ねば玉の戯言

九州の片隅で社会人してます。 ラルクを一生愛す。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
デスノート感想目次映画デスノート 感想まとめ
アナザーノートL change the WorLd 小説版

ムービーガイドは見送りましたが、ビジュアルフォトブックは買えました。
L FILE No.15L FILE No.15
(2008/01/25)
小畑健、大場つぐみ 他

商品詳細を見る
シンプルイズベスト…


ざっくりいうと
・萌える。(直球ぅうう
・設定がうさんくさい(笑)
・Lがほとんど珍獣(笑)(ネコ科)
・やっぱ泣いた(何回目?

という写真集でした。危険だ。(笑)

では細かくみていきま~す。

■序:実在したキラ、L
「キラ事件の首謀者とされる夜神月や、
L、ワイミーズハウスは事件の舞台とされる日本で特に関心が高く、
創作家がそれぞれの説(勝ったのがLか月かなどの異なる結末)に立って
漫画化、映画化、小説化してきた」

切り裂きジャックや三億円事件みたいな感じですね。
原作までをも「ひとつの解釈に過ぎない」とでも言うかのような
言い回しに「ははーそうきたか」と思いました。
そんなことも言いながら、基本は映画設定でしたけど。

■序:ホーリー・オルライトなる某財団理事
理事からのお言葉として「序」は載ってたんですが、
まじめにうさんくさいですね。(笑)
また「ライト」ですね。Light、Lawliet、Alliet。(つづり違ったらすみませぬ
このまじめなうさんくささ、誰かを思い出すんですが、
もしミサに子供がいたら将来父親のうさんくささひいてこうなるかなーとか妄想してました。
2018年だと十代でしょうけどワイミーズほとんど十代だから大丈夫だよ(^ω^) (何が
てーかまさかLの隠しg(ry

■序:「M」の刑事
「松田」のことですよね。
小説版の著者「M」…まさか…
敬礼しに行った松田があの23日間のことを実はLから訊いていたら…とか。
だから映画にはない松田の出番が、小説にはあるとか、
なんかちょっと夢みがちな筆致になってるとか。
でも、まぁ…松田は…ねーな。(笑)

■序:ファイルの位置付け
発明家キルシュワイミーが残した
Lやワイミーズハウスに関する最後のファイル。
学会(笑)では真贋論争が繰り広げられているが、
2018年、とある財団が確かにワタリが残したものという立場に立ち
残されたファイルをそのままに刊行したもの。

一応ワタリは写真を残さないはずだだから偽、とする説も紹介されつつ
真偽は見たものに任せるとのこと。うさんくさい。 (笑)
写真残すのはいいけど、これがワタリ監修で撮ったものなら、
どんだけワタリ萌え視点だったんだよ、ですからね。
ツボおさえすぎだ。(笑)

■写真のLの可愛さランキング
数多の写真の中から、可愛さに吹いたベスト3を表彰しちゃうぞ☆彡
3 パフェのクリームをスプーンに乗っけて見つめるL
2 メリーゴーラウンドに乗るL
1 洗濯ものをぺしっとするL

これ思わず「可愛いっ!ブフォ!」と口に出た唯一の写真でした。
他のはこらえきれたんですが…不覚。
だってなんか不慣れくさい感じがたまらないんですもの。不意打ち。

☆特別賞☆
「虹がかかる空の下、虹色の綿飴に囲まれるL」
L'Arc~en~Cielとの競演キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

虹色に輝く素敵なときだからこの風に消えないように君をつかまえた☆
(※BGM「風にきえないで」/L'Arc~en~Ciel(フランス語で「虹」))
やっぱLといえば名探偵と虹だという公式認定きましたねコレ。

■漫画「L-One Day」
・「一日という概念」や「体内時計」はない
ぶっとおしで起きる→ぶっとおしで寝る、という珍獣の生態が明らかに。(笑)

・睡眠はいすごと横になる
「ワタリ、起こしてください」の顔が、男前ーー!!(*´Д`*)
言ってることろくでもないのにね!(笑)たちの悪い子!(笑)

・トイレは開け放し、洋式にもL座り(むしろ和式座り)を適用
ねーよ(笑)
スイーツを離せ(笑)
…むしろ大のときが心配な座り方。(笑)

