ねば玉の戯言

九州の片隅で社会人してます。 ラルクを一生愛す。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
デスノート感想目次 デスノート 11巻

ジャンプで読んでたのに読むの二時間かかったYO。
これ、イキナリコミックスで一気に読んだ人は心臓麻痺起こしそうな衝撃では…。
以下、ジャンプ掲載時感想+今回追記で相当なボリュームです。(微笑)

■内容目次 青字は今回追記です。
他はジャンプ感想の再録なので次回予想とか付いてますがそのまま載せました。
① 表紙
② 本編 
page99 「二人」 
page100 「対面」
page101 「誘導」 
page102 「我慢」 

page103 「宣言」 
page104 「答」 
page105 「無理」 
page106 「殺意」 
page107 「幕」 
page108 「完」 
③ デスノート感想総括
④ 感想追記 

では以下イタイ感想を通してお届けします。
通して読むと相当長いわイタイわ見当違いだわで結構な羞恥プレイですが、
自分で振り返るのにちょうどいいのさっ(何キャラ

①表紙
DEATH NOTE 12 (12) DEATH NOTE 12 (12)
大場 つぐみ (2006/07/04)
集英社

この商品の詳細を見る

・Lたんをありがとうございます!ありがとうございます!!(二回)
・特殊印刷文字を記念に(?)撫でさすってたらちょうど神の乳あたりでセクハラになってしまいました。すみません神
・メロの二の腕(*´Д`)ハァハァ
・最終回でよくある主要キャラ勢ぞろいは大概無理やり感漂う構図になるものですが、やっぱ小畑画伯は神ですね
・各キャラが今までの表紙と同じポーズor服っぽくて、今までの総まとめ感が
・カバー色が二巻に似ているのはLたんへの愛(決め付け

・帯「物語は、終わる。」終わりじゃないもんー。・゚・(ノД`)ヽ
僕らの胸の中に永遠に行き続けるんだーー(まだ言う
・その裏の集英社の商魂について(略)
・カバー見返しの小畑神のお言葉は今後の展開を期待していいですか
(しかし常に期待を裏切る君たちにゾッコンLOVE)

②本編

page99 「二人」
マットの顔出しにきゅんとしたのもつかの間、
高田の護衛に囲まれたマットは、…。

やっと目立ちどころな役回りがきたのに、
キラの手によるものですらない、あっさり過ぎる最期でした。
タバコ咥えたまま、てのがマットらしくて、そこだけはよかったなと思いました。

ああそうだ、高田が脱ぐって前予想してたんですが、ついに当たりました。

ニアの、「メロを止めて下さい」ってセリフが、二回目読んで効いてきました。
ほんと、誰か、ていうかニアが、止めてあげてたらこうなりはしなかったのかなぁ。
…でもニアに止められたら、メロはますますムキになりそうですね。

メロ、最期は教会で、いつもはめてたロザリオが描かれてるのが、すごく切なかったです。
これはあれかなぁ、もう今の“神”はキラなんだから、キリストなんて…っていう暗示なんでしょうか。

メロが、高田の手によって、ってのも納得いきません。
そういえば、Lの時もレムが書いたんだから、月が直接裁きを下したわけじゃないんですよね。
ニアとは直接会うようなので、対決の結末がどうであれ、今度こそ月には自分でリスクを背負って欲しいです。

高田、好きじゃなかったけど、証拠もろとも焼身自殺させるなんて、
やっぱひどいです。

今回の急展開、メロとマット、高田の存在意義というのがあまりに扱いがひどくて正直納得いかないです。
page100で一気にカタつけたくてこんな展開にしたような気がしてならないんですが…

これは月(キラ)の行動に読者が反感を持つようにやったことだと思いたいです。
月の“正義”は間違っている、と、最終的なLMN側の逆転のための伏線だと思いたいです。

Lとメロたちのやったことが、ニアの行動に残って、
月の間違いを正すことができますように。
次回、ニアががんばってくれることを願います。

page100 「対面」
「ジェバンニ 間に合いますか?」
このときジェバンニは必死で内職をしてたんですね。
あえてLフィギュアを持ってくるニアが可愛いのか作者がニクイのか…
ホテルにいるミサはどうなったんだほんとに

「これから先もお前だけは目として残してやる」
これと顔で選んだ点を考えるとキラ様相当魅上ん寵愛してますね

「対面」というか「VS面」

page101 「誘導」
「ニア お前はLにはるかに劣る…おまえにLの面を着ける資格は無い」
もうなんか神どんだけLたん大好きなんだって感じですね。独・占・欲☆
そんな腐った視点を除いてもあのピュア月くんのLへの憧れってまだ残ってるんじゃないかなと思いました。
ニアも大好きだしいまだLの存在感が大きくて嬉しい限りです。
たぶん月にとってもニアメロにとってもいつまでも別格なんでしょうね。
最後の魅上んの変質者っぷりはさすがにうっすら引きました。
でも神見つけて喜ぶのがアホで可愛い(笑)。魅上ん27歳・神23歳ですよね。
うーんおいしい。
あとなんとなく寿命が数字が大きいほど早く死にそうな気が…

page102 「我慢」
ここで神が考えるニアの敗因がのちに勝因に変わりますね。


page103 「宣言」
「ニア 僕の勝ちだ」
思えばここから今回の夜神月は道を踏み外してますね。
自分はキラだ、と言わんばかりの発言です。
なぜこの段階で口走ったのか…まぁこのあと全滅するという自信があったんでしょうけど。

「か…神…わ…私は 仰せの通りに…」
こんの馬鹿犬!(※愛ある表現)
忠犬テル公はよかれと思って神に訴えますが、追い討ちです。
案の定神にものっそ舌打ちせんばかりの顔で見られてます。
その駄目っぷりにちょっと愛がはみ出ました。(ハミ?)
そして捕まるハチ…もといテル公。ついにキラ陣営が…!!

