューくん。
これで数々の夜神月の行動がひっくり返り…あんの上飼い主様はすごい形相です。
ここへ来て急展開っぷりに拍車がかかってますね。

「夜神月 あなたがキラです」

嗚呼…
ついに来ましたこの時が…!!
正直、これを見たときなんともいえず色々な感情がうずまく中、
「嬉しさ」がわりと比重が大きいことに気付き、自分でも意外でした。
なんというか、夜神月が好きで、その思想は間違っているとは思うけど貫いてほしいというか、
誰にもできない、その孤高なまでの姿勢がいっそ綺麗だと思って、
だからそれはそれで彼の目指す新世界を見守りたいという思いがあったわけです。

「キラ派」では無いにしろ「キラ否定派」でも無かったんです。

ああ、それで、これを見てこんなに嬉しいってことは、
自分は思ったよりずっとL派だったんだなと思いました。
最後の最後に勝つのはL陣営の方であってほしい、
とはずっと思ってはいたんですが、夜神月の敗北がこんなに嬉しいとは思わなかったなぁ。

Lを葬ったのは夜神月なわけで、その無念さを、
というかいっそその仇がやっととれたという思いが自分の中にあったのかとも思いました。
が、ここまで書いてふと思い当たったのですが、
“これで夜神月を止められる”、そのことが一番嬉しいのかもしれません。

孤独に、孤高に、策をめぐらし続けて、あらゆるものを犠牲にして、
新世界の創造に奔走し続けた彼を止めることができたのが、
それを止められたのがLの遺志が受け継がれたからだ、というのが嬉しいのかもしれません。

うん。たぶんそうです。
ずっと、夜神月を止めて欲しかった。痛々しかった。
Lがいたころはともかく、そのあとの堕ちる様に突き進む様が悲しい、というか寂しかった。

うーん。なんか長い上によくわかりませんが、とにかく、
Lたちのやってきたこと、
それによって夜神月を止めることができたことがすごく嬉しいんです。ハイ。

次回、「答」!!
「メロのおかげです」、ニアの口からすごく嬉しい言葉が出ましたね。
一番になれなかった、とずっと思ってただろうメロに聞かせてあげたい。
たぶんずっと、ニアはメロを認めてたよー。
あとニア、Lのことも言うように!(笑)
どんな答えを出すんでしょうね。やっぱり一番気になる漫画です、デスノートは。

page104 「答」
「左ページの1行目です」
これを複製したジェバンニはすごい…というかこれだけの名前を書いたアシさんがすごい。

「神は見張られ動けぬと…」
正直、ここらへんのネームが多すぎて頭はとうに追いつけませんが(言い切りやがった)、
魅上んが高田の名前を勝手に本物のノートに書き、
それが裏目に出たらしいというのはわかりました。(最低限)
しかし神が書いた時間と1分差の時間指定。
ほんとに神のやりたいことを読めるんだね。いいこいいこ。

傀儡にするにはにはあまりに優秀すぎたんですな。
自分で考え行動できてしまう…その点ミサとは正反対ですね。
よかれと思って行動する忠犬っぷりに涙がちょちょ切れる思いです。

「馬鹿が…」
必死に言い訳するテル子に、容赦ないお言葉。言いつけ守らない子はキライ☆な女王っぷり。
私は月のぶっさいくなキラ顔が大好きです。面白くてしょうがないです。

「はい 残念」
うーわこれイラッ☆とするなーー!!
神の心中お察しします、これはさぞニアが憎いでしょうね。

「ノートに名前を書かせることで直接だと…
………………………………………
俺がやるしかないな」

メロ…メロォオオオオオ!!
これはあれか、ニアにできないことを自分がすることで、
自分はどうなっても必ずキラを、夜神月を倒す結果になるんだと信じて、あとニアを信じて、
それであんな行動に出ていたのかメロ……!
いかん泣いてしまうではないか!

「メロはいつも 一番になる 私を越え Lを越す そう言っていましたが…
…………… 分かっていたんです 私はLを越せない事…
もしかしたら私は行動力に欠け メロは冷静さに欠ける…
つまり互いが互いの目標とする者を越せなくとも…」


「二人ならLに並べる

二人ならLを越せる」


号 泣 で す。
ああ、この言葉のために、Lの死という展開が、どうしても必要だったんですね…!!
今更、ほんと今更なんですが、どうしてもLの死を認めなければならないのだと
この言葉でようやく思い知りました。

これで、今までのLのやってきたこと、一部からの戦いを、
あれがあったから今こうしてキラを追い詰めることができたんだと、
Lの死は決して無駄では無かったのだと納得できそうな気がします。

というかまだどこかでLは戻ってきてくれると信じていたので、
これを言われるとああもう戻ってこないなぁ、と思わざるをえなくて泣いたわけですが。

でもよかった、これで今までが報われる気がする…
この場面のために今までの全てがあったと言っても過言では無いシーンですね。
よくやったよつぐみ…

「そして今 私たちはLが証拠を挙げられなかったキラに…Lが敗れたキラに…
確たる証拠を突き付けている!」

ニア、やっぱり、Lの死が悔しかったんだね…!
「ゲームは勝たなければただの敗者」なんて言ってたくせに…!
ここまでこの悔しさを抑えてたのか…
いや、でもそうだね、ずっと目標にしてたLをあんなに突然奪われて、
切り捨てられるような子じゃないもんね。

「そうだ 僕がキラだ」

最 終 回ですか?
この言葉を聞けるのはまだまだ先か、もしくな永遠に無いかと思っていたのですが…
それにしても「うぐーーー」とか言って変身なさったキラ様は、
まさに新世界の神でした。というか異世界の生き物でした。
ペットはケルベロス、とかそんな感じでした。
やべぇこれ、5月2日の画集発売までに何かが起きる。
タイミングがそんな感じだ。
でも10月の映画公開まで連載はあると思うんですが、それまでどうするんだこれ。
てか11巻も5月2日で魅上んが表紙らしいです。
それまでにこの畳み掛ける展開…やばい決着つける気かぁああー!

