ねば玉の戯言

九州の片隅で社会人してます。 ラルクを一生愛す。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
L'Arc~en~Cielの全アルバム+カップリングの感想です。

TWENITY BOX(DVD付)(完全生産限定盤)TWENITY BOX(DVD付)(完全生産限定盤)
(2011/03/09)
L’Arc~en~Ciel

商品詳細を見る
■DUNE
DUNEDUNE
(2000/04/05)
L’Arc~en~Ciel

商品詳細を見る

1.Shutting from the sky   
「Shutting from the sky I fallen うー」の「うー」が大好き。
ハモって悦に浸ります。(笑)

2.Voice             
なんか印象の薄い曲…。

3.Taste of love 
いやあこのMっぷりがいい!清々しい!!
私もhyde氏になら犬扱いされてもいいかな!!(さわやかに)       
この愛の奴隷っぷりが…たまらん!!(笑)

4.Entichers          
hyde氏の喘ぎ声(言い切り)がエロっぽい。

5.Floods of tears       
恋は盲目☆★

6.Dune             
砂漠で宴をする機会があったら(無い)、この曲で舞います。

7.Be destined         
「焼かれた~」の「れた~」の歌い方が好き。

8.追憶の情景         
「かすかに聞こえていた~」のところが好き。

9.As if in a dream 
「まどろみの午後いつものようにそばに居て笑うあなた
…の夢を見た」
この落差がたまりません(笑)
いるもここを聞くと「夢かよ!」と突っ込んでしまいます。(笑)
     
「彼女はまだ…」の歌い方が好き。  

10.失われた眺め       
薄暗い。(笑)落ち込むのであまり聞きません。(えぇー)

DUNEは全体的に暗くて背徳のかほりがしますねー。
アルバムの中で異彩を放っています。
でもわりと好きですこういう…人の道外した感(笑)。

DUNE ベスト5
1.Taste of love 
2.As if in a dream
3.Shutting from the sky
4.Be destined 
5.DUNE


■Tierra
TierraTierra
(1994/07/14)
L’Arc~en~Ciel

商品詳細を見る

1. In the Air
メジャー1stの一曲目でこのクオリティ。このオンリーワンっぷり。まさに神です。(こわい)
イントロのギターとはいやんだけのシンプルさと、だんだん音が増えてくのが
視界が広がっていくようで心地よいです。(まとも!)
あと綺麗なのと力強いのが共生してていい感じです。

2. All Dead
全て消えてしまえばいいと投げやりに高らかに歌いつつ
サビでイキナリ愛しげな歌い方になるのが愛と憎しみは表裏一体ってやつなんですね。
っていうか色気振りまきすぎ。死ぬ。(死ね)

3. Blame
同じメロで静かなのと高らかなのを使い分けてるのがおぉ!と思いました。さすが神。

4. Wind of Gold
じれったいのであんまり聴かないです。

5. Blurry Eyes
1stシングルですね。
DUNEからゆうとすごい方向転換かなぁ。Why…のとこが好きです。

6. Inner Core
sakuraの作曲って結局これが最初で最後かな?
嘲る様な歌い方と、不安をかきたてるようなメロがたまりません。(アブナイ)
あの「語り」もゾクゾクして面白いです。
はいやんも面白すぎて狂ったように大爆笑。びっくりですね。

7. 眠りによせて
心地よく眠れそうですが、昏睡しそうです。

8. 風の行方
なぜかこれでフラダンス踊ってました。(しかも教室で)
いや、切ない歌なんですけども。歌謡曲な感じもします。
だいたい「おいて行かないで 一人にしないで」だと!?
するものか!もったいない!

9. 瞳に映るもの
じれったすぎて聴きません…

10. White Feathers
だからなんですかこのハイクオリティは。よくこんな曲編み出せるよね!
このアルバムをちゃんと完結させましたなぁ見事に。先が恐ろしいよ君ら。
「ああ 空は何も変わらず そこにいた」で終わるんですよ。
「In the Air 」からの伏線ばっちり消化じゃないですか。
「羽は広がらず落ちて行く」が好きです。

Tierra BEST5
1 Blame
2 White Feathers
3 In the Air
4 風の行方
5 Inner Core


■heavenly
heavenlyheavenly
(1995/09/01)
L’Arc~en~Ciel

商品詳細を見る

1. Still I’m With You
髪が長い頃ですよねー。神々しい。(曲の感想は)

2. Vivid Colors
最初の囁きがもはや日本人では(和歌山県民では)ないです。神です。
サビの爽やかさのわりに切ない感じがよいです。

3. and She Said
heavenly、別れの歌が多いかな?