「罠だ これは罠だ」
取り乱す夜神月。今回デスノ史上最も人間らしい夜神月が見れたと思いました。

「僕は そんな奴は知らない」
取り乱しついでに照りんも否定する神。
うなだれてがっくりする魅上んに愛が芽生えた日。(日?)

「や…止め…」
これだけ書くとなんか色っぽいですが(腐りすぎ)、
ここまで取り乱す夜神月が見れるとは思わなかった…

「ジェバンニが一晩でやってくれました」
ここだけ書くとすごく色っぽいですが(腐敗済み)、
ここまで引っ張るキャラだとは思わなかったよジェバンニ…
っていうかノートまるごと模造って…すごくね?
てか普通に無理じゃね?そこだけ漫画的展開?
まぁこんだけ「論理」なのに根本「死神」ですからね。

「死神さん はじめまして ニアです」
「くく はじめまして リュークです」
「リューク…私は今日まで死神というのは顔がドクロで鎌を持っていると信じていましたよ」

ニアとリュークたんごたいめーん!…って、
か、可愛いvv
死神“さん”…!!リューク“です”…!!“信じていましたよ”…きゅんv
意外な組み合わせで萌えてしまった…くそ可愛いなおまーたちぃいー

「切り離したページに名前を書いても死ぬんですか?」
「ああ 死ぬな」

あっさり認めたーーーー!!
こんな一コマで認めていいことなのかいリューくん。
これで数々の夜神月の行動がひっくり返り…あんの上飼い主様はすごい形相です。
ここへ来て急展開っぷりに拍車がかかってますね。

「夜神月 あなたがキラです」

嗚呼…
ついに来ましたこの時が…!!
正直、これを見たときなんともいえず色々な感情がうずまく中、
「嬉しさ」がわりと比重が大きいことに気付き、自分でも意外でした。
なんというか、夜神月が好きで、その思想は間違っているとは思うけど貫いてほしいというか、
誰にもできない、その孤高なまでの姿勢がいっそ綺麗だと思って、
だからそれはそれで彼の目指す新世界を見守りたいという思いがあったわけです。
「キラ派」では無いにしろ「キラ否定派」でも無かったんです。
ああ、それで、これを見てこんなに嬉しいってことは、自分は思ったよりずっとL派だったんだなと思いました。
最後の最後に勝つのはL陣営の方であってほしい、とはずっと思ってはいたんですが、夜神月の敗北がこんなに嬉しいとは思わなかったなぁ。
Lを葬ったのは夜神月なわけで、その無念さを、というかいっそその仇がやっととれたという思いが自分の中にあったのかとも思いました。
が、ここまで書いてふと思い当たったのですが、
“これで夜神月を止められる”、そのことが一番嬉しいのかもしれません。
孤独に、孤高に、策をめぐらし続けて、あらゆるものを犠牲にして、
新世界の創造に奔走し続けた彼を止めることができたのが、
それを止められたのがLの遺志が受け継がれたからだ、というのが嬉しいのかもしれません。
うん。たぶんそうです。
ずっと、夜神月を止めて欲しかった。痛々しかった。
Lがいたころはともかく、そのあとの堕ちる様に突き進む様が悲しい、というか寂しかった。
うーん。なんか長い上によくわかりませんが、とにかく、
Lたちのやってきたこと、それによって夜神月を止めることができたことがすごく嬉しいんです。ハイ。

次回、「答」!!
「メロのおかげです」、ニアの口からすごく嬉しい言葉が出ましたね。
一番になれなかった、とずっと思ってただろうメロに聞かせてあげたい。たぶんずっと、ニアはメロを認めてたよー。
あとニア、Lのことも言うように!(笑)
どんな答えを出すんでしょうね。やっぱり一番気になる漫画です、デスノートは。

page104 「答」
「左ページの1行目です」
これを複製したジェバンニはすごい…というかこれだけの名前を書いたアシさんがすごい。

「神は見張られ動けぬと…」
正直、ここらへんのネームが多すぎて頭はとうに追いつけませんが(言い切りやがった)、
魅上んが高田の名前を勝手に本物のノートに書き、
それが裏目に出たらしいというのはわかりました。(最低限)
しかし神が書いた時間と1分差の時間指定。
ほんとに神のやりたいことを読めるんだね。いいこいいこ。
傀儡にするにはにはあまりに優秀すぎたんですな。
自分で考え行動できてしまう…その点ミサとは正反対ですね。
よかれと思って行動する忠犬っぷりに涙がちょちょ切れる思いです。

「馬鹿が…」
必死に言い訳するテル子に、容赦ないお言葉。言いつけ守らない子はキライ☆な女王っぷり。
私は月のぶっさいくなキラ顔が大好きです。面白くてしょうがないです。

「はい 残念」
うーわこれイラッ☆とするなーー!!
神の心中お察しします、これはさぞニアが憎いでしょうね。

「ノートに名前を書かせることで直接だと…
………………………………………
俺がやるしかないな」

メロ…メロォオオオオオ!!
これはあれか、ニアにできないことを自分がすることで、
自分はどうなっても必ずキラを、夜神月を倒す結果になるんだと信じて、あとニアを信じて、
それであんな行動に出ていたのかメロ……!
いかん泣いてしまうではないか!