…終わらないでね?三部やってね?
でも夜神月以外の主人公なんて私の中で考えられないんですが…
やっぱりLたんが颯爽と戻ってきてさ、「夜神くん逃げましょう」とか言って
「第三部:Lキラハネムーン編」やったらいいと思うんだよね!(諦めろ)

次回、「無理」!
「無理」て(笑)。出だしから無理だよこの漫画。
うわー、「無理です、レインボーブリッジ閉鎖できませーん!」もとい、
「夜神月を止められませーん!」かなぁ。
月の時計に仕込まれてる切れ端が逆転の切り札だ、という意見も見かけますしね、
そもそもこれで終わるような夜神月ではジャンプで今まで生き残れませんってね。
(どっちの味方なのか)

page105 「無理」
「そうだ 僕がキラだ」
うーわ“キラ様”降臨してるよーー
何か乗り移ったかのようにイっちゃった目をする月が 面白くて たまりません☆

「ここで殺すか?」
嗚呼ヤバイ見下げられたい…!!
この狂気スレスレの、というかもう狂気に堕ちて下さいな目がたまりません。
Mです。ほっといてください。

「新世界の神だ」
ついに言い切った…!!
「新世界の神に“なる”」とかキラキラした目でのたまった 制服姿がそそった 月くん。
ついに宣言しました。この数年間でそう言っても過言では無いほどに世の中を変えたんだよなぁ。
それがいい方向だとも言えないけど、その信念と誘導の巧みさはすごいと思う。

「世の中が変わってくれば人間も変わってくる…優しくなれる…」
ここがなんか幼い表情なのが悲しい…
願った、根底のところは、結局誰もが夢見る世界なんでしょうね。「優しい世界」。
「それでも悪事を働くものは人間失格」がね、厳しいんですけど。それにしても
今回の夜神月のキラ/神/裕福な子供/アダルトのスイッチの切り替えっぷりにどっきどきです。

「本来人間は地球上で一番優れた生物として進化をしていかなければならない」
完全に神思考ですね。
ここで「神…!」とか思った私は照思考ですね。

「僕にしかできない 人を殺すのが犯罪なんて事はわかっている 
しかし もう それでしか正せない」
「僕は自分の利益など一度も考えたことはない」

ねー…もうなんか悲しいというか、切ないというか、ここまで一人で思いつめて
自分を犠牲にして新世界の創造を目指す夜神月が不憫でしょうがないです。
“不憫”なんて単語、神に浴びせたら消されそうですけど(笑)。(笑うな)
「ここまでやれたか?」のポーズは滑稽でしたけど。(確実に消される)

「Lの仇というならば それこそ最も愚かな行為だ」
Lたんファンを敵に回したぞ夜神月。
この野郎…新世界の神気取りでLたんを愚弄するか!
そこへなおれ!一時間正座して足しびれてろ!もしくはお詫びに脱げ!(何故)

「クレイジーな大量殺人犯」
なんでイキナリアメリカかぶれ…(笑)
今回の神の独白っぷりがあまりにイタく描かれたんで皆が白い目で見てますね。
まっつんまで。
夜神月がどんなに訴えかけたところで説得は「無理」てことですかね。

「言ってもわからぬ馬鹿ばかり…」
おお使いますか時計!!
とりあえず時計に仕込んだデスノートの紙片は夜神月の自殺フラグでは無いようですね。
そうだ、こんなとこであっさり捕まるなよ夜神月!!
てか今度はニアがあぶないのか…気をつけろニア。(どっちの味方なのか

次回、「殺意」!!
おお、やっぱ夜神月が使うんでしょうね。
でも月が世界のため、とかでなく「殺意」でノ-トを使うとしたら初めてでしょうか。
それで結局は私利私欲かいとニアにつっこまれるのかなー

page106 「殺意」

つぐみのばかぁあああーーー(ノД`) う、うぐーー
予想を超えるにも程があるよ…!
ひどい!あんたひどいや!乙女の夢(※)デストロイヤーだぁあああー
(※…ある意味つぐみよりひどい夢)

「時間とは、人の生命の残量を刻むもの。決して止まらない。」(アオリ)
何うまいことかっこよく言ってやがるんだこんちくしょー
月きゅんのピンチなんだぞー!
編集部権限で時間を止めろこのやろーー!(ノД`)

「本物か?」
ニアが自分を殺す気があるのかをカマかけるキラ様。
この期に及んでの神ポーズでのお言葉、痛み入ります…うわぁあああー(ノД`)

「あなたは私が責任を持って誰の目も声も届かない所に死ぬまで閉じ込めます」
監禁プレイふたたびぃいいーーー(ノД`)

「仕込んだノートだ!!」
時計の紙片にニアの名前を書き込むキラさm…ドン

うわぁあまっつん撃ったぁああーーー(ノД`)

ちゃんと命中してる意外にかっこいいなお前ぇええー

「馬鹿野郎ーーっ!!松田誰を撃ってる!?ふざけるなーっ!!」
ほらキラ様の逆鱗にぃいいいーー(ノД`)

「父のような人間が馬鹿を見ずにすむ世の中…世界
それを創る礎として夜神総一郎は死んだ 
あいつの死を無駄にしない為にもこいつらを殺せと言っているんだ!」


夜神さん…あなたの息子は立派なチンピラに育ちましたよ…(ノД`)

♪もう失くすものさえ見つからない 駆け抜けた 遥かな道~(ラルク「LOST HEAVEN」)

突き詰めて考えるといったい何がいけなかったんだろうねぇ…リュークですか?
なんで人間界にノートをもたらした…って、「退屈だから」だよね…うん…
それを退屈だからって使ってさぁ、恐ろしいよね退屈って…(戻りすぎ)

「血で…」
時計の紙片に血で続きを書き込むキラさm…ドン ドン

うわぁヒットマン松田ぁあーーー(ノД`)

死ぬ気弾か!?死ぬ気弾なんだよな!?
それでこれからみんなでリングを探す旅に出るんだよな松田ーーー!(錯乱)

「殺す…こいつは殺さなきゃ駄目だ」

松田の「殺意」かつぐみぃいいーー(ノД`)

あう…ひどい…ひどいやつぐみ…まっつんに月きゅん撃たせるなんて…!!

「あんたは神なんかじゃない クズだ」

魅上ん…(ノД`) ブサイク…(そこじゃなく

こいつらを殺せとの神のご指名にも「書けるか」とかストレートツッコミかましたよこの子…
せっかく「お手」まで仕込んだのに…(※乙女の夢)

「キラ容疑者…大量殺人犯 夜神月を確保する」

よりによって相沢ぁあーー(ノД`)
足臭そうな相沢ぁあーー(関係ない

「誰か…こいつらを殺せ…」ずりずり はーはー 
這いつくばるキラ様…まな板の上の鯉のようにクロール。(鯉はクロールしません)
ああ「そそるVネックグランプリ」(※)の美貌が形無し…!(ノД`)
(※勝手に表彰)
 
「無様、月!!」(アオリ)

ひでぇや☆

編集部及びつん子(つぐみ)には「あんたらどSで賞」を差し上げます。酢昆布一年分です☆


page107 「幕」
わ・・・私はあえて勇気を出して言います。
原作はこれで正しい、原作はこれで正しいと!!
これが少年誌の取るべき正しい姿勢です。
私の名前はねば玉ん、新・徒然草(妄想日記)のねば玉んであります!!