4. ガラス玉
イントロが長すぎて飛ばしてしまいます…
into the silenceのコーラスがきゃわゆいです。

5. Secret Signs
シャレにならん。襲うぞコラ。
そういえば「hy●eが清●(●夢)に襲われている」という
噂があったとか。(伏せ字っぷりがこわい)

気持ちはわかる。襲いたいほど可愛く色っぽく、
ほんわかして襲いやすそうですね。(何を言い出すのか)
が、なにげに少林寺拳法やってたという…いっそ返り討ちされたい☆

6. C’est La Vie
散歩しながら優雅に歌ったらいいよね。誰もいない道で。(半端な羞恥心)
仏語やってるんですけども…vieてなんだっけ。(辞書引け)

7. 夏の憂鬱
シングルの方が好きです。というかこれスカスカ…

8. Cureless
「愛し方を知らない僕は…」のぐるぐるっぷりが可愛いです。

9. 静かの海で
やっぱり月出身なんだ!
似合うねー。似合うのが怖いねー。
というか「月出身」とか半マジでゆってる自分が怖いねー。

10. The Rain Leaves a Scar
流れるように淡々とした歌い方が好き。

heavenly BEST5
1 The Rain Leaves a Scar
2 Vivid Colors
3 静かの海で
4 Cureless
5 C’est La Vie


■true
TrueTrue
(1996/12/12)
L’Arc~en~Ciel

商品詳細を見る

1. Fare Well
“Fare Well ”は古い別れの言葉ですね。
ああ 空を駆け巡る あの鳥のように 強かったなら
あなたは いつまでも この僕のこと 愛してくれたのかな

っていうか、一生 愛す。(某神の迷言より)
っていうか君、僕の小鳥だから!(黙ればか)
まぁそんな世迷言は置いといても、切ないいけどいい歌です。
でもはいやんと付き合って別れるなばか。(そんな)

2. Caress of Venus
君が笑うと 嬉しくて 明日が無くても かまわない
マジでか。ニヤニヤしていいですか。
(お前のことじゃないうえ、きもい)
なんか珍しく直球表現でハートにミラクルパンチですよ。(意味不明)

3. Round and Round
自分の血を見るまで近寄らないで!
この珍しい攻撃的なワード。
中学の水泳の授業中、思いっっきりイキオイつけて潜水してプールの底で口を強打し、
下唇ぱっくりやって血ぃダラダラ流しながらもこれを思い出して、
「やったこれで近寄れる…」とかおそろしい考えが頭をよぎってました。
それはともかくこれ、痛烈な皮肉を秘めた、結構かっこいい歌だじょ。
あのこたぶん根がおとこまえなんだな…あんな可愛いのにな…

4. flower
きゅんっ。(なんかすごい音した)
なんかもう、イントロで胸きゅんです。(お前がゆうときもい)
罪です。もはやこの歌は罪です。可 愛 す ぎ る。
はじけんばかりの可愛さです。
タイトルからしてもうラルクにしてはありえないほど可愛い単語じゃないですか。

でもね、可愛いだけで終わらないんだな、これが。(酔っ払いかお前)
切ないんだよ、泣けるよ。ティッシュ散らして数時間泣いたことがあるよ。(知るか)

きっと状況設定がね、たぶん「僕」が病気でこん睡状態とかで、
「君」と夢でしか会えないんだな。

「いつでも君の笑顔に揺れて 太陽のように強く咲いていたい」っていう願いがね、
可愛いけど強くて切ないのです。

5. ”good-morning Hide”
初英語&最初で最後のsakura作詞。英詞を覚えたはいやんがほほえましいです。
哲学的な含蓄のある詞ですな。
でもまぁ、「色々考えずにうやれるだけやっときゃよかった」っていう歌です。
タイトルはhide(隠す)とhydeが少なからずかかっているようです。

6. the Fourth Avenue Cafe
幻のシングル。
サビののびやかな歌い方が好きですが、
やっぱりはいやんを置いていくひとの気が知れません。

「誰かのこと想ってる横顔でも素敵だったから」!?
健気だなこんちくしょう!抱きしめてあげたい!(断じていらん)

7. Lies and Truth
そんなに好きじゃない~ん。

8. 風にきえないで
「もういいよ」の可愛さがおそろしいです。
「天使禁猟区」という漫画の、
ライラちゃんがニドヘッグのお迎えで飛び立つときのイメージにぴったりです。(マニアック)

9. I Wish
今週ずっとこれ歌ってたらいいよ人類。(範囲広いな)
クリスマス感いっぱいの曲です。ひざ抱えて歌ってみたら、なぐさめられるYO☆
「祈ってる僕なんかどうなっても
 君が いつまでも いつまでも 幸せでありますように」。きゅんっ。