「メロはいつも 一番になる 私を越え Lを越す そう言っていましたが…
…………… 分かっていたんです 私はLを越せない事…
もしかしたら私は行動力に欠け メロは冷静さに欠ける…
つまり互いが互いの目標とする者を越せなくとも…」


「二人ならLに並べる

二人ならLを越せる」


号 泣 で す。
ああ、この言葉のために、Lの死という展開が、どうしても必要だったんですね…!!
今更、ほんと今更なんですが、どうしてもLの死を認めなければならないのだと
この言葉でようやく思い知りました。
これで、今までのLのやってきたこと、一部からの戦いを、
あれがあったから今こうしてキラを追い詰めることができたんだと、
Lの死は決して無駄では無かったのだと納得できそうな気がします。
というかまだどこかでLは戻ってきてくれると信じていたので、
これを言われるとああもう戻ってこないなぁ、と思わざるをえなくて泣いたわけですが。
でもよかった、これで今までが報われる気がする…
この場面のために今までの全てがあったと言っても過言では無いシーンですね。
よくやったよつぐみ…

「そして今 私たちはLが証拠を挙げられなかったキラに…Lが敗れたキラに…
確たる証拠を突き付けている!」

ニア、やっぱり、Lの死が悔しかったんだね…!
「ゲームは勝たなければただの敗者」なんて言ってたくせに…!
ここまでこの悔しさを抑えてたのか…
いや、でもそうだね、ずっと目標にしてたLをあんなに突然奪われて、
切り捨てられるような子じゃないもんね。
へへ、このへん、旧ブログでこっそり書いてた小説っぽくてちょっと嬉しかったです。

「そうだ 僕がキラだ」

最 終 回ですか?
この言葉を聞けるのはまだまだ先か、もしくな永遠に無いかと思っていたのですが…
それにしても「うぐーーー」とか言って変身なさったキラ様は、
まさに新世界の神でした。というか異世界の生き物でした。
ペットはケルベロス、とかそんな感じでした。
やべぇこれ、5月2日の画集発売までに何かが起きる。
タイミングがそんな感じだ。
でも10月の映画公開まで連載はあると思うんですが、それまでどうするんだこれ。
てか11巻も5月2日で魅上んが表紙らしいです。
それまでにこの畳み掛ける展開…やばい決着つける気かぁああー!

…終わらないでね?三部やってね?
でも夜神月以外の主人公なんて私の中で考えられないんですが…
やっぱりLたんが颯爽と戻ってきてさ、「夜神くん逃げましょう」とか言って
「第三部:Lキラハネムーン編」やったらいいと思うんだよね!(諦めろ)

次回、「無理」!
「無理」て(笑)。出だしから無理だよこの漫画。
うわー、「無理です、レインボーブリッジ閉鎖できませーん!」もとい、
「夜神月を止められませーん!」かなぁ。
月の時計に仕込まれてる切れ端が逆転の切り札だ、という意見も見かけますしね、
そもそもこれで終わるような夜神月ではジャンプで今まで生き残れませんってね。
(どっちの味方なのか)

page105 「無理」
「そうだ 僕がキラだ」
うーわ“キラ様”降臨してるよーー
何か乗り移ったかのようにイっちゃった目をする月が 面白くて たまりません☆

「ここで殺すか?」
嗚呼ヤバイ見下げられたい…!!
この狂気スレスレの、というかもう狂気に堕ちて下さいな目がたまりません。
Mです。ほっといてください。

「新世界の神だ」
ついに言い切った…!!
「新世界の神に“なる”」とかキラキラした目でのたまった 制服姿がそそった 月くん。
ついに宣言しました。この数年間でそう言っても過言では無いほどに世の中を変えたんだよなぁ。
それがいい方向だとも言えないけど、その信念と誘導の巧みさはすごいと思う。

「世の中が変わってくれば人間も変わってくる…優しくなれる…」
ここがなんか幼い表情なのが悲しい…
願った、根底のところは、結局誰もが夢見る世界なんでしょうね。「優しい世界」。
「それでも悪事を働くものは人間失格」がね、厳しいんですけど。それにしても
今回の夜神月のキラ/神/裕福な子供/アダルトのスイッチの切り替えっぷりにどっきどきです。

「本来人間は地球上で一番優れた生物として進化をしていかなければならない」
完全に神思考ですね。
ここで「神…!」とか思った私は照思考ですね。

「僕にしかできない 人を殺すのが犯罪なんて事はわかっている 
しかし もう それでしか正せない」
「僕は自分の利益など一度も考えたことはない」

ねー…もうなんか悲しいというか、切ないというか、ここまで一人で思いつめて
自分を犠牲にして新世界の創造を目指す夜神月が不憫でしょうがないです。
“不憫”なんて単語、神に浴びせたら消されそうですけど(笑)。(笑うな)
「ここまでやれたか?」のポーズは滑稽でしたけど。(確実に消される)

「Lの仇というならば それこそ最も愚かな行為だ」
Lたんファンを敵に回したぞ夜神月。
この野郎…新世界の神気取りでLたんを愚弄するか!
そこへなおれ!一時間正座して足しびれてろ!もしくはお詫びに脱げ!(何故)

「クレイジーな大量殺人犯」
なんでイキナリアメリカかぶれ…(笑)
今回の神の独白っぷりがあまりにイタく描かれたんで皆が白い目で見てますね。
まっつんまで。
夜神月がどんなに訴えかけたところで説得は「無理」てことですかね。

「言ってもわからぬ馬鹿ばかり…」
おお使いますか時計!!
とりあえず時計に仕込んだデスノートの紙片は夜神月の自殺フラグでは無いようですね。
そうだ、こんなとこであっさり捕まるなよ夜神月!!
てか今度はニアがあぶないのか…気をつけろニア。(どっちの味方なのか

次回、「殺意」!!
おお、やっぱ夜神月が使うんでしょうね。
でも月が世界のため、とかでなく「殺意」でノ-トを使うとしたら初めてでしょうか。
それで結局は私利私欲かいとニアにつっこまれるのかなー

page106 「殺意」

つぐみのばかぁあああーーー(ノД`) う、うぐーー
予想を超えるにも程があるよ…!
ひどい!あんたひどいや!乙女の夢(※)デストロイヤーだぁあああー
(※…ある意味つぐみよりひどい夢)