狂乱の月!!はーはー
ちょ、画伯の画力がシャレにならんですって!こんなんカラーでいんすか!
某月くんの爪がリアルです((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

人間は、面白い。
リューくんかっこいい…ポッ。

「た…頼むリューク もうお前しかいないんだ書いてくれ!!」
ニアたちの名前を書けと頼むキラ様。形無し☆

「ああ書こう」
このお言葉にキラ様高笑い。

「いや死ぬのは ライト お前だ」
夜神r
リューくん字が可愛い!!(そこじゃなく
「ば…やめろ」(ドデ)て…キラしゃま…お笑いブームはもう失速してますよ…

「どう切り抜けるか少しは期待したが俺に縋る様じゃな…お前は終わりだ」
「お前はここで死ね」 

夜神月
ここからあとの怒涛のセリフを40秒で言えるかとやってみましたが、
ギリでいけました。すごいつぐみ。(お前はこの期に及んで何をしてる)
今までお手とかおすわりとかおリンゴとか大人しくやってて可愛かったから
もうペットかなと思って忘れてましたけどあの子は仮にも死神だったんですよねぇ。
この、神特有の残酷さにシビレました。

「天国も地獄も無い 生前何をしようが
 死んだ奴の行くところは同じ 死は平等だ」
「うわーっ 死にたくない!! 逝きたくないー」
ドクン
「ち ちくしょう・・・」
人間は、いつか必ず死ぬ。死んだ後に行くところは無である。


夜神月が「死にたくない」とこれほど惨めに言う、
あれほど大量の人間を裁いた夜神月にさえ死は降りかかり、
しかもこれほど生への執着を見せたというところで原作の役目は果たされたかと思ってます。
夜神月の生き様で反面教師的に生の大切さを訴えたかったのだなと思いました。
まぁ死後に行くのが死神界じゃないのと夜神月の逆転が見られなかったのが残念ではありますが…
原作はこれでいいと思います。あとは妄想で月きゅんとLたんを幸せにして見せます。(まだ言うか

キラ事件決着!!その後の世界はどうなった!?次回、「完」!!」
本当に終わりかしら…また一週間悶絶ですね。
でも今のうちに言いたい放題予想しておきます。

最終次回妄想
①夜神月が大逆転編
HOW TO USE IT:XV(3巻末)
二冊以上のデスノートで名前を書き終える時間の差が
0.06秒以内の場合は同時とみなされ、それらのノートに書かれた事は無効になり、
名前を書かれた人間は死なない。

死神界の穴から見ていたシドウたんがリュークと0.05秒差で夜神月の名前を書き
「なんか…どきどき(ドクンドクン)しちゃったよ」と相当キモイ感じで夜神月起床。
そのあとはキラ様降臨で一同の名前をリュークのノートに書き
「できる…新世界!」で完。第三部「キラキラな世界」。

あと掲示板からのコピペですがこれのがもっともらしいですね。


色々と今後の処置を話す捜査員一同。
が、次々と倒れていく捜査員たち。
二アだけが残り、振り返るとそこに立っていたのは月。
二アだけを残したのは、なぜ自分が死ななかったのかを話すため。
実は、自分の名前をノートに書かれても死なないように
信者達に自分の写真と、偽の名前、ノートの切れ端を送り、
この男がキラに逆らっている、この紙に名前を書けば裁けると
偽り、間違った名を書かせていた。
書く者は信じて書いてるので、故意にはあたらない。
4回ルールにより死ななくなった月、リュークが名を書いたことで
死んだと思いこませ、機会を伺っていた。
すべてを話した所で、ニアの名を書き、ニア死亡。


というかキラ…夜神月ならこんくらいの準備はしておけと。

②Lたんカムバック編
なにがなんだかわからないが持ち前の可愛さでつぐみを無意識に懐柔し
「私はLです」と突然登場。
レムの字が汚すぎて名前が書けておらず、ワタリと共にワイミーズハウスの隠れ家に潜んでいたが、いまだ根強いLたんファンの声により表に引き出される。
「が…ま…」=「がんばって漫画家を懐柔してみせます」。
夜神月とペアでテニス界の神になる。第三部「テニスの王○様」。
もしくは「イギリスで幸せにします」。第三部「Lキラハネムーン」。(しつこい)

③キラ様伝説編
「そこにヒトが在る限り、悪意は再び目を覚ます」というコラに触発されて。アレはいいアオリだ。
キラ事件は関係者全てが死ぬことにより決着した…。
それから百年後。
夜神月の名が歴史に残るわけもなく、キラ事件は歴史の闇に消えていた。
そんな中(中略)主人公の少年は一冊のノートを手にする。
「このノートを手にした者へ お前に新世界の創造を託す」。第三部「受け継がれるキラの遺志」。

当てる気あるのかと。特に②はもうなんかあれですね。

はい、では「ごめんキラ様これのおかげでちょっとあなたの最期かすみました情報」をそろそろいいですか?
もう昨日ネタバレ感想やらで読んでて抑えきれずもう体中の毛穴と言う毛穴からLたん型の物質が出るのではないかというほど興奮していたのですがもういいですかもう本当に叫ばせてください

ノベライズ維新、
西尾維新!
  ×
DEATH NOTE
アナザーノート
ロサンゼルスBB連続殺人事件

大場つぐみ、小畑健、両先生が熱望した
日本小説界の最先端を行く作家、西尾維新先生の手による
完全オリジナル小説!!

「あなたはLの伝説を見る!!」

2006.8.1発売予定!!


Lたぁあああああああん!!!。・゚・(ノД`)ヽ
マジでか…!!!あああああああああああああーー!うぐーーー
会いたかったよぅーーー。・゚・(ノД`)ヽ
しかも伝説ってもうかっこいいうわぁきゅあウホーーーー!!!
ごめん西尾維新て誰とか思ったなんてこれほど口の裂けてる俺でも口が裂けても言えな(ry
もういい…なんでもいい…とにかく小畑画伯のLたん挿絵満載でお願いします!!
というかいっそ小説:2、挿絵:8でもかまわない!!(かまえ)

どう考えてもナオミが出てきますが、そこは代わりになんか若い月くんが
警察に表彰されてた経歴にこじつけてL&月で捜査してください。
うわあんなとこに出すにしては細かい事件名だと思ってたらこんな使い道があったのね…!!
というかこの期に及んでLたんで来るとは商売上手だなジャンプめ…!!

page107 「完」
黒い背景に、りんご1個。
「赤は、生命の色。」(アオリ)
ここでいきなり号泣です。(何故)
“死神”リュークがあんなにりんご好きだったのは何でだったのかと、
リュークはあの赤に生命の色を感じていたのだろうかと考え出して号泣しました。

最後いきなり死神らしく夜神月を殺しておきながら、
その後も描かれずリュークはスルーかよと散々言われてますが、
リュークはもう何も言わない方がいいですよ。
人智を超えたものに、人間が色々自分の理屈あてはめてみればいいだけのことかなと。

傍観者として飄々としていたところ、死神の残酷さを見せてくれて
よかったというか、そうあるべきだと思ってましたが、
でもやっぱり人間のこと好きでいてくれたんじゃないのかなぁと私は思いました。
というかこれも願望ですね。

「一年後 2011年1月28日 」
伊出「まだ「キラは休んでいるだけ」と信じてやまない人間もいる様だが 
   すっかりキラが現れる前の世界に戻ったな」
松田「情けないことにいまだに本当にこれでよかったのか?と時々考えてしまうんです」