10. Dearest Love
「この愛は灰になる」と「駆け抜けたね」の部分が時々脳をいきなりかすめます。

true BEST5
1 flower
2 I Wish
3 Round and Round
4 ”good-morning Hide”
5 Fare Well


■HEART
HEARTHEART
(1998/02/25)
L’Arc~en~Ciel

商品詳細を見る

1 LORELEY
壮大ですね。hyde氏はローレライになれると思います。

2 winter fall
これのプロモのhyde氏のシャツから透ける腰にフォーリラーしますた。
(当時小6。行く末が案じられる)
冬の厳しさに打ちひしがれつつ春への希望をにじます仕上がりの、
悩めるはいやんが可愛い一曲です。雪が降ったら歌ってます。

3 Singin' in the Rain
ジャズっぽい。雨が降った時歌ってます。
「心へ」降り続けってのがいいですね。「心が枯れないように」。

4 Shout at the Devil
ダイハツのCMで流れてて、この曲の疾走感とあってて好きでした。
「もしもこの俺が失敗作なら」
あんたが失敗作なわけあるかぁあ!と冷静にツッコんでしまいます。
屈辱から立ち上がって今に見てろようらぁってサビが爽快で好きです。

5 虹
この曲のプロモでラルクを知ったのですが、
hyde氏の顔が髪で隠れてたので恋に落ちるまではいたりませんでした。
活動再会してくれてよかったです。
そのまま解散してたらラルクに出会わなかったかもしれないから。
情景が目に浮かぶようで好きです。

6 birth!
「Realize」の繰り返しの正確な歌いっぷりに驚きますた。
「空に向かい放つ弓矢が導く」の解放感が好きです。

7 promised land
やさぐれた時に自嘲気味に歌うといいと思います。(発想が暗いよ)

8 fate
はい無理。はいメロメロ。あは(´∇`)
悩める少年が運命に翻弄されながらも
駆け抜けようとする姿がいじましくて悶える曲です。

9 milky way
てっちゃん初作詞ですね。
あまーーーい!さすがメルヘンtetsu。
最後のサビが好きです。

10 あなた
はいやんが故郷のライブ会場で
「亡くなったばあちゃんのために歌います」って言って歌ってたそうです。
アルバムのトリを飾りるにふさわしい、いい歌じゃ。

HERAT BEST5
1 fate
2 winter fall
3 Shout at the Devil
4 あなた
5 promised land


■ray
ray 15th Anniversary Expanded Edition (DVD付 期間限定生産)ray 15th Anniversary Expanded Edition (DVD付 期間限定生産)
(2006/12/13)
L’Arc~en~Ciel

商品詳細を見る

1 死の灰
攻撃的というか、自暴自棄な吐き捨てるような歌い方がたまりません。
「お前があればいい」…ハートを貫通☆
てっちゃんにしては珍しい曲調ですね。

2 It's the end
グランディア(ゲーム)のCM曲だったかな。heavenlyを思い出す。

3 HONEY
3枚同時発売シングルの一枚。ラルク史上最大のヒット曲。
オリコン初登場1位はB'z(HOME。私的にB'zの中で一、二を争うほど好きな曲ですが)に
譲ったものの翌週には一位をゲット。
返り咲き好きだー。かっちょいーから。
「はにー」か。可愛いよな。さらっと「あまーーい」。

4 sell my soul
さらって下さい。(むり)

5 snow drop
「パトラッシューぅ」「わん!」とか言いながら(一人二役)草原を走り回りたくなります。
歌い出しが意外に低くて歌えない(汗)。
「あなたはまるで白いベールをかぶったようだね」って表現に
照れてたはいやんが可愛いかった。

6 (インスト)
聴かない☆(ひど)

7 花葬
面白い。すんごいシングル(笑)。初和風ですね。

8 浸食
ハリウッド版「ゴジラ」のサントラ収録。
「花葬」もですが、こういうコアな曲をシングルで出して、
かつ100万枚セールスあげる(≒100万人に聴かせる)ラルクを心底かっこいいと思う。
まあこの曲がアルバム曲に収まらない存在感あるからでしょうけど。
3枚(はにー&花葬)の中で最初にハマった曲です。

9 trick
ゆっきーえらい!かっちょいい!
この頃なぜかロンドンハーツのEDでラルクがアルバム曲をライブ形式で毎週披露してて、
この曲のhyde氏がかっこよすぎて悶絶してました。
ビームばーん!みたいな。

10 いばらの涙
お望み通り抱いてやる!(むり)
神々しい歌じゃのー。まぁhyde氏神ですから☆(やばい)

11 the silver shining
この頃ライブ(GRANDCROSSTOUR)行って、これの曲紹介ではいやんが
「朝なんて大っ嫌いだっていう歌です」って言ってたのが可愛かった。
あの子が座るだけでもう会場は「きゃー!」でした。

ray BEST5
1 いばらの涙
2 HONEY
3 浸食
4 trick
5 snow drop


■ark
ark 15th Anniversary Expanded Edition (DVD付 期間限定生産)ark 15th Anniversary Expanded Edition (DVD付 期間限定生産)
(2006/12/13)
L’Arc~en~Ciel