「時間とは、人の生命の残量を刻むもの。決して止まらない。」(アオリ)
何うまいことかっこよく言ってやがるんだこんちくしょー
月きゅんのピンチなんだぞー!
編集部権限で時間を止めろこのやろーー!(ノД`)

「本物か?」
ニアが自分を殺す気があるのかをカマかけるキラ様。
この期に及んでの神ポーズでのお言葉、痛み入ります…うわぁあああー(ノД`)

「あなたは私が責任を持って誰の目も声も届かない所に死ぬまで閉じ込めます」
監禁プレイふたたびぃいいーーー(ノД`)

「仕込んだノートだ!!」
時計の紙片にニアの名前を書き込むキラさm…ドン

うわぁあまっつん撃ったぁああーーー(ノД`)

ちゃんと命中してる意外にかっこいいなお前ぇええー

「馬鹿野郎ーーっ!!松田誰を撃ってる!?ふざけるなーっ!!」
ほらキラ様の逆鱗にぃいいいーー(ノД`)

「父のような人間が馬鹿を見ずにすむ世の中…世界
それを創る礎として夜神総一郎は死んだ 
あいつの死を無駄にしない為にもこいつらを殺せと言っているんだ!」


夜神さん…あなたの息子は立派なチンピラに育ちましたよ…(ノД`)

♪もう失くすものさえ見つからない 駆け抜けた 遥かな道~(ラルク「LOST HEAVEN」)

突き詰めて考えるといったい何がいけなかったんだろうねぇ…リュークですか?
なんで人間界にノートをもたらした…って、「退屈だから」だよね…うん…
それを退屈だからって使ってさぁ、恐ろしいよね退屈って…(戻りすぎ)

「血で…」
時計の紙片に血で続きを書き込むキラさm…ドン ドン

うわぁヒットマン松田ぁあーーー(ノД`)

死ぬ気弾か!?死ぬ気弾なんだよな!?
それでこれからみんなでリングを探す旅に出るんだよな松田ーーー!(錯乱)

「殺す…こいつは殺さなきゃ駄目だ」

松田の「殺意」かつぐみぃいいーー(ノД`)

あう…ひどい…ひどいやつぐみ…まっつんに月きゅん撃たせるなんて…!!

「あんたは神なんかじゃない クズだ」

魅上ん…(ノД`) ブサイク…(そこじゃなく

こいつらを殺せとの神のご指名にも「書けるか」とかストレートツッコミかましたよこの子…
せっかく「お手」まで仕込んだのに…(※乙女の夢)

「キラ容疑者…大量殺人犯 夜神月を確保する」

よりによって相沢ぁあーー(ノД`)
足臭そうな相沢ぁあーー(関係ない

「誰か…こいつらを殺せ…」ずりずり はーはー 
這いつくばるキラ様…まな板の上の鯉のようにクロール。(鯉はクロールしません)
ああ「そそるVネックグランプリ」(※)の美貌が形無し…!(ノД`)
(※勝手に表彰)
 
「無様、月!!」(アオリ)

ひでぇや☆

編集部及びつん子(つぐみ)には「あんたらどSで賞」を差し上げます。酢昆布一年分です☆


page107 「幕」
わ・・・私はあえて勇気を出して言います。
原作はこれで正しい、原作はこれで正しいと!!
これが少年誌の取るべき正しい姿勢です。
私の名前はねば玉ん、新・徒然草(妄想日記)のねば玉んであります!!

狂乱の月!!はーはー
ちょ、画伯の画力がシャレにならんですって!こんなんカラーでいんすか!
某月くんの爪がリアルです((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

人間は、面白い。
リューくんかっこいい…ポッ。

「た…頼むリューク もうお前しかいないんだ書いてくれ!!」
ニアたちの名前を書けと頼むキラ様。形無し☆

「ああ書こう」
このお言葉にキラ様高笑い。

「いや死ぬのは ライト お前だ」
夜神r
リューくん字が可愛い!!(そこじゃなく
「ば…やめろ」(ドデ)て…キラしゃま…お笑いブームはもう失速してますよ…

「どう切り抜けるか少しは期待したが俺に縋る様じゃな…お前は終わりだ」
「お前はここで死ね」 

夜神月
ここからあとの怒涛のセリフを40秒で言えるかとやってみましたが、
ギリでいけました。すごいつぐみ。(お前はこの期に及んで何をしてる)
今までお手とかおすわりとかおリンゴとか大人しくやってて可愛かったから
もうペットかなと思って忘れてましたけどあの子は仮にも死神だったんですよねぇ。
この、神特有の残酷さにシビレました。

「天国も地獄も無い 生前何をしようが
 死んだ奴の行くところは同じ 死は平等だ」
「うわーっ 死にたくない!! 逝きたくないー」
ドクン
「ち ちくしょう・・・」
人間は、いつか必ず死ぬ。死んだ後に行くところは無である。


夜神月が「死にたくない」とこれほど惨めに言う、
あれほど大量の人間を裁いた夜神月にさえ死は降りかかり、
しかもこれほど生への執着を見せたというところで原作の役目は果たされたかと思ってます。
夜神月の生き様で反面教師的に生の大切さを訴えたかったのだなと思いました。
まぁ死後に行くのが死神界じゃないのと夜神月の逆転が見られなかったのが残念ではありますが…
原作はこれでいいと思います。あとは妄想で月きゅんとLたんを幸せにして見せます。(まだ言うか

キラ事件決着!!その後の世界はどうなった!?次回、「完」!!」
本当に終わりかしら…また一週間悶絶ですね。
でも今のうちに言いたい放題予想しておきます。

最終次回妄想
①夜神月が大逆転編
HOW TO USE IT:XV(3巻末)
二冊以上のデスノートで名前を書き終える時間の差が
0.06秒以内の場合は同時とみなされ、それらのノートに書かれた事は無効になり、
名前を書かれた人間は死なない。