今ばーっと「二人」から最後まで通して読んだんですが、
page105 「無理」を読んだあとにこれ読むとねぇ、夜神月という存在がほんとに悲しいです。

「キラを殺すか?それで本当にいいのか?」
「僕にしかできない 人を殺すのが犯罪なんて事はわかっている 
しかし もう それでしか正せない」
「僕は自分の利益など一度も考えたことはない」


どう考えても、夜神月のしてることは止めないといけない、
ストーリーとしては夜神月は死ぬしかないという結論に達するんですが、
たった17歳の高校生が、“世界のために”とか考えて、
ずっとその為に生きてって、24になることもなく死んだんだですよね。
他の誰にもできないことを確かに夜神月はしたと思うのに、
その全てをかけても一年で戻るような世界なのかなぁ。

「ワタリです Lからですが繋いでよろしいでしょうか?」
ふふ…ロジャーがワタリとかいらないよそんな設定。
普通にLたん出てきたらいいんだよ!!私は夢を諦めない!←そんな使い方か

「パキ」
ふふ…メロからチョコかじりも受け継ぎましたとかとかいらないよそんな設定。
普通にメロ出てきたらいいんだよ!!人の見る夢は終わらない!←そんな使い方か

松田「…… L… YB倉庫 
あの日からちょうど一年の今日にこんな話ってこれも何かの因縁すかね………」

月きゅんの命日あんど死に場所…壮大に呪われそうな… ぅっ(心臓に異変
そういえば月も密葬ですかね。Lたんと同じ墓ですかね。(何故)←願望

「魅上はあの十日後獄中で発狂して死んでるんですよ」 
どんな死因だオイ。
ほんとにデスノートを使った人間は総じて不幸になりましたね。

「魅上照 ノートを偽と疑う事も本物かどうか試すこともなく2010年1月28日
YB倉庫に13時30分に来てその十日後発狂して死亡」(以下略)

松田がイキナリ賢くなった。一年の間に何があったんだ。

「おまえ 月くんを好きだったろう?」
なぜイキナリ腐女子向け。
いらないよ原作でそんなサービス…!そこらへんは妄想で補うから!!
っていうか松田×月きゅんの需要は無いってかLたんに言って
まっつんもそんな恥じらいじみた表情しない!!
てかあの「殺意」は何だったんだという庇いよう…一年の間に何があったんだ。

「では 早速詳しい状況をお話したいと思います」
モニターに映るのは「N」ではなく「L」の文字。
ニアと、捜査本部の人たち、それから色んな人の力で、
「これでよかった」と心から言えるような世界を作っていって下さい。
ほんとに。死んでいった者たち全ての為に。

「キラ様」
今回の、ところどころに描かれる夜空の月に泣いてしまいました。
ほんとにねぇ、なんで主人公あんな名前なんだというのが、
ここに来てこんなに皮肉に描かれるとは…。

たぶんこのフードの人たち、夜神月が守りたかった、幸せにしたかった人たちですよね。
太陽にはなれない、表立って新世界の神にはなれなかった夜神月でしたが、
こうして夜の月のように、静かに人々の心の中で神として語り継がれていくのかもしれません。
…って、そんな救いを用意するつぐみが、ニクイ!!
くそ…やられた…こんなに綺麗にまとめられたらもう、何も言えないじゃないか…
(すでに数十行のたまってますけど)
前回の無残さあってのこの終わり方がキく、ってのもあるしね、
よくこのページ数でまとめたよつぐみは。(何様)
ミサはどうしたとかは気になるけどね。

「This story of ”DEATH NOTE” is end.」
この「This」に第三部か!と大喜びしたんですけど、
なんか皆様わりと冷静にこれで完全に完だと受け取ってるようですね。
往生際悪いですか私。
でも「ご愛読ありがとうございました。
大場つぐみ、小畑健、両先生の次回作にご期待ください。」
だよ!?
なんか“両先生”がタッグ組みそうな気配じゃん!!
つかつぐみの次回作なら「ラッキーノート~このノートに“肉”と書いた人間は生き返る~」とかってみんな生き返ってLMN+月+魅上で常夏の楽園ベイベー満喫漫画描いたらいいじゃん!!(願望)(どんな願望だ

③デスノート感想総括
なんか色々書いてきましたが、私はこのラストでいいと思ってます。

私がデスノートという漫画に求めたのは、というか私が好きなのは
他の誰にもできないことをしてる、ってところだったので
このラスト、予想もつかないし、今までの流れを綺麗にまとめてくれたと思います。

正義と悪とは何かとか、あとは読んだ人が考えることですよね。
まぁとにかく、色々考えさせられる漫画でございましたね。

感想書き出したのは30話くらいですが、こんなに毎週書き続ける
衝撃を与え続けてくれてありがとうございました。
あとLたんが出てこなかったのは残念ですが(まだ言うか)、
その辺は勝手に脳内で第三部「ラッキーノート」及び「Lキラハネムーン」編やるから大丈夫です。(大丈夫じゃない
でもほんとに第三部やるんなら最終回妄想③で推しておきます。

何回書き足したんだよな上になんかまとまってないし、
もっと言いたいことある気がするけどなんか言葉にならないし
もうとにかくなんてゆーか
デスノートフォーエヴァアアー。・゚・(ノД`)ヽ
ってことだけは確かです。

④ 感想追記
今回通して読んでて気になったところをば。

・メロについて
どうだろう。どこまで分かってて行動してたんだろう。
ニアのほとんど負けるとこだった状況を救う意図はあったのかな。
それを描くのも野暮ですけど、やっぱ心ニクイよつん子オオー

・ニアについて
淡泊なふりして実は誰よりもLの死を悔しがってたようなのがだんだん愛しくなってきた。
あとはもうちょっと発育してくれればL座りも許す。(何様

・魅上について
電車男エピソードが作戦のうちでよかった。あんな目立つことしてアホなんじゃと思ってた
しかしせっかく優秀なのに神に傾倒したがために獄中発狂死とは不憫&皮肉な…

・夜神月について
夜神月自身の、“幸せ”というやつはいったいどこにあったんでしょうね。
もし月が勝って“新世界の神”に君臨する結末だったとして、彼は幸せだったんでしょうか。
「幸せになる権利 それは皆に平等にある いや なくてはならない」
「無理」での怒濤の独白より。
その“皆”に自分は入っていたのかなとふと思いまして…
そのすぐあとにこうも言ってるんですよねー…
「それ(幸せ)は他の人間を攻撃したり陥れたりましてや殺すことで得るものではない」
そう分かっていながら“デスノート”を使ってたというのがなんか悲しいんですが…

それともあの“退屈しのぎ”で自分の頭脳を最大限使えて幸せだったのかな。
でもそんなやり方じゃ幸せは得られないって自分で言ってるしなぁ…
うーん…「死神に憑かれた人間はなんとやら」ってやつですかね。