商品詳細を見る

1 forbidden lover
濃い恋(笑)。部屋でしれっと「神の名をォオ」とか熱唱してます。…儀式かよ!(笑)

2 HEAVEN'S DRIVE
言いたいことは「perfect blue」とカブってると思うけど、
てっちゃんは直球過ぎるんだよな。
hyde氏に吐き捨てる様に見下げられるのがたまりません。(M疑惑)

3 Driver's High
ものっそ可愛らしいメロの割に、クラッシュ、
大気圏突破をほのめかし、「来世でまた会おうyeah!」で終わりますが(笑)、爽快ですv

4 cradle
君の裏声が時々怖くなるよ。キレイだからいいけど。

5 DIVE TO BLUE
ラルク史上まれに見る前向きな歌。
「錆びた鎖に最初から繋がれてなんてなかったんだよ」。
こういう、それ自体は何も変わってはいないんだけど、
自分の見方が変わったから気付くことがあるっていうのがとても好きです。
歌い方が男前(笑)。

6 インスト
聴かない☆(ひど)

7 Butterfly's Sleep
友達数人に「マリスミゼルっぽい」と言われてました。そうかなぁ?
まあ黒ミサっぽい…かな?(マリスは何扱いだ・笑)
吸血鬼の伯爵様が自分が愛した少女だけを蘇らせることができなくて
慟哭しながら未来永劫かけてなんとかその恋を遂げようとする話でしょうか。(※8割妄想)

8 perfect blue
曲はハワイアンで今までラルクにないからいんだけど…詞が…

9 真実と幻想と
まったりする(笑)。

10 what is love
きゃわいい。悶絶。でも(?)切ない。

11 pieces
大石さん(現はいやんの嫁)との交際発覚後初シングルのこれが、
珍しいほどやたら甘ったるい詞だったんで「ラブラブかこんちくしょ!」とか思ってました(笑)

ark BEST5
1 Driver's High
2 DIVE TO BLUE
3 Butterfly's Sleep
4 forbidden lover
5 what is love


■REAL
REALREAL
(2001/07/04)
L’Arc~en~Ciel

商品詳細を見る

1 get out from the shell
日本語版の方が好きです。こっちもかっこいいけど。

2 THE NEPENTENCE
エロテイスト?
女の人のコーラスが気になります。
サビののびやかな歌い方が好き。

3 NEO UNIVERSE
CM(化粧品のだったかな)で流れてましたね。
おねぃさんがひらひらしててこの曲のイメージとうまく合ってて好きでした。

4 bravery
てっちゃんの詞は直球過ぎてちょっとなあ。

5 LOVE FLIES
canonの本人出演CMソング。
こんなに英語が多いシングルはこれが初めてじゃないかな。

6 FINALE
映画版「リング」の主題歌だったはず。
ラルクのこういう雰囲気ある歌、結構好きです。
哀切なホラーて感じをよく出してますね。

7 STAY AWAY
珍しく軽快ですね。
「浮かぶ雲のように 誰も僕を掴めない
 何もかもを壊し 自由のもとに生まれた」の爽快感がイイネっ。

8 ROUTE666
免許取れたらぜひこれをかけながら疾走したいです。
…でもカーチェイスしたくなりそう(汗)

9 TIME SLIP
この曲からがらっと雰囲気変わりますね。

10 the silent letter
「迷子になった幼い時のようだね」
なぜかここにどきどきします。
なんかイケナイものというか禁断とまではいかないまでも
秘密の過去を垣間見てしまったような。(なにそれ)

11 ALL YEAR AROUND FALLING LOVE
曲は好きなんだけど、ちょっと歌詞がらぶらぶ過ぎるんじゃなくって?
…確かはいやん結婚後初のアルバムだしねっ。ぷっ。(みにくい)

REAL BEST5
1 NEO UNIVERSE
2 ROUTE666
3 STAY AWAY
4 FINALE
5 LOVE FLIES


■SMILE
SMILESMILE
(2004/03/31)
L’Arc~en~Ciel

商品詳細を見る

1.接吻
接吻大人の色気(笑)で攻めてきましたね。
サビのファルセットがよいvREALの曲っぽい。

2.READY STEADY GO
Mステスーパーライブでこの曲で復活してくれたとき、やたら興奮しました。
あああかっこいー待っててよかったー!!みたいな。

正直REALの頃ちょっと心が離れかけてたので次の新曲が不安やったとですよ。
んでHYDE氏ソロのとき「信じて」って詞書いてたじゃないですか。
「信じていてあともう少しでそばへ行ける」(HELLO)とか。
それで離れかけてた心を繋いでたんです。