・わりと綺麗好きでよく入るお風呂では丸洗い(ほぼ洗濯機)
「洗濯機で洗われるのが好きなねこ」の動画を思い出しました。
ねこの行動だと思えばこのほぼ珍獣な人間の生態もちょっとは納得がいくかな。
…いや、やっぱ人間離れだな。(笑)

・服にはこだわりがあるが一人では着れない(着る気がない)
…ワタリは、教育を間違えた。(笑)

・遊園地より公園がお気に入り
可愛い(*´Д`*)
いい年して公園とかいるとなんか危ないけど(笑)、紙一重で可愛い(*´Д`*)

・アイドルのコンサート
「前の人座ってくれないと見えませんね」
立て、立つんだL!!(笑)
ノリノリでペンライト振り回してもいやだが…(笑)
振り回すのは月くんだけでじゅうぶんですものね☆(^ω^) (何

■リスト「スイーツスコア」
「スイーツへのLの反応レベルを五段階でメモ」
角砂糖★5つならもう凝ったスイーツいらないじゃん…(笑)
クレープ(チョコ)よりクレープ(バナナ)が☆ひとつ多いのが可愛い(*´Д`*) バナナッ!(何
しかしワタリは苦労してますね…(笑)
いちいち「ん?クレープはチョコよりバナナが食いつきがいい…メモしておかねば」
とかやってたのかなぁ…手のかかる子。(笑)

コンソメポテチは☆0でした。
月へのいやみのために好きでもないのに食べてたんだな…(笑)

■漫画「L-the Wammy's House」
子えるキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
でもアニメの後姿のもっこもこのがよかったーーーー!!!(笑)
ふてぶてしいというか慣れない野良にゃんこな感じ全開。
慣れると可愛いタイプか…ふむ。(なに

「新入りかわいがってやる」
ありがちな洗礼。(笑)
そしてありがちに返り討ちするL。(笑)

「ワイミーさん」
なにげに「さんづけ呼び」とときどき敬語なしになるのが可愛い(*´Д`*)
でもふてぶてしい。(笑)
ニア似てるんだなやっぱ。

「Lに言われるがまま投資」
Lは最初マネーゲームに凝ってたんですね。

「やっと見つけたよワイミーさん」
「数年後」全く手がかりの無い連続殺人事件の解決することにLの目は輝き
ワタリは「Lと歩む」という道を見つけた。

犯罪捜査への興味よりマネーゲームが先なのかな?
数年後なら第三次世界大戦をすんでのとこで食い止めたのはいつの話?
6歳くらいで連れてこられて、マネーゲーム→犯罪捜査なのかな?
まぁいっか~全ては「謎」と「私もLです」だよね(^ω^)

■日記「キルシュ=ワイミーの日記」
・ワイミーズ創設の意図
発明家としてのもてあます財源を生かし、
自分になしえなかった新しい才能を人間がどこまで開花させるかが見たい、
世界を変える子供たちを育てる。

やっぱ発明家視点なんだなぁ。
言い方悪いけど、「新しい人間を発明したい」という感じなのかな。

・子供たちのメモ
F…正義感、R…天文学。
K…多方面。育てた者の意思を越えて去る
D…物理、P…小説。
L…株式運用、犯罪捜査。

FとPの話が見たいです(^ω^)

・キラ事件捜査のため日本に発つ日
L「ここにはもう戻れないかもしれない」

Lらしくないね。

・Lが自らの名前をデスノートに書いた日
「あなたは自分の感情を、目的よりも優先させることはないのですか。
L。あなたに与えたかったのはこんな結末ではない。
育ちすぎた才能が、私を越え、そしてあなた自身を食い尽くしてゆく……
なのに私は……」
「L。一言でいい。生きたいのだと言って下さい。」

Lがこの選択をしたときに、
こう育てたのは自分のせいだとの負い目と後悔がワタリを責めたんでしょう。

言って下さい。
この日記をLが見たかはわからないけど、
Lにはワタリのこの想いが伝わってたみたいですね。
伝わってたというか、最後言えてたから。
…遅かったけど、遅くても言えただけよかったよね、L。