「人間は、いつか必ず死ぬ。」
「死んだ後にいくところは、無である。」

ここジャンプでは黒い2ページにアオリっぽく入ってて、
コミックスに収録されないかと思ってたんですが、あってよかったです。
2ページ黒いとなんか損したような気もしますが、デスノート本体みたい!とうかれてました。
13巻ではアオリ集とあらすじも欲しいな。
しかし「無」の英訳「MU」て(笑)。まあ「(Nothingness)」て書いてありますが。

「Thus concludes this story of the DEATH NOTE」
ここはジャンプと違いましたね。あんまり意味は変わらないけど
「そんな風に幕を閉じた」、みたいな「終わり」感が強いような。
「concludes」は倒置かね。

「死んだ者は、生き返らない。」

。・゚・(ノД`)ヽ

…L…

■デスノート 13巻
DEATH NOTE (13)DEATH NOTE (13)
(2006/10/13)
大場 つぐみ小畑 健

商品詳細を見る

■Lのプロフィール
どきどきしながら袋とじを開けるその姿はさながら
エロ本を手にした男子のようだと思いつつプルプルとLの本名が刻まれた
禁断のカードを取り出す。

そこには原作から退場して以来小畑神の脳内でセクシーに育ちあがった
某名探偵の姿が。
アナザーノートの絵でもそうだったが原作退場以来のLは
私の目が腐っているとか置いといても指と口と鎖骨のエロさが半端ないと思う。
…。…!だから袋とじ…!?(違う)

投げやりで気だるげで起きぬけの猫みたいなその姿に
くらくらしつつLの本名を解読。

「L=Lawliet」
ローリエ…!?
あの料理に風味を与えるローリエ…!?スパイス!?愛のスパイス!?(?)
しかも和名って「月桂樹」だよね!月!らいと!?(※違います)
※※以下誤読「ローリエ」によるL妄想※※
そういえば月桂樹って色々象徴的だったような…!
(やたらとローリエを調べる)

ゲッケイジュ(Wikipedia)
「日本名では月桂樹、英語でベイ/ベイリーフ/ローレル、フランス語でローリエなどと呼ばれる。
葉(ローリエ、ローレル)を香辛料として用いる。
ギリシャやローマ時代から神聖視された樹木の一つ。古代ギリシアでは葉のついた若枝を編んで「月桂冠」とし、勝利と栄光のシンボルとして勝者や優秀な者達、そして大詩人の頭に被せた。」


神聖視!?か、神!
勝者!勝者!
ああなんかLが月桂冠かぶってる絵があったような気がしてきた!
(画集でカラー絵を調べる。気のせいでした。あの子はいつも白バラに囲まれていました。)
フランス語の男性名詞・ローリエのつづりは「laurier」でした。
でもちょっと似てるよねつづり。意味もいい感じだよね☆
※※「ローリエ」L妄想終了(長い)※※

気を取り直して。
「エル=ローライト」だそうですよ奥さん。
「L」は本名という大穴。
想定の範囲外ですね(笑)。ってことは「私はLです」って…
最も言ってはいけない禁句を最も言ってはいけない相手にのたまう
綱渡りな度胸をたたえて栄光の月桂冠をォオー(ローリエから離れろ

いやぁ「竜崎流河」だとのたまってたんですが見事に外れましたね。
どこ系の名前とかわからんけど英語で考えて「law」と「lie」(法と嘘)ですか。
なんかLらしいような。
これが正しい、って自分で線引きしたことには従うけど、
ちょっと口からでまかせくらいなら言いますよ、みたいな。

総一郎さんの正義と比べるとちょっと腹黒い(褒め言葉)感がね。
「law」の絶対的なルールとしての縛り・固さみたいな感じは
世界の警察機構の裏トップとして君臨していたLにふさわしいんだか皮肉なんだか。

「ローライト」の語感はキレイだし何より某夜神くんと響きがおそろいですね。
月も日本人にしては珍しいイニシャルLだし
あの二人はやっぱり表裏一体な運命ルルラララ(何

では彼のプロフィールをちぇっく☆
「誕生日:1979/10/31生」
ハロウィン生まれ!?
やっばいミニLが「trick or treat?」とか言ってきたら
数年分の砂糖を与えてしまうよ!(やめろよ)
そ、そうかぜひ日本でもLの宅配制度を取り入れるように!(お前はハロウィンをなんだと
10月31日(Wikipedia)
あ、もうLも載ってる(笑)。
戸叶庄三(アイシールド21)、お妙さん(銀魂)と同じ誕生日らしいよ。
しっかし月きゅんと出会った頃24しゃいだったわけですね。
なんか27歳かなぁとか妄想してたんですが…その若さもいいですね。
(※ちょっとなんか「プロフィールが可愛い」という意味不明な境地に達しており、
思ったよりLが若かったこともあり言葉の端々に幼児語的な響きがあってきもいですが流してください。)
「17歳なら普通です」とか若気の至りを解説してみる24しゃい…
17しゃいの月きゅんの後ろでセンター試験を受ける24しゃい…
(ちなみに私も同じ年に受験しました…
試験会場にあんな生き物がいたら気になってしょうがないです)
テニス・カポエラ・手錠と、18歳相手に大人気ない25しゃい…
ちょっと読み方変わりますね☆
うぅんデリシャス…じゅる。

「身長、体重:179cm50kg(推定)」
月きゅんと同じ背ということは猫背を考慮すると
ちょいちょい月きゅんに対して上目遣いしてたんでしょうねあの子は。
二部の月のLたん回想は上目遣いだった気がするのはそういうことかな☆
しかし軽いですね。メロより軽いのか。
それでカポエラキックに威力があるならやっぱ強いのねあの子。

「血液型:不明」
奇遇ですね☆私も不明型です!
君のためならいつでも血をあげるよ☆(やめろよ

「好きなもの:甘いもの 嫌いなもの:靴下」
靴下はくの嫌いってことかな。素足ばんざい!指フェチきゃっほぅう!

「社交性1」
※()内は月、メロ、ニアの数値
 甘党:10
 知識: 8( 9、 7、 9)
発想力:10(10、 7、10)
行動力: 9( 8、10、 6)
精神力:10(10、 8、10)
社交性: 1(10、 9、 1) 

月との知識の差は社交性に準じるものでしょうかね。
よく考えるとLの○因の遠因には月の社交性もあったのかなぁ。
レム→ミサ→月、の構図があったからああなったわけで、
月がミサを陥落させてなけりゃレムも動かなかったしね。
一方Lは「好きになりますよ?」を「多分嘘。女性に免疫はなさそう」とか言われてるし…(笑)
メロニアが各項目補いあってるのが微笑ましく、
Lにできなかったことを受け継ぐふたりとしてふさわしかったんですね。

■作者インタビュー
デスノートヒエラルキーの頂点に立つつぐみ氏のインタビューより。
ほんとにあの人神だよね。
ちなみに私はつぐみ氏をときどき「つぐみ」と呼びますが、呼び捨てというよりは
「神」に敬称をつけないようなのと同じ感じです。