んでこの曲ののびのびラルクらしいけど
新しく生まれ変わった感じの曲で予想をいい方へ裏切ってくれました。

んで「PLEASE TRUST ME」でハートをロックオンされました(笑)
やっぱラルクについてくvと思わせてくれた曲でした。

「あの丘の向こうで君に出会えたなら 
何から話そう そんなことばかり思うよ」が可愛いくて好き。

3.Lover Boy
Lover Boyが「男娼」(ウリ専?)という意味になるらしく、
雑誌のライターさんがkenに「ついにそっちに走ったのかと思ったよ」とか
腐女子心をかき乱す発言をしてくれていました。

kenは「ああだからDon't be shy…って違うから!」とかノリツッコミしてた気がします。
“love addict”の意だったようですが、私はこんな詞書いて
はいやんに歌わせるkenによこしまなものを感じずにいられませんでした。
つかはいやん裏路地に立って「君いくら?」とか言われるの似合いますよね。
(以下よこしま妄想略)

4.Feeling Fine
何だこの歌は。新境地ですね。
でもラルクにしちゃ可愛いすぎる。

5.Time goes on
イントロ可愛い。けどじれったいのであんま聞かずにとばしてしまう。

6.Coming Closer
かっこいー&色っぺー。はいやんにしか歌えないと思う。
あの子(ついに子呼ばわり)ののびやかな歌声は、まるで鳥さんのようですね。

7.永遠
イントロからじれったいのでとばしてしまいます。

8.REVELATION
「42か月の永遠」、ニヤリですね。四字熟語、びっくりですね。

9.瞳の住人
サビが好き。この子の(以下略)。
てか高いなぁこれ。
てっちゃんが「hydeこの高さ出るかなぁ」って
気にしてたのが微笑ましかったです。まあムリもないけど。
「ひとつの風景画の中寄り添うように」って、キレイな表現だなぁと思いました。
「雪のように空に咲く花のもとへ」 って終わり方もキレイだなぁ。
透明感のある歌ですね。

10.Spirit dreams inside
FFとラルクの夢の共演v
えー、化け物(?)の視点から詞を書いたそうで。発想がすごいなと思いました。
でもあの化け物(?)の悲しいサガをうまくすっきり表してると思います。
「もし叶うなら俺を止めてよ」。どきどき。キタ「俺」。
たまーに「俺」を使ってくるのがたまりませんッ。
あとインタビューの時「僕」と「俺」が入り交じるのが可愛くて仕方ありませんッ。
…最近あんま「僕」言わないかな?

SMILE BEST5
1 READYSTEADY GO
2 Coming Closer
3 Spirit dreams inside
4 瞳の住人
5 接吻


■AWAKE
AWAKEAWAKE
(2005/06/22)
L’Arc~en~Ciel

商品詳細を見る

1.New World
プロモのはいやんがかわいいし、サビの声ののびもいいし、
詞はゆっきーやのに前向きで意外やし、
AWAKEのシングルでは2番目に好きです。
プロモはどうもロード○ブザリングを思い出します。
「君がくれた声を抱いて高く高くはばたく」のとこが好き。

2.LOST HEAVEN
ラルク公式サイトかどっかで発売前にちょっとだけ視聴した時
「We'll say good bye,lost heaven ちゃちゃんちゃん」
の「ちゃちゃんちゃん」(メロ)が好きくて、ずっとそこばっか聞いてました。
アルバムでイントロからちゃんと聴いて惚れ直しました。
作曲したkenにうっかり惚れそうです。(うっかりなのか)
ハガレン気になるなぁ。

3.叙情詩
これはシングル発売前にタイトルだけ発表された時
「“叙情詩”!?どんな歌にする気!?」とびびったものでしたが、
詞とメロを聴くと「ああこの曲は“叙情詩”だなぁ」と納得しました。
イントロ好きだー。君が好きだー。
「夢なら夢のままでかまわない」が好き。
このアルバムで一番好きなシングル。

4.TRUST
てっちゃん唯一のアルバム曲ですね。
この詞の内容はMy Dearの内容と繋がってる気がしますね。
2番のサビの「the light~」の繰り返しの歌い方が好き。
歌詞は「きっと 夢のような世界」が好き。

5.Killing Me
よくわからん詞だと本人もゆうてますが、
とりあえず“永遠の愛なんてないと思うけど
愛している瞬間に死ねたらその愛は永遠になるのかな☆”てゆう歌ですね。
「きっと夢は醒めない この世界を止めて 
決して君がそばにいなくなる前に~」
あたりが好き。