死神界の穴から見ていたシドウたんがリュークと0.05秒差で夜神月の名前を書き
「なんか…どきどき(ドクンドクン)しちゃったよ」と相当キモイ感じで夜神月起床。
そのあとはキラ様降臨で一同の名前をリュークのノートに書き
「できる…新世界!」で完。第三部「キラキラな世界」。

あと掲示板からのコピペですがこれのがもっともらしいですね。


色々と今後の処置を話す捜査員一同。
が、次々と倒れていく捜査員たち。
二アだけが残り、振り返るとそこに立っていたのは月。
二アだけを残したのは、なぜ自分が死ななかったのかを話すため。
実は、自分の名前をノートに書かれても死なないように
信者達に自分の写真と、偽の名前、ノートの切れ端を送り、
この男がキラに逆らっている、この紙に名前を書けば裁けると
偽り、間違った名を書かせていた。
書く者は信じて書いてるので、故意にはあたらない。
4回ルールにより死ななくなった月、リュークが名を書いたことで
死んだと思いこませ、機会を伺っていた。
すべてを話した所で、ニアの名を書き、ニア死亡。


というかキラ…夜神月ならこんくらいの準備はしておけと。

②Lたんカムバック編
なにがなんだかわからないが持ち前の可愛さでつぐみを無意識に懐柔し
「私はLです」と突然登場。
レムの字が汚すぎて名前が書けておらず、ワタリと共にワイミーズハウスの隠れ家に潜んでいたが、いまだ根強いLたんファンの声により表に引き出される。
「が…ま…」=「がんばって漫画家を懐柔してみせます」。
夜神月とペアでテニス界の神になる。第三部「テニスの王○様」。
もしくは「イギリスで幸せにします」。第三部「Lキラハネムーン」。(しつこい)

③キラ様伝説編
「そこにヒトが在る限り、悪意は再び目を覚ます」というコラに触発されて。アレはいいアオリだ。
キラ事件は関係者全てが死ぬことにより決着した…。
それから百年後。
夜神月の名が歴史に残るわけもなく、キラ事件は歴史の闇に消えていた。
そんな中(中略)主人公の少年は一冊のノートを手にする。
「このノートを手にした者へ お前に新世界の創造を託す」。第三部「受け継がれるキラの遺志」。

当てる気あるのかと。特に②はもうなんかあれですね。

はい、では「ごめんキラ様これのおかげでちょっとあなたの最期かすみました情報」をそろそろいいですか?
もう昨日ネタバレ感想やらで読んでて抑えきれずもう体中の毛穴と言う毛穴からLたん型の物質が出るのではないかというほど興奮していたのですがもういいですかもう本当に叫ばせてください

ノベライズ維新、
西尾維新!
  ×
DEATH NOTE
アナザーノート
ロサンゼルスBB連続殺人事件

大場つぐみ、小畑健、両先生が熱望した
日本小説界の最先端を行く作家、西尾維新先生の手による
完全オリジナル小説!!

「あなたはLの伝説を見る!!」

2006.8.1発売予定!!


Lたぁあああああああん!!!。・゚・(ノД`)ヽ
マジでか…!!!あああああああああああああーー!うぐーーー
会いたかったよぅーーー。・゚・(ノД`)ヽ
しかも伝説ってもうかっこいいうわぁきゅあウホーーーー!!!
ごめん西尾維新て誰とか思ったなんてこれほど口の裂けてる俺でも口が裂けても言えな(ry
もういい…なんでもいい…とにかく小畑画伯のLたん挿絵満載でお願いします!!
というかいっそ小説:2、挿絵:8でもかまわない!!(かまえ)
どう考えてもナオミが出てきますが、そこは代わりになんか若い月くんが
警察に表彰されてた経歴にこじつけてL&月で捜査してください。
うわあんなとこに出すにしては細かい事件名だと思ってたらこんな使い道があったのね…!!
というかこの期に及んでLたんで来るとは商売上手だなジャンプめ…!!

page107 「完」
黒い背景に、りんご1個。
「赤は、生命の色。」(アオリ)
ここでいきなり号泣です。(何故)
“死神”リュークがあんなにりんご好きだったのは何でだったのかと、
リュークはあの赤に生命の色を感じていたのだろうかと考え出して号泣しました。
最後いきなり死神らしく夜神月を殺しておきながら、
その後も描かれずリュークはスルーかよと散々言われてますが、
リュークはもう何も言わない方がいいですよ。
人智を超えたものに、人間が色々自分の理屈あてはめてみればいいだけのことかなと。
傍観者として飄々としていたところ、死神の残酷さを見せてくれて
よかったというか、そうあるべきだと思ってましたが、
でもやっぱり人間のこと好きでいてくれたんじゃないのかなぁと私は思いました。
というかこれも願望ですね。

「一年後 2011年1月28日 」
伊出「まだ「キラは休んでいるだけ」と信じてやまない人間もいる様だが 
   すっかりキラが現れる前の世界に戻ったな」
松田「情けないことにいまだに本当にこれでよかったのか?と時々考えてしまうんです」

今ばーっと「二人」から最後まで通して読んだんですが、
page105 「無理」を読んだあとにこれ読むとねぇ、夜神月という存在がほんとに悲しいです。

「キラを殺すか?それで本当にいいのか?」
「僕にしかできない 人を殺すのが犯罪なんて事はわかっている 
しかし もう それでしか正せない」
「僕は自分の利益など一度も考えたことはない」


どう考えても、夜神月のしてることは止めないといけない、
ストーリーとしては夜神月は死ぬしかないという結論に達するんですが、
たった17歳の高校生が、“世界のために”とか考えて、
ずっとその為に生きてって、24になることもなく死んだんだですよね。
他の誰にもできないことを確かに夜神月はしたと思うのに、
その全てをかけても一年で戻るような世界なのかなぁ。