■月と年齢差があったら面白くないので青年に。
24歳と17歳…確かにそそられる年齢差ですね…じゅる。
新ジャンル「名探偵・高校生」きゅぴーん
あのやたら大人げないのはそういうことかな…
でもいくつになってもワタリがお菓子出すの待ってそうだな…(笑)

■過去については全く考えていない
「計 画 通 り」とか高笑いしてる人物かと思いきや、
思ったより設定とか展開とか伏線とかミッチリ派ではないみたいですねつぐみ氏。
テニスのイギリスジュニアチャンピオンという設定を生かして
第三部「テニスの王子様」とかやっちゃいなよ☆
いやしかしいっそ西尾氏、小畑絵による過去編をやってみてはどうだい。
8歳のえるとか…!!
想像しただけですごい破壊力ですね…しかもハロウィンの装いでワタリを狙い撃ち☆
ついでに世界を救ってみました☆みたいな小悪魔なのにエンジェル☆みたいな…!!!
謎があると妄想の余地いっぱいですね…!(*´Д`)ハァハァ

■日本人が1/4、イギリス人が1/4、
ロシアあたりが1/4…あとフランスかイタリアが1/4…

クォーター×クォーター
日本人入ってた…よかったよかった。日本人DNAが強いのかな。
でもつん子の「イメージ」だそうで「設定」ほどではないのかな。
国籍不明な感じはとても好きです。
私の好物の某バンドのボーカルの方もナニジンだかわかんない顔してますし。
世界をまたにかける名探偵としては色んな国で通用しそうでいいですね。

■「竜崎」の偽名の由来“らりるれろ”
「L」つづりの日本名だとそうなりました的なざっくり感。
それを素敵に拾った西尾氏GJ。

■Lには友達がいない?
「いないです。だから月への“初めての友達”という言葉も大嘘です。
きっと裏で、凄い腹黒い事を考えているんでしょうね」

いや「腹黒い」「友達いない」断言に否定はしませんが…
しかしあそこは嘘っぽいことを嘘っぽく言いつつ実はちょっとだけ
無意識の本音が出てたかもしれないとかそんな場面ですよ…!!

「私は一人で大丈夫です」とか強がってみせたけど実際強いけど
ちょっとすねぎみに重いもん背負いすぎた君に普通の友達ライフくらい
できるとしたらそりゃ相手は月きゅんくらいじゃないと渡り合えないってか
「嘘にこそ、真実がある」って9巻の帯で言ってたじゃない…!
月とならちょっと状況違えば腹を探り合える友達になれたと思っているよ…!!(混乱)

■疑惑90%越えで数値発言。「彼は嘘つきですから(笑)」
ついに言われた「嘘つき」。
罠だこれは罠だだってつぐみがSだってことは暗黙の了解じゃないか…!!(混乱)
いやしれっと嘘はつくと思うけど「嘘つき」って語弊があると思うんだ!(混乱)

■「が…ま…」
・サブタイトルはLの「胸中」
・「個々の解釈で」「明らかにしない方が面白い物もある」(つぐみ)
・担当氏解釈は「私は間違ってなかった“が”…ここは“負”けか」(メロニアの登場を匂わす)

そうね…明らかにしない方が面白いこともあるよね…
人生は、知るか、知らないかだけだ」って帯に書いてあった気がするけどね…

ちなみに私の解釈は「私は間違ってなかった“が”…“ま”だ終わりじゃない」で
メロニアの登場というよりはLの再登場に期待しておりました。
ずっと帰ってきてくれると思ってたよ。というか思ってたかったよ。
でも「死んだ者は、生き返らない」っていう容赦ない現実で締めてくれる
デスノートという漫画が好きだったよ。(今も好きですが)
ジレンマ…。・゚・(ノД`)ヽ

■イメージカラーは金色(月は無色透明)(小畑氏)
カラーモチーフには多かった気がしますが私的イメージでは逆かも。

■Lのおやつ・座り方はつぐみ指定
つぐみのLへのこだわりがストーリー展開に影響しないのが
デスノートヒエラルキー(?)

■テニス初期案はフェンシングかゴルフ
フェンシングおつき合い!(笑)
ぱっつん白タイか…月きゅんは笑いがでるほど普通に似合いそうですが
L…!(笑)でも意外とかっこいかったりして…
ゴルフって…
よかったテニス(短パン)で。

■「顔が出る以前は格好良い青年のつもりで描いていた」(小畑氏)
「角度によっては格好良く見える顔に」(担当氏注文)
「Lを美形じゃなくしたいは小畑氏発案」

やっぱ初期Lは明らかにクールビューティーのカホリでしたよね!
しかしそのあとうっかりあのLになってから
嗜好をかっとばす愛情を注ぐものが続出したあたり
小畑氏GJ。むしろ第一のLラバーの称号をあなたに(何者

■両先生の愛情を一身に受けるL
「最も頭がいいのはL」(つぐみ)

つぐみのLへのこだわりがストーリー展開に影響しないのが
デスノートヒエラルキー(?)

「わりと適当なキャラ診断」ではLでした☆
「デスノートは拾わない」「家族に知られたくない物が部屋にある」「自慢は狂気の発想力」を選んだらLになるって何?(笑)
「家族に知られたくない物が部屋にある」って…まさかL…(笑)

■キャラプロフィール
笑顔が素敵な新世界の神 夜神月
・演技力がMAXな件…ぷっ(消されるぞ
「熱演」は「100%演技の涙では到底ない」ってつぐみ氏が言ってくれてました。
よかったよかった。家族は夜神月のギリギリラインですもんね。

「新世界の神になる」自己陶酔により倫理観が欠如した思い上がり甚だしいセリフ
ひ…ひどい…(笑)ここまでこきおろさなくても…これ地の文は誰が書いてんだ?
どうも夜神月の扱いがひどいですね。

・「デスノートを持つまでは本当にいい子 ある意味被害者」(つぐみ)
「死神がもし現れなかったら 夜神月はLと肩を並べ、
最高峰の警察関係者として犯罪者に立ち向かっていたのかもしれない。」

月がデスノートを手にしていなかったら、と考えると泣きそうです。
あれだけの頭脳と行動力と信念があれば、そしてデスノートがなければ、
世界を違う方向から変えれたかも…とか。
そもそも手段と、新世界に“君臨”ていう独裁志向がいけなかったんですが、
なんか夜神月の正義もLとそう変わらないような気がするとです。

■民衆はなぜ変わらなかったのか?
世界を変えようと夜神月があれだけあがいたのに結局元通りってのがなぁ…
キラに怯えて犯罪をやめるってのもおかしいですが、
キラがいなくなったとたん犯罪が増えるのもおかしいですね人間って。

■キラは神になれたのか?
キラを神と崇める者たちがいる。
今後二度とキラの裁きなど起きることはないが、
心が救われると錯覚しているならば、その空虚な祈りも本望だろう。

空虚な祈りとか言うな…
キラは負けるべきとは思うが夜神月が神になるところを見たかった気もする。
もう同調したいんだか否定したいんだか夜神月はほんとにわからん。
どっちもなのかなぁ。

チョコっと活躍 メロ
劣等感強いですなぁ。ページ順がLの次なのははなむけですか?
メロ勝利バージョンも案にはあったそうですがついに「かませ犬」かい。
メロニアが初期設定でデザインが逆だったというのは衝撃ですね。

パジャマで活躍 ニア
生活力欠如(笑)。
知識がL越えしてるのはLの知識を受け継いでるんですかね。
91年生まれですよわっかいなぁ…どうしよう。(どうもすんな
夏生まれってのが意外。

忠犬ハチ公 魅上
月きゅんより背が低い…

ある意味最強 ワタリ
「多才」MAXって万能じゃ…(笑)

君は風(?) マット
ヒキコモリゲーマーなのか…最も自分に近いバロメータな気がする(笑)。

なぜ引き受けた ロジャー
管理能力標準、嫌いなもの:子供。
なんかワタリに弱みでも握られたのかね?