・最後の日記
「Lにはまだ二十日間残されている。その時間を、共に過ごそう。
彼の人生にわたしがあたえたもののためにではなく、
彼の人生から私が奪ったもののために、全ての時間を向けるのだ。」

「L、何がしたいですか?」

「あと二十日間、共に過ごそう」…そんなちっぽけな願いを残して、
この日記は以後書かれることがありませんでした。
もう少し、もう少しだけLとワタリに時間を与えて神様(キラ以外)…
まさか…写真集で泣いたよね…
くっそーーレムのばかぁああああああ。・゜・(/Д`)・゜・。

■総括
うさんくささいっぱいでしたが、そのうさんくささがかえってたまらん。(笑)
松山Lラバーにはおすすめの一冊です(^ω^)

では続きは今更ながら、小説すばるの松山ケンイチくんのインタビューまとめです。
映画を見る前に、まとめたいなと思ってたのです。
見ておくと少し、映画が頭に入りやすくなるかなと思ったので。
「ああそういう思いで演じたから、Lはああいう行動に出たのか」と
小説を読んでさえ思いましたし。

「LがL自身を救う話」―松山ケンイチインタビューより

小説すばる 2008年 01月号 [雑誌]小説すばる 2008年 01月号 [雑誌]
(2007/12/15)
不明

商品詳細を見る
表紙が罪。

■生身の人間にしなきゃいけない
「映画になる時点でフィクションではない」
「Lを演じる上での最低限のルールを踏まえた上で
Lをどう人間にしていくかが僕のやるべきこと」

フィクションでなく生身の人間として、「L」を存在させることに、
苦心したそうです。そこが漫画とリアルを埋める難しさですな。

■監督とL像をすりあわせ差を縮めた
「ここまではできるけどこれ以上はLらしくないし、
やる必要がないんじゃないか」

監督のストッパーになってくれてたようですね~
「Lらしい」って言葉好きだなぁ。

■アクション
「Lはこんなことしない、だけを意識してそれ以外は思いきりやれた」
アクションの時点でどっきりですが、
「私けっこう強いですよ?」なLらしさの範囲でがんばってください。

■小さな犠牲で片付けない
「キラ事件を解決するため、
大きな悪を倒すための小さな犠牲だといって自分自身を捨てたLが、
「人殺しはどんな理由があろうと常に悪だ」と、最後の最後にそれを否定する。
ゲームではない、勝ち負けではない、何かを守るための行動。
理論だけじゃ片付けられない」

「費用対効果」で考えるのがLであり、理論で言えばそうなるけど、
それを割り切れない「人間らしさ」とやらを、盛り込んでるようです。

■どうしてみずから外に出たか
「死という現実があるおかげで
生きることにリアリティが生まれてきたというか、
それが確かな現実になってきたような感覚だとは思うんです」

自分の死だけは遠かったのかな。
ノートに名前を書くだけのリアリティのない死へのカウントダウンが
かえってLに死へ向かいあわせたんでしょうか。

■悪
「正義なんて誰にでもあったんです。じゃあ悪って何なのかと。
希望や絶望を持たない人間こそが一番の悪なのではないか。
世界に関わらない人。それはもうただの傍観者です」

ここが一番松山くんん!と思いました。リスペクトしそうだ。
ほっとくけば誰かがよくしてくれるなんて思ってちゃ世界は変わらんということですな。
「傍観者=悪」なんて図式、そういえば某死神にあてはまりますね。

■正義と悪の問題に自分の中で決着
「Lは希望や絶望の上で生きてなかった。理論で片付けてきた。
月や今回の敵は希望を持った上で世界を変えようとして、それが犯罪につながっている。
それが一概に悪だとは思えないんです。
Lはそこに気付き最後に希望を抱く。最後に一番大事なものを知れた」

変えようと希望をもってあがくのが人間なんだなと、
それに気づくことでLはL自身を救った―、という、ことのようです。
気づくの遅かったけど、気づけるだけよかったのかな…

■ワタリ
「Lという人間をつくりだしてしまったことに対する責任」
Lは…やっぱり「普通」から外れてしまうわけで、
それはワタリが外させてあげた、外させてしまったところがあるんだなと。