「ワタリです Lからですが繋いでよろしいでしょうか?」
ふふ…ロジャーがワタリとかいらないよそんな設定。
普通にLたん出てきたらいいんだよ!!私は夢を諦めない!←そんな使い方か

「パキ」
ふふ…メロからチョコかじりも受け継ぎましたとかとかいらないよそんな設定。
普通にメロ出てきたらいいんだよ!!人の見る夢は終わらない!←そんな使い方か

松田「…… L… YB倉庫 
あの日からちょうど一年の今日にこんな話ってこれも何かの因縁すかね………」

月きゅんの命日あんど死に場所…壮大に呪われそうな… ぅっ(心臓に異変
そういえば月も密葬ですかね。Lたんと同じ墓ですかね。(何故)←願望

「魅上はあの十日後獄中で発狂して死んでるんですよ」 
どんな死因だオイ。
ほんとにデスノートを使った人間は総じて不幸になりましたね。

「魅上照 ノートを偽と疑う事も本物かどうか試すこともなく2010年1月28日
YB倉庫に13時30分に来てその十日後発狂して死亡」(以下略)

松田がイキナリ賢くなった。一年の間に何があったんだ。

「おまえ 月くんを好きだったろう?」
なぜイキナリ腐女子向け。
いらないよ原作でそんなサービス…!そこらへんは妄想で補うから!!
っていうか松田×月きゅんの需要は無いってかLたんに言って
まっつんもそんな恥じらいじみた表情しない!!
てかあの「殺意」は何だったんだという庇いよう…一年の間に何があったんだ。

「では 早速詳しい状況をお話したいと思います」
モニターに映るのは「N」ではなく「L」の文字。
ニアと、捜査本部の人たち、それから色んな人の力で、
「これでよかった」と心から言えるような世界を作っていって下さい。
ほんとに。死んでいった者たち全ての為に。

「キラ様」
今回の、ところどころに描かれる夜空の月に泣いてしまいました。
ほんとにねぇ、なんで主人公あんな名前なんだというのが、
ここに来てこんなに皮肉に描かれるとは…。
たぶんこのフードの人たち、夜神月が守りたかった、幸せにしたかった人たちですよね。
太陽にはなれない、表立って新世界の神にはなれなかった夜神月でしたが、
こうして夜の月のように、静かに人々の心の中で神として語り継がれていくのかもしれません。
…って、そんな救いを用意するつぐみが、ニクイ!!
くそ…やられた…こんなに綺麗にまとめられたらもう、何も言えないじゃないか…
(すでに数十行のたまってますけど)
前回の無残さあってのこの終わり方がキく、ってのもあるしね、
よくこのページ数でまとめたよつぐみは。(何様)
ミサはどうしたとかは気になるけどね。

「This story of ”DEATH NOTE” is end.」
この「This」に第三部か!と大喜びしたんですけど、
なんか皆様わりと冷静にこれで完全に完だと受け取ってるようですね。
往生際悪いですか私。
でも「ご愛読ありがとうございました。
大場つぐみ、小畑健、両先生の次回作にご期待ください。」
だよ!?
なんか“両先生”がタッグ組みそうな気配じゃん!!
つかつぐみの次回作なら「ラッキーノート~このノートに“肉”と書いた人間は生き返る~」とかってみんな生き返ってLMN+月+魅上で常夏の楽園ベイベー満喫漫画描いたらいいじゃん!!(願望)(どんな願望だ

③デスノート感想総括
なんか色々書いてきましたが、私はこのラストでいいと思ってます。
私がデスノートという漫画に求めたのは、というか私が好きなのは
他の誰にもできないことをしてる、ってところだったので
このラスト、予想もつかないし、今までの流れを綺麗にまとめてくれたと思います。
正義と悪とは何かとか、あとは読んだ人が考えることですよね。
まぁとにかく、色々考えさせられる漫画でございましたね。
感想書き出したのは30話くらいですが、こんなに毎週書き続ける
衝撃を与え続けてくれてありがとうございました。
あとLたんが出てこなかったのは残念ですが(まだ言うか)、
その辺は勝手に脳内で第三部「ラッキーノート」及び「Lキラハネムーン」編やるから大丈夫です。(大丈夫じゃない
でもほんとに第三部やるんなら最終回妄想③で推しておきます。

何回書き足したんだよな上になんかまとまってないし、
もっと言いたいことある気がするけどなんか言葉にならないし
もうとにかくなんてゆーか
デスノートフォーエヴァアアー。・゚・(ノД`)ヽ
ってことだけは確かです。

④ 感想追記
今回通して読んでて気になったところをば。
・メロについて
どうだろう。どこまで分かってて行動してたんだろう。
ニアのほとんど負けるとこだった状況を救う意図はあったのかな。
それを描くのも野暮ですけど、やっぱ心ニクイよつん子オオー
・ニアについて
淡泊なふりして実は誰よりもLの死を悔しがってたようなのがだんだん愛しくなってきた。
あとはもうちょっと発育してくれればL座りも許す。(何様
・魅上について
電車男エピソードが作戦のうちでよかった。あんな目立つことしてアホなんじゃと思ってた
しかしせっかく優秀なのに神に傾倒したがために獄中発狂死とは不憫&皮肉な…
・夜神月について
夜神月自身の、“幸せ”というやつはいったいどこにあったんでしょうね。
もし月が勝って“新世界の神”に君臨する結末だったとして、彼は幸せだったんでしょうか。
「幸せになる権利 それは皆に平等にある いや なくてはならない」
「無理」での怒濤の独白より。
その“皆”に自分は入っていたのかなとふと思いまして…
そのすぐあとにこうも言ってるんですよねー…
「それ(幸せ)は他の人間を攻撃したり陥れたりましてや殺すことで得るものではない」
そう分かっていながら“デスノート”を使ってたというのがなんか悲しいんですが…
それともあの“退屈しのぎ”で自分の頭脳を最大限使えて幸せだったのかな。
でもそんなやり方じゃ幸せは得られないって自分で言ってるしなぁ…
うーん…「死神に憑かれた人間はなんとやら」ってやつですかね。

