ねば玉の戯言

九州の片隅で社会人してます。 ラルクを一生愛す。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
スピンオフLこと『L change the WorLd』公式サイトのニュースが更新されてました!

映画や原作コミックでも謎だった“L”の日常が、ついに明らかに!
写真家、蜷川実花の撮りおろし“L”のビジュアル・フォトブック発売決定!!

http://wwws.warnerbros.co.jp/L-movie/news.html

“L”松山が蜷川実花とタッグで写真集
ニュース記事にもなってててこっちのが概要は分かりやすいですが
詳細はやはり公式から。
 
■写真集の内容
ワタリの遺したファイルという形式
・Lの日常や謎など、映画でも描かれていない“L”が、解き明かされる内容
・“L”を撮り下ろすものであり、松山ケンイチさんの写真集ではない
・映画公開に合わせての発売

松山L満載(むしろそれのみ)写真集…!!
しかもワタリの秘蔵版!!!(笑)

これが興奮せずにいられようか、いやいられない(反語)

「Lの日常」が見れるとのことですが…
いやー実はわたくしスピンオフL妄想(2007.3.20の記事)で
「Lの日常編」
「おはようからおやすみまでLの暮らしを見つめる24時間。
Lの食生活と睡眠に関する謎が明らかに!
むしろワタリの24時間になりそうな予感。 」
とか妄想してまして…
やばい、たぶんこれ当たったよね。(笑)
まぁ非日常が日常だよねLはね。

あーでも毛布をかけてあげるワタリとか
お風呂上りに髪ふいてもらうLとかあんのかな~ ふへへ…(キラ顔で

しかしこの時期の情報解禁って
「そんなになぞは解き明かさなくていい」「Lは謎だからLだ」と言いながら
ハロウィン!ハロウィンおめでとうハロウィン!って
テンプレ変えてみた人類を狙ってるよね。(笑)

■コメント
<写真家・蜷川実花さんコメント>
「今回ずっとファンだったLを撮らせてもらうことができました。
ワタリさんから撮影OKのお返事をいただいたときにはとてもうれしかったです。
この仕事をやっていて良かった!
うっとりな写真ばかりですので、ぜひごらんになってくださいね。」

うっとりって…(笑)Lはそんなキャラか?

<Lコメント>
「私は他人に自分のことを教えるのが大嫌いだ。
しかし、ワタリを通じて何年も蜷川氏が私にラブコールをしていて、
ワタリが「まぁ少しは協力してあげましょう」というので仕方なく。
本当は嫌でしょうがなかったのですが、ワタリが粘るので許可しました。
出来は大して良くはありませんが、少しは私の事が分かることでしょう。
ではまた。」

このツンデレっ!!!!!!(笑)
Lもワタリに粘られたら断れないよね~
なんでワタリが粘るんだというのは…置いておこう。(笑)

<ワタリコメント>
「Lは毎日毎日、蜷川氏が撮ってくれた写真集を眺めています。
眺める用、飾る用、保存用の3冊を自分で管理しています。
普段は私に任せきりなのに、この写真集だけは自分で管理しています。
私にも1冊いただきましたが、Lの色々な表情があり、とっても楽しめましたよ。
ほっほっほっ。 」

ちょ、どんだけナルシストなんL!!(笑)自分で眺めるな!
あとほっほっほは確実におひょいさんキャラだよね。ワタリ言わないよね(笑)。

■“Lの日常”をつぐみ・小畑神の黄金タッグで描く企画
「写真ビジュアルパートとは全く違った形で、
“Lの日常”を描く企画も盛り込まれ、
その設定はコミックス原作の大場つぐみさん・小畑健さんによるものとなる

子える来い…!!
つぐみがしれっとデスノート/Aでもらしたアニメのワタリと子えるシーンへのコメント
「実はワイミーズハウスに来たときのLは考えてるまんまでした」を
やってしまえばいい…!

でも見てしまうともったいない…!
Lはちらリズムミステリアス…というか「なぞの生物」みたいな貴重さが
いいんだけど…ね…!
見れるっていうんなら見てしまうよね…!くそっ やられた

■小説版
「映画原案から参加している映画脚本家とは別の小説家によるもの。
映画とは異なる小説ならではの物語となる。発表形態は未定。」

これがなにげに重大発表だと思うんですが、
あのやっぱり西尾維新さん再びでワイミーズアルファベット勢ぞろいの
「欧州バイオテロ事件」かな…!
さすがにこれは映画だとかなり大変だから小説でやるといいよね…!

■相変わらず商魂たくましい件
「“L”の謎は、
・映画、ビジュアルフォトブック、小説版の3つのプロジェクトが複合して、
その秘密が解き明かされていきます。
特に、今回のビジュアルフォトブックではこれまでの映画でも見せていない、
ある意味可愛らしいLの素顔が覗き見れると思います」
                   (『L change the WorLd』のプロデューサー)

いったいどんだけ関連商品出す気かな?(^ω^)
デスノート ねんどろいど 夜神月 サンタVer (ノンスケール ABS/PVC塗装済み可動フィギュア)デスノート ねんどろいど 夜神月 サンタVer (ノンスケール ABS/PVC塗装済み可動フィギュア)
(2007/12/24)
不明

商品詳細を見る

これとか「か、カワユス クリスマス自分用に…!」とか思った時点で
集英社(および関係各社)の 計 画 通 り ですよね…!