■天才
天才は必要かもしれないが理論だけではいけない。
天才は自分でつかみとったものではないから。
植え付けを壊すことが必要

生きるうえで先人たちの植え付けにどうしても影響を受けてしまう。
天才は、自分でつかみとったものでなく所与だから、
そういう植え付けを打破していくのに慣れていない―
だから、天才に頼らずに、自分で何が大事かを掴み取っていかなければならない、
と。

■世界
「理想は天才を必要としない世界。
天才に頼るんじゃなくてみんながつくる世界、
みんながかかわる世界であってほしいから」

天才も独裁者もなく、みんなが関われる世界…
理想は大きく遠いものですね。

■真希・駿河
「疑う余地のない存在」
「駿河は自ら信頼した存在」
「真希は計算できない、理解できない存在」

真希・駿河が、Lにとって家族とはいかないまでも、
腹の探りあいとかじゃなくて信頼を置けるようになった人物だとのことです。

■松山ケンイチインタビュー総括
なんかじっくり役について考えて咀嚼してくれてるんだなーというのが溢れてました。
でもちゃんと役者として自分なりにアレンジしてくれてて。
それもちゃんと「L」の範囲内で。

なんか役の捉え方がうまいんだなぁすごいなぁと普通に感心しました。(えらそう
才能あるんだけど、天才というより
考える人、考えることで才能を磨く人、なんでしょうな。
うんまぁいろいろ考えてくれててうれしいなと思いましたです。
そんな人がLをやってくれるならいいよね。

あのニアの、「もし神がいて、神の言葉があったとしても、私は一考し
それが正しいか正しくないかは自分で決めます」ってのが好きだったので。
なにげにデスノート最大の名言のひとつ…というか、
「正しいか正しくないかは、自分で考えろ」って常に言い続けたのが
「デスノート」だったなぁと思うので。

雑誌だったので読めなかった人用にエキスを抜粋してきたつもりです…が、
入手できるなら松山くんの話はどこかで目にしておくといいなと思います。
若いのにえらいよすごいよさすが役者さん。(なにさま
関連記事
SEX BLOOD ROCK N' ROLL(初回限定盤A)(SHM-CD+Blu-ray)SEX BLOOD ROCK N' ROLL(初回限定盤A)(SHM-CD+Blu-ray)
(2013/09/25)
VAMPS

商品詳細を見る
SEX BLOOD ROCK N' ROLL(初回限定盤B)(完全生産限定盤)(SHM-CD+グッズ)SEX BLOOD ROCK N' ROLL(初回限定盤B)(完全生産限定盤)(SHM-CD+グッズ)
(2013/09/25)
VAMPS

商品詳細を見る
HALLOWEEN PARTY (CD+DVD) (数量限定生産)HALLOWEEN PARTY (CD+DVD) (数量限定生産)
(2013/10/16)
HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA

商品詳細を見る

こんにちは!

デスノート関連作品の感想は皆さんここで読んだらいいのに・・・!!
とか思ってしまいました!!!!
だってツッコんで欲しいところはしっかりツッコんでくれてるし、
ここんとこみんなどう思ってんだろうってとこにちゃんと
食いついて下さっているから凄い読み応えあって
面白いんですねば玉さんの感想は(ノДT)!!
序盤噴きましたよ!!

私も泣きましたこの写真集。特にワタリの日記が・・・。
7月7日と10日の日記でリアルに号泣しました。
ワタリだけが言える言葉でしたねあれは・・・。

日に日に子Lが可愛く思えてどうしようもないです。

2008.01.27 17:47 URL | 小葉 #- [ 編集 ]

>ワイミーズ創設の意図
なるほど、そうゆう事でしたか。
まぁ、私としては、世界を変える可能性のある人間はごまんといると思いますけどね・・・。

>正義と悪の問題に自分の中で決着
「この世に悪があるとすれば、それは人の心だ」。これはGBAのゲーム、テイルズオブファンタジアのOPに出てくる言葉です。だとすれば、正義もまた、人の心の中にあるのではないのでしょうか。

失礼な表現かもわかりませんが、確かにLは普通じゃないです。天才を通り越して変人でしょうか。

神もまた人の心の中にあるものなのでしょうか。「神は我なり」という言葉があると、父はいつも言います。

2008.01.27 21:18 URL | NK #AIlHpmOk [ 編集 ]