キューティクル 奈南川
将棋か…しぶいな

ワイミーズの管理をしてみては レスター
俳句好きの語学力MAX…

あの一晩は泣いてました ジェバンニ
贋作MAX/嫌いなもの:理不尽な上司。
あの仕打ちを根に持ってる…(笑)

なにその設定 ネイロン
好きなもの:赤毛のアン
知らなくていいことってあるよね。

おしゃれ死神 リューク
殺害数が多い…((( ;゚Д゚)))ガクブ゙ル
・リュークはリンゴの「赤」という色に、
人間の「生命」を無意識に重ねて密かに羨んでいたのかもしれない…

page108「完」の感想時にも言ってましたが、リュークが
りんごに少なからず生命を感じていたのならと思うと泣きそうになるとです。
…てか泣きましたが;
・「読切原案リュークは月を黒髪にした感じの顔で黒い羽根つきの衣装を着た青年 
ビジュアル系バンドマン風」(小畑氏)

それもおいしかったなぁ…でもうっかりツボすぎて夜神月よりハマリそうです。

■ストーリー
■開きっぱなしのLの目が、ついに閉じられる…!
「が…ま…」のイラストとともに書いてあったのですが…“開きっぱなし”って…(笑)
あれは心臓麻痺レベルの衝撃の展開のドキドキが湧き上がると同時に
「ちょ、び、びじん…!」という不純なドキドキをもたらしていたと思います。
という腐った視点はいいとして、Lが物語中盤で退場したのは
・「死んだ者は生き返らない」事実を最も惜しませる人物
・「二人ならLを越せる」
 Lひとりではなしえないこともあるし
 Lの遺志を継ぐものはひとりじゃない
・一番衝撃的な展開
・夜神月との社交性の差?
他のバロメータはほぼ互角な月との社交性の差が敗因だったのかなと…
月→ミサ→レムの繋がりを月が作り上げたから?とか考えつつ
月の敗因は魅上の失敗だったし人間関係って大変だよねみたいな(混乱)

そんな感じです。(まとめろ

■「松田は使い勝手のいい、適当な人物」(つぐみ)
ストーリー展開上生き残るための必要条件「動かしやすい」。
いいポジションもらえたね松田☆(イヤミか

■「現実の厳しさを容赦なく書きたかった」「生き返りは反則」(つぐみ)
「死神」っていうファンタジー設定入れておきながら
究極んとこで現実を突きつけてくる容赦のなさに悶えつつ、そこが好きでした。
生き返りは…だめだよねぇ。だからあの消しゴムはだめだよ。

■「強いてテーマをつけるなら“人間はいつか必ず死ぬし、死んだら生き返らない“
…だから生きている間は頑張りましょう」(つぐみ)

「日常に退屈する人間に捧ぐ」んですよね。
…「退屈」って贅沢ですね。

■「善悪論はあまり重要だと思っていない」
「“月は凄い悪”“Lも若干悪”“総一郎だけ正義”くらいの感覚」(つぐみ)

月は悪だと思いつつ憎めないのは危ないのか。

■The future filled with hope comes?
「完」の女の子のイラストと共に書いてありました。
変わらなかった世界…。・゚・(ノД`)ヽ

■バレンタインにミサ死亡
もともとバレンタインさんが殉教した日だそうです2/14は。
寿命が短くなってたからにしても早いし、夜神月の後追いにしては遅い気がする…
明るいキャラだったから忘れがちでしたけど両親のことを含め
結構いばらの道を歩みましたねミサ…
ってか健気だったな…

最終話「完」について
「捜査本部のデスノートは夜神月がすりかえてどこかに隠していたのでは…。
ノートがまだ人間界に残っていて、
それを拾われた時リュークがふたたび人間界を訪れることもあるのでないか」

つぐみ氏が指摘しておられました。
■「Thus concludes this story of the DEATH NOTE」
「かくして、デスノートの“この話”は終了の意」(つぐみ)

「この話」とは、月が引きおこしたキラ事件をさす。
読切の話とは似て非なるという事か…?(解説)

第三部…!!
と思わせる書き方ですよネ☆
第三部妄想③のカホリがします。
しかしもしあってもキャラ総入れ替えかなー
ちょっとリュークは会いたいけどあいつ最後何するかわかんねーというトラウマがあるし…
うーん集英社こわい。(結論)

■リュークの自由帳
・夜神月のあつかい…普通にひどい…!(笑)
・Lになら食べられてもいい(危)
・ミサかわいそ可愛い
・メロの失ったもの「知り合い(マット)」て
・ニアのために開店前から玩具店にならぶレスターさんラブ
・4コマのLがむっつりフェチの大きい子供なのがたまらん飼育したい
・読切は鏡たんがおいしく育ったのはいいけど消しゴムはダメだよネ

では13巻感想はこんな感じでした。長かったですね。アホですね。

■デスノート 特別読切
L change the WorLd公開と同時に発売されたジャンプに掲載の、
デスノート特別読切の感想です。

「Lがキラ、夜神月に殺されて9年、
キラ、夜神月が死神リュークに殺されて3年」

いきなりトラウマ画像きたぁあああ!!!
ぐすん…唯一のL登場シーンが目を閉じたとこだなんて。゚(゚´Д`゚)゚。
でもこの容赦なく突きつけてくる切り口…つぐみ節だなと思いました。
そして小畑神の画力の使い方分かってるよね…!!!
某ラル○ラドの作者さんに教えてあげたいよね!
突きつけ方が、ダークにS方向全開ですけどね(^ω^)
さすがつぐみ。

■Lとしてのニア
「2人の死は公にされず、ニアがLでしか解決に導けないであろう事件を
解決し続ける事でLは存在し続けた」

相変わらずおもちゃに囲まれたまま。
この中に映画にも出てきたおもちゃがありそうですね。

■あらたなキラ
「キラは抹殺された、いや休んでいるだけだ
そんな噂が絶えぬままあらたにデスノートを使う人間があらわれる」

またもや日本にあらわれてくれたおかげで、
日本は長寿国一位から六位にまで転落したんだとか。いい迷惑。

■山本には上司な態度(?)の松田
「僕にはまだ信じられないなー
デスノートとか死神って……」
「つーか山本 なんでお前がいるんだ」

松田がいっぱしに中堅どころ発言を!!!! (笑)
でもまだちょっといたについてない感じいっぱい。(笑)