6.AS ONE
「promised land」を思い出させるイントロ。
あと「666」(HYDE)の香りがする。
たぶんこのアルバムの“テーマ”とやらを
最も端的に表している詞かと思われる。
「History~」のとこが好き。

7.My Dear
歴代一位の曲。Tierraの雰囲気もかいまみえますが、
とにかく好き。
メンバー全員が名曲だ、って言ってたし。
タイトルだけ見た時は「あなた」みたいな曲かと思ってた。
一曲だけ延々リピートしても大丈夫な曲。
…なんかしつこいくらい絶賛してますね。よっぽど好きなんでしょうね。
ハードな2曲にはさまれてるのもイイ。

8.EXISTENCE
怒りを眠りへ向けるはいやんがかわいい。サビ以外が好き。

9.自由への招待
歌詞がの韻がそんなに好きじゃない。(歯に衣着せろ)
サビはまあいいけど。

10.Ophelia
サビが「Shinig over you」を思い出させる。
「My dearest Ophelia~」
「いくつの愛と罰とで君へと辿り着けるの
答えて ねぇOphelia」
あたりが好き。

11.星空
反戦っぽい。
これもTRUST,My dear,AS ONEとかと内容繋がる気がします。
なんか今回、メッセージ性が強い気がします。
なんかまず伝えたいものってのが根底にあってそれを歌として届けましたみたいな。
ラルクがかっこいいのはいつものことですが、なんか聴いててハートにグッ☆とくるよね。
久々にメロメロでした。
正直SMILEががっかりだったのであんま期待してなかったんですが
アルバムの情報が解禁になるたび期待はふくらむ一方となり、
しかも期待してるとそのぶんがっかりするハメになることが多いのに
期待を裏切らないどころか感動まで覚えました。
「いいやん!!どうしたとね!?」とまで思いました。

12.twinkle,twinkle
作詞がkenだからか(自分の作詞ではないからか)、
はいどんの歌い方がよそよそしい気がする(笑)。
それ以外は特に印象の無い歌。(えぇー)

AWAKE BEST5
1 My Dear
2 LOST HEAVEN
3 叙情詩
4 New World
5 星空 


■KISS
KISSKISS
(2007/11/21)
L’Arc~en~Ciel

商品詳細を見る

01. SEVENTH HEAVEN 
トリッキーに始まりますが、これがこのアルバム全体の仕掛けのようだと思う。
この歌は一見すごく楽しそうで、実際楽しいんだけど、
よく聞くと戻れない階段を上っているという引き返せない怖さがある。

そしてこの後の曲はどれも、解釈が表裏一体でひっくり返るようなものばかりだと思う。
明るいように見えて痛かったり、痛そうに見えて明るさがあったり。
そういうアルバムのはじまりに、この曲はとても似合う。
導いてくれる曲だなと、思いました。

02. Pretty girl 
やっぱり夢オチだった!(笑)
ライブで「いつもそこまで」だけ覚えてたんで
夢オチかおあづけかどっちかな~と気になってたんですが
歌詞全部見てもやっぱ夢オチのようですね。

「男子中学生(14)、夏休みの朝のひとコマ」みたいな。(笑)
kenちゃんにしか書けない詞だな~
もう今疑心暗鬼なんでこれは無限ループの悪夢だ、
抜け出せないんだとかまで思い出しましたが。(考えすぎ

03. MY HEART DRAWS A DREAM
青空が似合う歌だと思って、でも「太陽を雲の先に感じる」だけであって、
「今は」まだ青空は出てきてはいない歌なんだと気付きました。
今は曇り空かもしれない。でもいつかきっと青空が広がるはず。
信じ続ければ、それを叶えられるかもしれない。

PVがなんで青空じゃなく白黒なんだろうと思って、
ああ色をつけるならぬけるような青空がいいなと思って
そうやって、今あるものを、見方を変えれば
明るい未来の予兆にだってきっとなるんだよ、という歌だと思いました。

ひとことで言えば「励まされる」ですね。
ちょうどどん底に落ち込んでるときに、ああなんもいいことねーなと思ってるときに、
まだいいことこんなにあるじゃないか、って探す気にさせる歌だと思います。
最初、一緒にどんぞこに落ちてくれてるのがまた救いですな。(笑)

04. 砂時計 
なにこの名曲…!!!
てっちゃん!てっちゃん、結婚してください!!!(笑)
サビ前の、「(英語)ギギッギ!」って止まるとこがたまりません!!
そして詞もいいですね。hydeかと思ったけど。
幸不幸は表裏一体。
誰かの願いが叶う頃 あの子が泣いてるよ。
みんなの願いは同時には叶わない…(ちょ、違う歌 

「砂時計」、ってのは「砂上の楼閣」という意味も含むのかなぁ。「偽りの楽園」ですしね。
あなたの幸せは、誰かの犠牲の上に成り立っているかもしれないと、
ときどきでいいから…思い出してください。