■小葉さん
こんにちは。
>デスノート関連作品の感想は皆さんここで読んだらいいのに・・・!!
恐縮です(/ω\)
でも引用箇所(つっこみどころ)うち終えて、さぁつっこむぞーとしてところで右手のスナップが記事を消したとき、「もう一回…?」と放心してそのまま無かったことにしようとしたんですが、思いとどまって打ち直してよかったです。(笑)

ワタリがLのことどう思ってたのか、小説版では「Lの決定には従う」ということであまり描写がなかったですが、こうやって少しでも見れたのがよかったですね。
というかこれ映画館で見るの危なそう…なんかずるっずるで泣きそうな気配なんですけど。(笑)(すでに部屋でずるっずるで泣いた人

子えるも、ちょっと大きくなって目が輝くえるも可愛いですね(*´Д`*)
マフラー編んであげたい…(思いが重い・笑)

■NKさん
映画ではたぶん、世界を変えるのは、そのごまんのひとたちだ、と言って終わるんだろうなと思います。
天才が導くものではないと。

正義と悪について考えるのは人間くらいなもんですからね。
死神は悪なのか、って言われるとよくわからなくなります。
人間からすれば悪だけど人間の寿命をいただくのが死神だし。
それでもなにげーにリュークはものっそい悪だと思いますが。
悪というか迷惑だな…

神はいないけど、いると思えばいるんですよねその人にとっては。
信じる者は救われる―とは限りませんが。

2008.01.28 16:28 URL | ねば玉 #- [ 編集 ]

「L、何がしたいですか?」
のところ、泣きますね。
その気持ちだけでも泣けるのに、過ごせなかったと知っているから余計に><。
あと、「もう少し生きてみたくなりました」とワタリの想いとのリンクも泣かせどころですよね。
ねば玉さんの言うように、遅くても言えてよかったですよね・・・

2008.01.29 17:21 URL | soy #VWFaYlLU [ 編集 ]

こんばんわ^^(どころじゃないカモ・・・)
写真集買えたのですね!よかったデス
私もワタリの日記泣けました。
えと・・・最後の日ですね~・・・あれは感動!
Lの写真では私は・・・風呂(なのか?)に入ってる時の顔!かなり萌えました(*´∀`)
写真撮って待受けにしている程です・・・
Lがあんな1日を送っているなんて・・・しかも花やしき行ったぞ!あの時行ってれば念願のサイン&写真(撮影の邪魔になってしまうだろう・・・)・・・・・・後悔してますね・・・(笑)
死神のバカ―――ッッ(全員!?)

2008.01.29 22:03 URL | 香奈 #- [ 編集 ]

■そyさん
「何がしたい」、って聞いて、でもワタリがあげた「すること」ってのが、普通の人からみたら、もうなんでもないことばかりで、20日って短いけど、せめてそれだけはしてやりたかった、というのが、たまりませんね。・゜・(/Д`)・゜・。
もう少し、ワタリと、いれたらなぁと思うと、写真をずっと置いてたLが切なくてしょうがないです。
でも最後、小説では穏やかにふたりでチェスしてくれたのがよかったですね。

■香奈さん
こんばんは。
写真集なんとか買えました。
やっぱり予約が一番ですね…安心。12/16締め切りとかいう早さでしたけど;
最後の日涙腺直撃でしたね…
ワタリは「弥」と呼ぶ気がするとか置いといても。
風呂とみせかけてわたあめではと思ってますが(丸洗いだし)、あのなぞの行動が不審すぎて可愛いですね(*´Д`*)
ロケで遭遇とかしてみたいですね…サインはヘタレなんでたぶん頼めませんけど。(笑)

2008.01.30 00:21 URL | ねば玉 #- [ 編集 ]


ねば玉ん様、こんにちは^^


ゃー、先日やっと買えました…
VCB「L FILE No.15」!!
この日をどんなに待ちわびた事か……(しみじみ)。

ホントは先月の28日に買いに行ったんですけど……
探しても見付からなかったので
思わずオフィシャルムービーガイド手に取って(関連本で書いてあったので)
店員サンに尋ねたんです。(すみません細かくて;)