連載終わってけっこうたつのになぁ。終わった気がまったくしません。(微笑)

■関連記事
映画デスノート 感想まとめ
DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件
DEATH NOTE/Aアニメーション公式解析ガイド
関連記事
SEX BLOOD ROCK N' ROLL(初回限定盤A)(SHM-CD+Blu-ray)SEX BLOOD ROCK N' ROLL(初回限定盤A)(SHM-CD+Blu-ray)
(2013/09/25)
VAMPS

商品詳細を見る
SEX BLOOD ROCK N' ROLL(初回限定盤B)(完全生産限定盤)(SHM-CD+グッズ)SEX BLOOD ROCK N' ROLL(初回限定盤B)(完全生産限定盤)(SHM-CD+グッズ)
(2013/09/25)
VAMPS

商品詳細を見る
HALLOWEEN PARTY (CD+DVD) (数量限定生産)HALLOWEEN PARTY (CD+DVD) (数量限定生産)
(2013/10/16)
HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA

商品詳細を見る

お久しぶりです!
それと、大変遅くなりましたが20万突破おめでとうございます!!

デスノ情報はねば玉さんから仕入れることが多いんですよ。
いつも詳細な情報提供、本当にありがとうございます!
このL写真集…かなり涎じゅるりな内容ですね…!!
Lとワタリのコメントが可愛すぎて悶えました。(笑)

蜷川さんの写真は極彩色のイメージが強いので、
色的には地味目なLがどんな風に撮られているのか、想像つきません。
でも中々灰汁の強い写真を撮る方なので、灰汁の強いLにはぴったりかも、と思います。(笑)

Lの日常…なんてそそる言葉なんでしょう。
つぐみ&小畑氏自ら立ち上がってくれたのがホント嬉しいです!!
ねば玉さんの予感的中万歳。(笑)

2007.10.25 17:18 URL | さおり #dS5vVngc [ 編集 ]

こんばんは!
20万は30万まで20万ですので(笑)、
ありがとうございます!

Lの情報は張り巡らしたアンテナが
ときどき思い出したようにきゃっちするので
油断するといつのまにか進行ぢてそうでドキがムネムネします(笑)

Lコメントのひねくれっぷりと、
ワタリがしれっとあかしたお気に入りっぷりが可愛いですね~

蜷川さんの写真は私はまだいろいろは見たこと無いですが
しょこたんの写真集をやったことがあるということで
どうなるのか未知数です。
とりあえず濃いですよね…中身は。(笑)
なんというかスルメな感じがします。

いやーラルグラド終わってフリーな小畑氏に
やったらいいのに~をやってくれそうなのがうれしいです。
でもやっぱりつぐみがからむとドキドキします。(笑)
予想のななめ上をいきますからね~
でも楽しみです!
予感というか妄想のバリエーションは増やしておこうと思います!(笑)

コメントありがとうございました!
あ、あとラルク巻頭のmusica10月号にBUMPの記事が載ってました!(ここで言うな

2007.10.25 23:25 URL | ねば玉 #- [ 編集 ]

こんにちは!!

私この情報知った時、ねば玉さんキターーーーー!!とか思ってしまいました(笑)
Lファンの願望をドストライクで叶えてくれるあたりどこかで
(商売の)神が見ておられるんでしょうか?
この写真集出たら人生で初めて同じものを2つ購入するとかいう事態が訪れるんじゃ
ないかと今から危惧しております。

ああでも・・・原作サイドのLなんてもう二度と見れないんだと思ってました・・・!!
それだけで胸がいっぱいです。
小説も楽しみだ!!デスノートが終わらなくて嬉しくてしょうがないです。

2007.10.26 10:48 URL | 小葉 #- [ 編集 ]

こんにちは!
私もこの情報見たとき自分の妄想キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!と思いました(笑)。
ヘタな妄想数打ちゃ当たる、だなーと。

>子供相手に意外にやさしいLとか普通に大人気ないLとか見たい
とかもスピンオフL妄想の記事で言ってたと今気づいて、
あ、やばいこれ映画本編のほうも当てたなと思っています(笑)

いやほんと映画はけっこうストライク狙ってくるので
つぐみ氏とはまた違ったたのしみがありますよね~
つぐみ氏は変化球得意だった気がしますし(笑)、
一冊で両方楽しめるっておいしいですね!

いろんなひろがりを見せたデスノートですが、
やっぱり原作のふたりがタッグ組んでくれるのが一番うれしいです。

>眺める用、飾る用、保存用の3冊…
これは、複数購入すすめてるんでしょうかね?ワタリ。(笑)
商業的な神が明らかについてますね。(笑)

小説も楽しみですね!
西尾維新さんでまたいっちゃうのもありだし乙一さんとか
どうだろうとか夢は広がるいっぽうです(笑)。

コメントありがとうございました!^^

2007.10.26 12:02 URL | ねば玉 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。