■あらたなキラが対象としたもの
「貧困や病気に苦しみ死を待つだけで無理矢理生かされている
死を望む老人」

消えた年金問題…とか洒落にならない言葉が浮かんできて困りました。
相変わらずこの問題作を載せる「週刊少年ジャンプ」の心意気がすごい。

■タロットタワー>>>>>>新たなキラ
「今はそんなことよりこのタロットタワー崩したら本気で怒りますよ」
ニアはうまく育ってくれた(性格以外)!!
「くりくり」がちょっと「さらくるりん」になりましたね(*´Д`*)
ワイミーズの秘蔵っこが美人めに育ってくれておかんはうれしい…(誰
相変わらず性格は破綻しててなによりです(^ω^)
リドナーはともかく、レスターさんの苦労がしのばれます。
でも(?)リドナー、シャワーシーンから若返ったね。

■夜神月>>>>>>>>>新たなキラ
「曲りなりにもキラは世界の犯罪を7割現象させ戦争をも止めた
Lもキラを悪としながら、自分が命を懸けるだけの意味のある相手と考え戦ったんです
しかし今ノートを使っているキラは…クズです

ニアの毒舌キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
それでこそニアだ…
ほんとワイミーさんは普通の教育という点においてものっそまずかったと思いますが
ニアの毒舌っぷりはMにはたまりません。
あ、Mってメロじゃないですよ(^ω^) (訊いてない

しかしキラに一目置いてたというね…まぁあくまで倒すべき敵としてですけど、
死神が関わらなければ、警視庁出世街道コース夜神月は
ワイミーズと捜査協力なんてこともあったのかなぁ…

こういう悲しい過程をし始めるのが原作デスノート読者の悲しい性(^ω^)

■ワイミーズの子供たちに一度だけ与えられた「Lと話す機会」
「会話といってもワイミーズの者がLに質問しそれに答えるというやり方」
Lは音声のみ、子供たちはカメラでLに見られていた。
基本的に、あのこはカメラとかばんばんしかけますね(^ω^)
確かに映画L change the WorLd冒頭で「高みの見物」とナオミが言ったのは
言ってやりたい気もわからんではないな。

しかしこの「Lは絶対に姿を見せない鉄則」がワイミーズにさえ
適用されてるとは…その鉄則を破らせた夜神月がどんだけLを
駆り立てたんだと思うとキラすごいと思いますね。手段はひどすぎるが。

■Lが難事件に挑むのは
「今の法で善悪を計るなら
私もたくさんの悪を犯している悪人です」
「難事件を解決するのは遊びの延長であり趣味です
だから私は自分が興味を持った事件にしか手を出さない
正義ではありません
そしてクリアするためなら手段を選ばない負けず嫌いでずるい人間です」

正義ではないって言ったよこの子!!(゚Д゚)
くそっ! やられた 
こんな衝撃は生まれて初めてだ

映画に「Lは世界のために自分を犠牲にして…なんて優しいんだ。゚(゚´Д`゚)゚。 」とか
思ってた矢先につぐみがつきつける、「そういえば無法地帯なL」設定!!!
なんかLに幻想抱いてんじゃねーぞとあらためて言われた気分。
やっぱりつぐみはSでした(^ω^)
思い出した~この「夢を見せかけて決してそっちには行かない」つぐみのひねっぷり!!
まるでキシリトールのような後味です(^ω^)
Mにはたまりません(^ω^)
あ、Mってメロじゃないですよ(^ω^) (訊いてない

■意外とゆるい死神大王
「死神大王にリンゴ13個とノート交換してくれって言ったら
あっさりくれたらしい」

ジジィゆるかった!!!(笑)
そんなリンゴ賄賂(笑)で買収されるような死神だったっけ?
なんかもうちょっと威厳とか掟あったよね。

■さくらTV
「殺してくれーキラ様」
「キラ万歳」

マスコミろくなやついない(^ω^)

■Lならどうするか
「この犯人に興味を持てない
興味の持てない事件には関与しません」

ここだけ抜くとワイミーズも完全に問題児\(^o^)/
いや、まぁ問題児なのは問題児ですけど;
これは
「日本警察が日本国内で解決すべき事件と考えます」
ってとこが重要なんだろうなと。

「ニア・Lに頼っていたのでは駄目だ!!」
がんばれ相沢さん。
Lも月も、自分でなんとかしようとあがいてたのが、
ニアが一目置いてたゆえんだと思いますよ。

■ニアから犯人へ、個人的に一言
「この人殺し」
「Lっぽくなかったかもしれませんね」、と言いながら、
その一言がキラのノートを書く手を止めていた。

「もうあなたがLなのだから」
このひとことがなにげにうれしいんだかきっついんだか…

■新たなキラの末路
「TVに出てる人間を殺した後
真っ青になって三日くらいボーっとしてたかと思ったら
奇声をあげてノートに自分の名前を書きやがった」

結局「新たなキラ」は顔すら出ず、動機さえ推測のままでしたね。

■リュークからミードラへ、個人的に助言
「俺がノート使わせた人間が言ってたぜ
デスノートを使う人間に必要なのは強い精神力と信念
お前が使わせた人間は弱かったんだな」

この死神め…(^ω^)
Lも夜神月も、写真集で言われてたように「伝説」になるのかもしれませんね。

■新たなノートの末路
「ノートいる?」
「貰ってやってもいいがあれも持ってんだろ」

りんごとともにリュークにわたるノート…

「奇声をあげて自分の名前を書いた か…
やっぱり人間って面白!」

この死神め…なにか企んでおるな?(^ω^) と、
思えるかのような終わり方ですね(^ω^)
しかしリュークはもういいんで(トラウマ)、
ノートと死神設定引き継いで主人公一新リニューアル来ないかな。(別物

しかしL映画公開記念漫画みたいなもんなのに、
さすがLを出さないのはつぐみだなと思いました。

Sなデスノートがやっぱ原点だなーと思った読切でした。マル。
関連記事
SEX BLOOD ROCK N' ROLL(初回限定盤A)(SHM-CD+Blu-ray)SEX BLOOD ROCK N' ROLL(初回限定盤A)(SHM-CD+Blu-ray)
(2013/09/25)
VAMPS

商品詳細を見る
SEX BLOOD ROCK N' ROLL(初回限定盤B)(完全生産限定盤)(SHM-CD+グッズ)SEX BLOOD ROCK N' ROLL(初回限定盤B)(完全生産限定盤)(SHM-CD+グッズ)
(2013/09/25)
VAMPS

商品詳細を見る
HALLOWEEN PARTY (CD+DVD) (数量限定生産)HALLOWEEN PARTY (CD+DVD) (数量限定生産)
(2013/10/16)
HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA

商品詳細を見る













管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。