「人間は、いつか必ず死ぬ。」
「死んだ後にいくところは、無である。」

ここジャンプでは黒い2ページにアオリっぽく入ってて、コミックスに収録されないかと思ってたんですが、あってよかったです。
2ページ黒いとなんか損したような気もしますが、デスノート本体みたい!とうかれてました。
13巻ではアオリ集とあらすじも欲しいな。
しかし「無」の英訳「MU」て(笑)。まあ「(Nothingness)」て書いてありますが。

「Thus concludes this story of the DEATH NOTE」
ここはジャンプと違いましたね。あんまり意味は変わらないけど
「そんな風に幕を閉じた」、みたいな「終わり」感が強いような。
「concludes」は倒置かね。

「死んだ者は、生き返らない。」

。・゚・(ノД`)ヽ

…L…


デスノート 13巻
関連記事
SEX BLOOD ROCK N' ROLL(初回限定盤A)(SHM-CD+Blu-ray)SEX BLOOD ROCK N' ROLL(初回限定盤A)(SHM-CD+Blu-ray)
(2013/09/25)
VAMPS

商品詳細を見る
SEX BLOOD ROCK N' ROLL(初回限定盤B)(完全生産限定盤)(SHM-CD+グッズ)SEX BLOOD ROCK N' ROLL(初回限定盤B)(完全生産限定盤)(SHM-CD+グッズ)
(2013/09/25)
VAMPS

商品詳細を見る
HALLOWEEN PARTY (CD+DVD) (数量限定生産)HALLOWEEN PARTY (CD+DVD) (数量限定生産)
(2013/10/16)
HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA

商品詳細を見る

待望の12巻がでましたね♪
これで はれてデスノ感想のカテゴリが読めると思っていたら
なんと、まとめてくださったのですね。
ありがたや~♪

2006.07.08 16:38 URL | うずら #R73wR8NQ [ 編集 ]

よ、夜空の月…
初めて気付きました!
い、痛い。。痛すぎですよ!

2006.07.08 21:14 URL | 天藍 #- [ 編集 ]

この前近所の本屋へ行ったら「DEATH NOTE」が1~12巻まで跡形もなくキレーーーイに消えていました。

恐るべしですよ。 ホント('A`

実はねば玉さんが全部買って行ったりしませんでし(略

2006.07.08 23:34 URL | EggMAN #- [ 編集 ]

やーもうねば玉さん頭良いですね(唐突

お疲れ様です。
やーもうすごい。

まだまだ小説やらLの名前やらアニメ化やら・・・
頑張っていきましょう!

ところでフィギュアどうしてますか?笑
やっぱり飾ってますか?笑

2006.07.09 00:39 URL | 陣 #EtIUwO.w [ 編集 ]

■うずらさん
2000ヒットおめでとうございます!(ここで言うのか

これでコミックス派にも完結ということで
まとめてみました。カテゴリもいじってたんですが。

しかしあんまりイタイんで悶絶してます;

■天藍さん
はじめましてでしょうか。
夜空の月は文字バレ時の背景描写で書かれてたんで
気付けました。絵だとさらっと流しそうですよね。

■EggMANさん
なんか売り切れてるとちらちら見かけますが
ここらでは普通に置いてあります。
関東での現象でしょうか。

いやほんと保存用・寝る前用・Lたんメモリアル…とかって用途別に買い占めたいくらいです。
13巻は書き込み用に二冊欲しい…(怖

■陣しゃん
いや悪いですよ。一部ラッキーマンとキン肉マン混同してますしね。しかも放置。(笑)。

本文は前書いたぶんの移植が主ですんで…

小説なにげに近いですよね?
なにげに13巻は遠いですけど…

フィギュアはですね、結局一回も開けず外から眺めた後そのまま箱んなか入ってます;;
スカルはオブジェでいけますがあれは…

2006.07.09 01:36 URL | ねば玉 #- [ 編集 ]

たのしいのか。たのしくねー

2006.07.24 01:07 URL | こー #- [ 編集 ]

たーのーしーいーよー

2006.07.24 19:47 URL | ねば玉 #- [ 編集 ]

はじめましてNKと申します。
予想はしてましたけど、衝撃的な結末でしたね。
月のあまりの醜さに思わず顔を背けてしまいました。
最初の部分でリュークは「そんな事したら性格悪いのお前だけになるぞ」と月に言ってましたが、その通りになってしまいましたね。
最後に出てきた言葉「死んだ者は、生き返らない」当たり前だけど何かいいですねぇ。
リュークが最後に月にした事は残酷だ、と言う人もいますが、それ以上に私利私欲のために人を殺し続けた月の方が残酷だと思います。それに今思えばあれは月に対するリュークの愛情の一つかも知れません。
12巻を読んでちょっとショックでしたけど、ニアは偉いな、と思いました。

はっきりとはおぼえていませんが最近、月が襲ってきた夢を見ました。そして気がついたら月はお話の通り血と泥にまみれながらもがいていました。そこで目が覚めました。誰かが私を守ってくれたのでしょうか。だとしたら一体誰?