店員サン待ってる間、ムービーガイドの表紙のLにむっちゃガン見されて(笑)、
誘惑に負けそうでした…:;
(一瞬買って帰ったろかなと思いました笑)

しばらく待ってると(だんだん不安になってくる私)、店員サン戻って来るなり一言。

「すみませんー、ちょっとこれは此処では扱って無いんですけど……」

頭真っ白になりました、一瞬。(笑)

で、すぐに「もし宜しければお取り寄せという形になりますが……どうされますか?」

宜しくも宜しくないも
兎に角欲しかったので(必死だな)、取り寄せる事に……

「あっ、はい…じゃぁそうします…」
実は取り寄せるの初めてな私、内心タジタジでしたね…(苦笑;)

それから2週間が経ち…
やっとの思いで(笑)手に入れる事が出来ました…!幸せです…(*´∀`*)
……というか"取り扱ってない"とかあるんですね(笑)


そんな話はさておき……

泣かされました。キャラブックに。
まさか写真集に泣かされる日が来るとは……思ってもみなかったですf^_^;

汚れたら困るのでタオル持ってたらいつの間にか……ノ∀`、)アチャー

お気に入りは…沢山あるんですが……;
挙げるなら…
「自分のTシャツを干してるL」が好きですねv
ワタリの存在って大きかったんだなぁって改めて思いました…(ェ)

カラー漫画も読むの本当に楽しかったです!
ヒューマンウォッシャーって……
凄いですねワタリは(笑)流石は天才発明家!

本当に子L来ましたね!ワーイ(ノ´∀`)ノ・。:☆+。・*:★

子Lむっちゃ可愛かった……Vv
ねば玉ん様にはいつも驚かされてばかりです(喜)

「I'll be waiting…」のページも好きです。何か切なさいっぱいで……(泣)

あとラストページの…えーと、出版社とか書いてあるページありますよね?
あそこに載ってる蜷川さんの名前の横にいるLも好きです(笑)面白くて**´`**


ムービーガイド…実は学校帰りに立ち読みする事が出来たんです!

キャラブック注文した次の日だったかな?…駅構内の本屋でフラッと立ち寄ったら(笑)、一冊だけ見付けたんです♪
封がされてなかったので、いつの間にか夢中で(笑)読んでいました。
読むのに〇時間くらい(笑)かかりましたよ…(汗)

松ケンさんと蜷川実花さんの対談が載っていて面白かったです。

あ、ちなみに2/5月号の『non-no』にも2人のインタビューページが載っていました。何か凄いなぁ…(笑)

2008.02.17 13:40 URL | 櫻 #J/OPKEkg [ 編集 ]


※続きです;;;長々ですみません;※


また話変わりますが、L特番はこれまでに2回観る事が出来ました!(とは言っても、あんな遅い(早い?)時間帯に起きている訳にもいかないのでビデオに録りましたが;)

つい先日録った回で、"スピンオフ松田"が☆
(何故日テレは「必見です!」とか言っておきながら、九州地方まるで無視なんだ?と疑問……(ヒドイですね;。)

本編はそんなに長くはなかったんですが(20分くらいかな?)、松田@青山さん、熱かったです★(は?)

良かった(´`●)…ちょっとホロリと来る感じで。


最近よく、コブクロのインディーズアルバムを聴いています。
お気に入りは「赤い糸」と「遠くで…」ですv歌詞です。

「赤い糸」
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=F03460

「遠くで…」
※歌詞ありませんでした…;;
すみません…※

特に「遠くで…」を聴いているとLを思い出します…(>_<,.;)
所々で矛盾はあるんですが…、何か泣きそうになるんですよね……。


2008.02.17 13:42 URL | 櫻 #J/OPKEkg [ 編集 ]



※また続きです……(いい加減にしろ)
これで最後です…(汗)※

あと、Mr.Childrenの「ほころび」も好きですね∀●何だかLと月君の関係て感じで(笑)
こちらも歌詞貼っておきます。

http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B17451

趣向(?;)は全然違いますが……

あと、鬼束ちひろさんも聴いてます。女性視点の歌詞だからでしょうか、この4曲は海砂っぽく聞こえるんです。

「月光」
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=65811

「Cage」
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=65901

「眩暈」
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=66006

「edge」
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B09176


機会があれば聴いてみて下さい+゜お勧めです★
では乱文失礼します:;
長々しいコメント(いつもだから>_<;;)を読んで下さりありがとうございましたm(_ _)m