05. spiral 
「ストイックな快楽主義」という大いなる矛盾を含む言葉がハマる歌だなと思いました。

間奏で英語のささやきあるんですね~
訳すと「君の知らないすべての世界へつながるドアを見せてあげたい」かな?
新世界大好きですねゆっきー。あなたが神か?(笑)

「狂騒ぉー」の「ぉー」のとこがたまらんかっこいいです。
Devil May Cryの主題歌はすでにこれでばっちりなくらいですねゆっきー。

06. ALONE EN LA VIDA 
hydeは「リアルに死を感じながら生きると、ものの見方が変わる」って言ってました。
今日すれ違うようにあった人に、生きている間にもう二度と会うことは無いかもしれない。
今日過ごしたこの場所、この時間にはもう二度と戻れない。
だから今、「あなたと出会えてよかった」、それだけでも十分奇跡的なことで、
寂しさが胸をかすめるけど、この情景を覚えてまた、命の続く限り、旅は終わらない。
大げさでもなんでもなくわりと人生、何処に行くかわからない壮大な旅ですね。

「あなたと出会えてよかった それで十分」が、
次のDAYBREAK'S BELLの「こんな形の出会いしかなかったの?」と呼応してそうでいい。
そんな形の出会いでも、出会えたんだよと。
ライブにあった鐘の音がなくなったのはDAYBREAK'S BELLのためかな?
夜明けの鐘はまだここで鳴らすわけにはいかんぞとか。

07. DAYBREAK'S BELL 
歌詞のイメージはやっぱり「戦う女の人」、なんだよなぁ。
あなたと争いたくはなかったのに、
自分は自分の守りたいもののために戦わなければならない。
あなたはあなたで守るものがある。
その「守りたいもの」にお互いがいようとも、立ち向かっていくのは止められない。
だからせめて「明日へ立ち向かうあなたを守りたまえ」って願ってしまう。
なんかそういうすれ違いと矛盾の悲しさのある歌のイメージなのです。

立ち向かう強さはShout at the Devilっぽいけど、
それをすれ違いをからめて哀切にした感じかな、という印象。
「どれだけ祈れば天に届く?」だから、願うだけでは何も叶わないって知ってるんだよな。
それでも「願いは誰にも撃ち落せない」だから、「願う」だけは不可侵領域なわけで
願い続ける弱さも強さも知ってるという…
混乱してきました(^ω^)

08. 海辺 
切ない。
「あの夏まで歩いて」で思いがはじけるhydeの歌い方がたまらなく切ない。
「場」に呼び起こされる記憶って感覚全てを思い出しますよね。
好きなんですが、あんまり言葉が出てこない。
いろいろ言うより、聞いて浸ったらいいよという歌。

09. THE BLACK ROSE 
楽しいぃい~!!><
サスペンス映画風ってどんなだ?と思ってたらこういうことか~!!!
DEATH NOTEが好きだと言いまくってる時点で伝わるかと思いますが、
わたくし「犯人は誰だ」ってハラハラする推理サスペンス展開大好きでして
これもうドツボでした!

あぁ黒薔薇の君(笑)が忍び寄る恐怖…!!
追い詰めたと思ってたのに追い詰められてた恐怖…!!
いつのまにか相手の術中に嵌っている恐怖…!!
最後、振り向けば犯人が「計 画 通 り」って壮絶な笑みで銃口向けて、
バンって音で幕が下りる短編映画ができそうです。

そして「…Me!?」が可愛い。「!?」て(笑)。なんて楽しいんでしょう(^ω^)
ほんとLの小説とか主題歌これにして「L vs BLACK ROSE」にすればいいのに(^ω^)
しかしこれといいSEVENTH HEAVENといいHurry Xmasといい、
今回hyde氏エライ遊んでますね。(笑)

10. Link -KISS Mix- 
L'Anniversaryのときのミックスとは違うのかな?(え、あれミックスじゃなかった?
「争いの道具が消え去るときをいつか君に見せたいな」。
AWAKEが「反戦」であるとすれば、KISSは「平和」だなと思いました。

AWAKEは戦争に反対…というよりは、
戦争が起こす悲しみにスポットが当たってた気がしますが
KISSは争いが繰り返されることは避けられないと諦めのように悟りながらも、
今ある平和が、どれだけ尊いか、平和でありますようにと願うことはできる、
平和への憧れと感謝にスポットが当たっている感じがしました。

11. 雪の足跡 
寒いけど暖かい歌。シチューのCMで聞きたい。
なんとなく泣きながら笑ってるイメージ。
痛みを越えてようやく笑えるようになった、
ここまで長かった、でも今笑いあえるから、
この今ある幸せが少しでも長く続きますように。
たぶんそれはこの雪がいつまでも消えないように、と願うような
儚いものなんだろうと思いながら。