これは↓誰かが作ったデスノートのラストです。
http://yokoox.at.webry.info/200603/article_24.html
これも面白いですよ。

こちら↓にリュークの格好をした月のイラストがあります是非見て下さい。
http://page.freett.com/walkwalk/r1.htm
笑っちゃうほどよく似合ってます。

2006.09.02 00:07 URL | NK #AIlHpmOk [ 編集 ]

http://blog.livedoor.jp/death_note_game/
ここに保存されている「LMN会議中」
これもおもしろいですよ。
もう目を通されたかもしれませんが・・・

2006.09.02 03:02 URL | #- [ 編集 ]

はじめましてー。
コメントありがとうございます。

たぶん、月が無残に最期を迎えるのは、必然…というか、そうなることで、「死」の恐ろしさを教えてくれてたんだと思ってます。
「死んだ者は、生き返らない」。
Lがもしかしたら帰ってきてくれるかも、なんて最後まで思っていた私は衝撃を受けましたが、死んだ者は帰って来ない、それによって生きていた頃の尊さが身にしみました。
…ご都合な展開でなくてよかったです…が、
やっぱりLに会いたかったなぁ。

ニアは偉いですね。
でもみんなそれぞれに、あの覚悟がすごかったと思います。

夢…はどうでしょうね。あのりんご好きの死神さんでしょうか…

あの死神界のコラ、いいですよね。
夜神月がダーティーヒーローとして君臨するなら、ああいうのもありかな、と思います。

LMN会議、デスノ板で収集してたんですが、一部落ちてて…おかげさまでそろいそうです、ありがとうございます(笑)。
最後の「風」はちょっと泣けますね…

2006.09.02 12:40 URL | ねば玉 #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006.09.03 20:03  | # [ 編集 ]

みんなも見られるようにもう一度書き直します。
Lが死んだときは手を合わせて泣きました。今でもそれを思い出しては時々泣いています。勿論手も合わせています。

しかし、月が死んだときは何故か悲しくありませんでしたし、手を合わせる気もありませんでした。

確かに死んだ者は生き返る事はありません。が、たとえ肉体はほろびても誰かが死んだ者を忘れなければその人の心の中ではいつまでも生き続ける事ができる、と私は思うのです。
そう言えばワンピースという漫画には、人が死ぬときは人に忘れられたときだ、というような事が書いてありました。
誰かが死んで悲しくなったときはこの言葉を思い出す事にしています。
説教くさくなってすいませんでした。

2006.09.03 20:19 URL | NK #AIlHpmOk [ 編集 ]

私はLの死はコミックスで見届けた方なのですが、なんか泣くでもなく、とにかく「信じられない」という感じでした。
ほんとにいつか帰ってきてくれるような気でいました。ずっと。
ああもう帰ってこないかなぁ、Lはいないんだなぁ、ってようやく思い知って泣いたのはニアが「二人ならLを越せる」と言ったときだったと思います。

私は夜神月が死んだとき…というか、その後の世界とそれまでの夜神月の覚悟を思って泣きました。
上にも書いているのですが、夜神月は、これからも
夜の月のように、静かに人々の心の中で神として語り継がれていくのかもしれません。
Lは存在した証が薄いのが悲しいのかもしれません。

>誰かが死んだ者を忘れなければその人の心の中ではいつまでも生き続ける事ができる
私もそう思います。
だから彼らはずっと私の中でも生きててくれると思います。

うまく話にあったレスになっていない気もしますが…とりあえず、デスノートという漫画は私の中では永遠だというのは確かです。

2006.09.04 00:51 URL | ねば玉 #- [ 編集 ]

また失礼します。
月が負けた理由は二つあると思います。
まず一つ目は、自分の欲望をみたすために人を殺し続けたバチが当たった。
二つ目は、いい気になりすぎて、ニアたちを甘く見すぎたのでしょう。それとも頭が良すぎて逆に失敗したのでしょうか。

笑わないで下さい(とは言っても笑ってしまうとは思いますが)。
私はいつも朝おきたら髪がひどく乱れて目の下にクマができてLみたくなります。
昔は嫌だったんですが、デスノートを読んで以来、今は毎朝洗面所で鏡を見る度に楽しくなります。Lが目の前にいるみたいで・・・。
このまま髪とかさずに出かけちゃおうかな?Lファンに是非見せてあげたいです(冗談)。
好きな漫画の登場人物とお揃いになるのはうれしいですよね?

そういえば来月は13巻の発売日ですね!それにLの本名が書かれているそうです。私も気になって仕方ありません。でも、平凡な名前だったらがっかりですね。
デスノートの登場人物の誰かと同姓同名ではないのか、という説も流れています。
(忘れてましたけど)デスノートには、同姓同名の人物は同時に殺せない、というルールがありましたから。
無理にとは言いませんが13巻を読んだらまた何かかいて下さい。

2006.09.04 21:18 URL | NK #AIlHpmOk [ 編集 ]

月が負けた理由…というか月が道を決定的に踏み外したのは、世界をよくしようというより、自分の邪魔になる人間は消す、という目的でデスノートを使うことが多くなったせいだと思っています。
いや手段として危険ではあったものの、「よりよい世界のために」っていう初志はよかったと思うんです。
んでだんだんそれを見失いがちになり…というか手段を選ばなくなっていったのかなぁ…
やっぱり「死神に憑かれた人間はなんとやら」ですかね。

…ちなみに私は猫背です(笑)。
夜神月のシャツ☆インごっことか手軽で楽しそうですね。

13巻って13日の金曜日でした発売日…(笑)
同姓同名が殺せないのは名前と同時に顔が浮かばないとだめなので、その名前書いててもLの顔をその名前の人物だと思い浮かべていなければ効果はないと思いますたぶん。

私は「竜崎流河」で推してます(笑)。

13巻はなにがなんでも書きます。

2006.09.05 22:06 URL | ねば玉 #- [ 編集 ]

ちょっとはげしすぎだろ

2007.11.04 20:35 URL | 死神 #- [ 編集 ]

日本語でおk。

2007.11.05 00:28 URL | ねば玉 #- [ 編集 ]

最後までたのしみをありがとう

2008.12.07 16:01 URL | 最高 #- [ 編集 ]

「死神からの挑戦状」ヒントにはこの巻が示されていたけど

2014.03.19 19:30 URL | まおべりる #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。