2008.02.17 13:45 URL | 櫻 #J/OPKEkg [ 編集 ]

はじめまして

わたしは自転車止まってる道端に座り込んで
こっちを見つめていたのがいいですね

ゴスロリの人形を、甘いものにすりかえた
ような魅力ですね

映画もかなり感動したので、今回のLプロジェクトはおすすめであります
(でも死んじゃうのね、悲しいわ。。。)

2008.02.23 14:55 URL | やむあみ #O24v7Kjk [ 編集 ]

■櫻さん
こんにちは~。
お返事遅くなってすみません;

「写真集」という種類の本は、
もともと入荷数が少ない、もしくは入荷しないお店が多いようですね。
発売日に行っても二冊入荷してればいいほうでしたから。

予約が確実だったんでしょうけど、
単価が高いし、締め切り早かったしで
決断できず、結局数件走りました;

取り寄せは時間かかりますしね…
もともとそんなに…というかコミックスよりは、
明らかに発行少ないですから、
油断してるとどんどん入手困難になりそうですし、
ゲットおめでとうございました☆

洗濯ものをぺしっとするL可愛かったですね。
後半の日記とか泣かすし、
漫画は笑わせるしで困った写真集でしたw(いい意味で

○時間立ち読みはすごいですね…
でも松ケンのインタビューはなかなか深いですし、
読みふけりますよね。(笑)

L特番は松田スピンオフはなんとか見れました。
松田のくせに(笑)、泣かしますね。
DVDには収録されることを願っております。

おぉコブクロに「インディーズ」ってあるんですね~
歌でけっこうきますね、涙腺に。

ミスチルもいいですが、そういえば
スガシカオさんは前編だけの参加でしたね…
結構あってたからL change the WorLdでもやってくれたら
どうなるかおもしろかったのに。

「この腐敗した世界に落とされた」は月っぽいですね。
月光。ムーンライト伝説。(笑)
あと眩暈も好きでした。
ミサの盲目な感じがでますね。

■やむあみさん
はじめまして、
コメントありがとうございます。

自転車とか道端とかってLのイメージにはないものを、しっくりこさせる松山くんはすごいなーと思います。
甘いものにまみれすぎて、
ワタリがなぜこんな写真を…みたいにはなってますが。

映画、後編は泣けるし、L change the WorLdは面白いしで、Lのスピンオフは成功をおさめた感じですね。
確かにまた後編を見ると泣きますけど;

2008.02.23 15:16 URL | ねば玉 #- [ 編集 ]

はじめまして。
今日、遅ればせながらこの写真集買って帰り、さっき(夜の10時半くらい)開いたのだけれど、もったいなくてガン見出来なかった…だから、ワタリの日記で泣ける泣けるって言われると、想像だけで涙こぼれます。。
ああ、何も殺すことないじゃない!(笑)

てかね、本当はもっとこの写真集入手困難かと思って、2日間に渡っての、「L File No.15 入手作戦①、②」を計画してたんですよ!そしたら、ふと立ち寄った本屋さんで偶然発見出来たんです…神様っているのかな?

洗濯物パンパンはあたしも好きです。実花さんに感謝です。あと、書き下ろしのエピソードも面白かった!改めてLすごいな…って思いました。トイレとかトイレとかトイレとか(笑)

最近気になることがあって、Lチェンジの映画に出てきたBOYの名前が「NEAR」になったじゃないですか最後。メロは?出ないのかなあ?…メロもニアもアジア系ではないと思ってたのに、BOYはタイ人って設定だから…メロは来ないのかしら?

ああ、でも、今日という日のおとずれに感謝します。強く願えば必ず叶いますね!4月からの憂鬱な大学生活も頑張ろうと思いました!そして、こんな風に、自分の気持ちを書き込める場所を作ってくれた管理人さん?(こういう場所慣れてなくて、呼び方が適切かどうか分かんないですけど…)に感謝致します!どうもありがとうございます!