ということで結局泣きながら聞いてしまうのですが、
次にもう一曲はっちゃけたのがあってくれて本当によかったと思います。(笑)

12. Hurry Xmas 
アルバムはしっとり終わる、ってのが多いラルクですが、
こんなはっちゃけたのは初めてですな。(笑)
さんきゅーじーざす!とかきた日にゃー(笑)、もう二マニマが止まりません。
今までのラルクなら雪の足跡で終わった気がするけど、
はっちゃけた2007年のラルクにふさわしいアルバム最終曲だと思います。

だって雪の足跡で泣きまくったあと
わーい!とライブ前のわくわく感を思い出させる例のフレーズが始まり、
リピートすればSEVENTH HEAVENがまたくるわけですよ。
んで我に続けとか言われて続いたら、
いつもそこまでーん!とか言われて、あ、いやまだ行くよ、と続けたら、
笑顔のままの君に会えるといいなとか言われて、ものっそ笑顔になってるうちに
砂時計が流れ始めて、神よ…!とか慟哭してたら、
神による最後の宴が催され、溺れ始めたころ、
郷愁の旅路にさしかかり、スナフキンばりに漂いだしたりしてたら、
願いは誰にも撃ち落せな~い!が耳から離れなくなり
中学時代の波打ち際、プールの底で顔面強打して流した自分の血を見ながら
「あ、これで『自分の血を見るまで近寄らないで!』って言われたけど近寄れる!」
とか思ってた痛い記憶がいくら歳月が流れても僕を悩まし、
「える知っているか 死神は 黒薔薇しか食べない」 犯人の真意は?
「争いの道具がなくなるときをいつか君に見せたいな」だよ←え、お前いいやつ?
また雪の足跡で泣きまくってたら
ライブ前のわくわく感を思い出させるイントロが始まり、
うっしゃまたテンション上がってきたーーー!ってなって
またSEVENTH HEAVENを聞きたくなるわけですね。

なんだこのまたハートに火をつけるエンドレス仕様は。(笑)

■KISS ベスト5
1 MY HEART DRAWS A DREAM
2 THE BLACK ROSE 
3 砂時計
4 雪の足跡
5 ALONE EN LA VIDA 


■カップリング
The Best of L’Arc~en~Ciel c/w (初回限定盤)The Best of L’Arc~en~Ciel c/w (初回限定盤)
(2003/03/19)
L’Arc~en~Ciel

商品詳細を見る

ラルクのカップリング曲を好きな順にカウントダウン。
10 リミックス
聴かない。(ひど)

9 a swell in the sun 
なんかうずうずする。

8 あなたのために
恩着せがましいので嫌い。(ゆったー!)

7 さようなら
直球過ぎて妄想の余地無く聞き流す。

6 metropolice
アンドロイドが終わる世界でエロエロする歌。
はいやんが「せいきを癒して」とかゆってくるので危険。
聞いてるときにおかんが部屋に入ってくると急いでとばす(かえってあやしい)。

5 get out from the shell
「夢は夢のままで」の似たような歌詞に
福山雅治の「桜坂」の「夢は今も夢のままで」がありますが
こっちは「その手で破壊しよう」と続きます。わぁなんて対照的なんでしょう。

4 Brilliant Years
若くて可愛い。「会いたい」連呼する君(はいやん)に会いたい。

3 THE GHOST IN MY ROOM
幽霊が部屋の中でぐるぐるする歌。
はいやんが「Touch me」とかゆってくるので危険。

2 賽は投げられた
歌い方が可愛いすぎる。悶絶。
しかし「dead」を明るく可愛いくさりげに連呼する。

1 I'm so happy
「I love you」攻撃。…ぐはぁ!(ハートに無限大のダメージ!)
しかも9回も繰り返すんだよ!死ぬじゃないか!…ばた。
関連記事
SEX BLOOD ROCK N' ROLL(初回限定盤A)(SHM-CD+Blu-ray)SEX BLOOD ROCK N' ROLL(初回限定盤A)(SHM-CD+Blu-ray)
(2013/09/25)
VAMPS

商品詳細を見る
SEX BLOOD ROCK N' ROLL(初回限定盤B)(完全生産限定盤)(SHM-CD+グッズ)SEX BLOOD ROCK N' ROLL(初回限定盤B)(完全生産限定盤)(SHM-CD+グッズ)
(2013/09/25)
VAMPS

商品詳細を見る
HALLOWEEN PARTY (CD+DVD) (数量限定生産)HALLOWEEN PARTY (CD+DVD) (数量限定生産)
(2013/10/16)
HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA

商品詳細を見る













管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。