2008.03.12 23:26 URL | 真菜 #- [ 編集 ]

はじめまして。コメントありがとうございます。

入荷数が少ないこの写真集ゲット、おめでとうございます。

感想はだいたい上にあるのと食いつきどころが同じみたいですねw

映画では、抗ウイルス薬を作るときの鍵になった暗号「MK」(LがMKのつくものを列挙してるシーン)が、メロの本名「ミハエル
=ケール」に繋がるのではとの噂がございます。
映画のニアに多かったその「MK」という物質のおかげで、抗ウイルス薬ができた…ということで、ある意味メロニアの連携がLを、世界を救う手助けになった…ということなのかもです。

大学生活、なんだかんだで行けるだけ幸せですので楽しんでやるぞ!くらいのいきおいで過ごしてくださいませ。
私もかなうならあと数年学生やりたいです;

2008.03.16 01:36 URL | ねば玉 #- [ 編集 ]

お返事が来た!!

MKですか…鋭いですね(@_@;)
確かに確かにミハエル=ケールでMK…なるほどなるほど!あっ、なんか興奮しますね!

あたしの場合、映画の後に写真集を買ったんですけど、写真集の中の、「K」についての記述で、「自分の意志でワイミーズを去った」って書いてあったじゃないですか。で、映画でLがワタリの死を仲間に知らせる時に多分一斉送信のメールでKのところだけチェック入れるの躊躇ったシーンがあったと思うんですけど、写真集を熟読してから映画を見ると、なんだかつながる…!と思ったんです。これって、あんまり関係ないですかね?…笑

デスノの映画前編後編で、レッチリの曲使われてたからアルバム買ったら(高校生の時ですけど)、あんまり好きじゃないなこの人たち…って絶望した覚えがあります。壁とベッドの間に挟まったまま取り出す気にもなれない…

松山ケンイチつながりで、DMCの映画もどうなる事やらと思ったけど、なんだか面白そうでした。彼って天才なのね♪でも、あのきわどい歌はだれが作るんだろう…

大学にねば玉さんがいたら、さぞかし楽しいキャンパスライフだろうなぁ…
理系の学部なんでMK細胞が出てきたらまた書き込みます。確率3パーセントです(笑)

2008.03.17 11:26 URL | 真菜 #- [ 編集 ]

MKと気づいてから、MKと名の付くものをあげていくときにポロっと「ミハエル…」とか言ってないかな、言ってたら面白いなと思ってました。(笑)

小説版に、Kについてはもう少し詳しく書かれています。
写真集に載ってるように、Kはワイミーズと少し離れた位置にあったから、Lはためらったんでしょうね。

レッチリは…結局デスノートの主題歌のしかあまり聴けていないのですが、「スノー」は名曲だなと思います。
聴くだけで映画後編思い出して泣けてくる…

DMC…は昔ラルク(のパートチェンジバンド)とコラボTシャツ出したことあるわ、むしろ漫画の中にラルク出てくるわで微妙にラルクさんと繋がっているのですが、いざ主題歌となると「ちょっと考えさせて」という気分です。(笑)

残念ながら(?)、私は四月から社会人になるのですが、
真菜さんのキャンパスライフが楽しいものとなりますようにとお祈りしておきます。
NK細胞はありましたよね、ナチュラルキラー細胞。
ニアキラ細胞、とも読めますけど(^ω^) (文系です

2008.03.20 20:06 URL | ねば玉 #- [ 編集 ]

しつこいくらいにコメントしてすいません!
今日、デスノを読み直してたら、最終巻のニアのセリフ「二人でならLを超えられる」に感動してしまって…(>_<)
あたしの中で何かがはじける音がしました!

以上です!失礼しました!

2008.03.22 00:15 URL | 真菜 #- [ 編集 ]

あそこは、二部の存在意義であり
一部のLを補完するいいセリフでしたね。
Lができなかったこと、天才ひとりではなしえないことも、補い合えばできるということ。
あと、あのふたりでやっと越えられた、というのもほほえましい気もします。

想いがはじけがちでしたら、FC2ブログさんはおすすめですw

2008.03.24 00:46 URL | ねば玉 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。